クライアントからサーバの共用フォルダにアクセスするときの留意点

VB6,VBA,VBS,EXCEL,DOS,BAT,WSH,WORDの小技メモ

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ 燈明日記/ Perlノート/ 漢字起源/ yahoo

はじめに

本ページは、ウインドウズ系全般のティプスメモです。

そう、はじめはVB系のティプスメモだったのですが…いつの間にか、ウインドウズ系全般のティプスメモになってしまいました。

ちなみに、ティプス(Tips)とは、マニュアルに書かれていない技法や裏わざのことですが、本ページでは、私が経験してこれはと思ったノウハウのメモになっています。

尚、以下は本サイトの最新情報(ブログ)です。

それでは、本ページが何かのお役に立てれば幸いです。ごゆっくりご覧ください。

2009-12-03 クライアントからサーバの共用フォルダにアクセスするときの留意点

これ、本来なら凄く簡単なことなんでけど…、セキュリティを考慮するとメチャクチャ大変で苦労する。


まず、ファイヤーウォールに共用フォルダアクセス用の穴をあけます。

つぎに、アンチウイルスソフトに共用フォルダアクセスのブロックを外します。


で、テストをしているとコネクションが変な状態で残ることがあります。

この状態でテストを続けているとラビリンスに迷い込むので、以下で対処します。


クライアントでは、コマンドプロンプトを立ち上げてから『net use』コマンドを使い、サーバでは同じくコマンドプロンプトから『net session』コマンドを使い、状態を見ます。

変な状態は、

『net use \\IPアドレス /delete』
『net session \\IPアドレス /delete』

でクリアします。


クライアントからサーバの共用フォルダにアクセスするには、クライアントからサーバのログインIDとパスワードを発行します。

アクセスする共用フォルダのACL(Access Control List)に、そのログインIDのアクセス権が設定してあれば、上手く行くはずですが…。


ここで落とし穴、AD(アクティブディレクトリ)のドメイン内で作業をしていると、なんとログインIDに自動でドメインが付加されてしまって、上手く行かない場合があるんです。

そこで、ログインIDには、サーバのホスト名も付加すると上手く行きました。

たとえば、ログインIDがtestで、ホスト名がhostだったら、『test』とするところを『host\test』とします。

これ、VB2005で開発しているAPも全く同様です。

具体的には、WNetAddConnection3の第4引数のIDも同様です。

というわけで、今の世の中は、共用フォルダにアクセスすることすら大変苦労する時代になりました…。

おわりに

以下のページには、すべてのTIPSがあります。もしよろしければ、どうぞ!

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくVB-TIPS掲示板へご指摘ください。

人のよいところをどんどん見つけよう