フォールバック(fallback)とフェールバック(failback)

VB6,VBA,VBS,EXCEL,DOS,BAT,WSH,WORDの小技メモ

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ 燈明日記/ Perlノート/ 漢字起源/ yahoo

はじめに

本ページは、ウインドウズ系全般のティプスメモです。

そう、はじめはVB系のティプスメモだったのですが…いつの間にか、ウインドウズ系全般のティプスメモになってしまいました。

ちなみに、ティプス(Tips)とは、マニュアルに書かれていない技法や裏わざのことですが、本ページでは、私が経験してこれはと思ったノウハウのメモになっています。

尚、以下は本サイトの最新情報(ブログ)です。

それでは、本ページが何かのお役に立てれば幸いです。ごゆっくりご覧ください。

2009-08-13 フォールバック(fallback)とフェールバック(failback)

ちょっと勘違いがありました。


Perlでの演算子のオーバーロードで、fallbackと言う機能があるのですが、『l』と『i』を見違えてフェールバックだと思っていました。

ちなみに、fallbackでTRUEを指定すると、演算子に対するメソッドが見つからない場合、Perl は、定義されている演算子をもとに、見つからなかった演算子の代わりのメソッドを自動生成しようとするらしいです。

なので、例外も発生しません。


最近、『真偽値は存在する』のブログと『絵文字のUnicode化』の記事で、フォールバックに遭遇したのですが、頭の中でフェールバックに変換していました。

また、フォールバックもフェールバックもあいまいに理解していたので、ものすごく混乱してしまいました。


たとえば、フェールバックはフェールオーバーのイメージから『例外あっても発生させない』と思って、それがたまたまフォールバックと同じ意味になっていたとか・・・。

なのでここで整理しときます。

しかし、フォールバック(fallback)とフェールバック(failback)は、英語もカタカナも1文字違いで間違えやすいですね。

意味も、なんとなく似ているし・・・。

おわりに

以下のページには、すべてのTIPSがあります。もしよろしければ、どうぞ!

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくVB-TIPS掲示板へご指摘ください。

人のよいところをどんどん見つけよう