Excelオブジェクト作成を連続要求すると発生するエラー

VB6,VBA,VBS,EXCEL,DOS,BAT,WSH,WORDの小技メモ

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ 燈明日記/ Perlノート/ 漢字起源/ yahoo

はじめに

本ページは、ウインドウズ系全般のティプスメモです。

そう、はじめはVB系のティプスメモだったのですが…いつの間にか、ウインドウズ系全般のティプスメモになってしまいました。

ちなみに、ティプス(Tips)とは、マニュアルに書かれていない技法や裏わざのことですが、本ページでは、私が経験してこれはと思ったノウハウのメモになっています。

尚、以下は本サイトの最新情報(ブログ)です。

それでは、本ページが何かのお役に立てれば幸いです。ごゆっくりご覧ください。

2009-02-18 Excelオブジェクト作成を連続要求すると発生するエラー

『RPC サーバーを利用できません』や『リモート プロシージャコールに失敗しました』のエラーが出たら・・・

sub excel_io {
    $excel = Win32::OLE->GetActiveObject('Excel.Application') || Win32::OLE->new('Excel.Application', 'Quit');
    :
    :
    $excel->Quit();
}

たとえば、上記のようなOLE経由でExcelオブジェクト作成し処理が終わったらQuitするサブルーチンを連続でコールすると以下のようなエラーになる場合があります。

Win32::OLE(0.1707) error 0x800706ba: "RPC サーバーを利用できません。

Win32::OLE(0.1707) error 0x800706be: "リモート プロシージャコールに失敗しました。

これは、Quitしても実際にはまだQuitされていない状態で、またExcelオブジェクトを取得または作成しようとして、システムの処理が追いつかないで発生している感じです。かも(シーナ)。


なので、連続要求の合間にsleep関数をかますと上手くいきます。

   excel_io();
   sleep(3);
   excel_io();
   sleep(3);
   excel_io();

しかし、これは根本的な解決ではないですね。

Excelの場合はMDI(マルチドキュメントインターフェイス)なので、一度Excelオブジェクトを作成したらプログラムが終了する直前までQuitしないことですね。

つまり、以下のようにQuitをしなければ、連続要求でも上手くいきます。

sub excel_io {
    $excel = Win32::OLE->GetActiveObject('Excel.Application') || Win32::OLE->new('Excel.Application', 'Quit');
    :
    :
    #$excel->Quit();
}

おわりに

以下のページには、すべてのTIPSがあります。もしよろしければ、どうぞ!

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくVB-TIPS掲示板へご指摘ください。