wsfとは

VB6,VBA,VBS,EXCEL,DOS,BAT,WSH,WORDの小技メモ

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ 燈明日記/ Perlノート/ 漢字起源/ yahoo

はじめに

本ページは、ウインドウズ系全般のティプスメモです。

そう、はじめはVB系のティプスメモだったのですが…いつの間にか、ウインドウズ系全般のティプスメモになってしまいました。

ちなみに、ティプス(Tips)とは、マニュアルに書かれていない技法や裏わざのことですが、本ページでは、私が経験してこれはと思ったノウハウのメモになっています。

尚、以下は本サイトの最新情報(ブログ)です。

それでは、本ページが何かのお役に立てれば幸いです。ごゆっくりご覧ください。

2008-12-19 wsfとは

wsf(Windows Script File)とは、XMLフォーマットのファイルであり、ジョブと呼ばれる作業単位ごとに、一つのファイルの中に異なる複数の種類のスクリプトを記述することが出来ます。

また、外部のスクリプトファイルを読み込んで実行することも出来ます。

wsfには、WSHをscript要素としてVBScript、JScript、PerlScriptの3種類で記述することができます。


◆サンプル1(外部のスクリプトファイルを読み込んで実行する)
<job id="IncludeExample">
   <script language="JScript" src="FSO.JS"/>
   <script language="VBScript">
      ' C ドライブの空き領域を取得します。
      s = GetFreeSpace("c:")
      WScript.Echo s
   </Script>
</job>fso.js ファイル
function GetFreeSpace(drvPath) {
   var fs, d, s;
   fs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   d = fs.GetDrive(fs.GetDriveName(drvPath));
   s = "Drive " + drvPath + " - " ;
   s += d.VolumeName;
   s += " Free Space: " + d.FreeSpace/1024 + " Kbytes";
   return s;
}
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc392507.aspx

◆サンプル2(複数の種類のスクリプトを記述する)
<job id="PERLandVBS">
   <script language="PerlScript">
      sub PerlHello {
         my $str = @_[0];
         $WScript->Echo($str);
      }
   </script>

   <script language="VBScript">
      WScript.Echo "Hello from VBScript"
      PerlHello "Hello from PERLScript"
   </script>
</job>
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc392507.aspx

◆XML要素
<?job?> 要素 
 エラー処理用の属性を指定する XML 処理の命令です。 
<?XML?> 要素 
 ファイルを XML として解析するように指定します。 
<description> 要素 
 ユーザーが ShowUsage() を実行するか、または /? コマンド ライン スイッチ付きでスクリプトを実行したときに表示される説明テキストを囲みます。 
<example> 要素 
 スクリプトの使用例を定義します。 
<job> 要素 
 Windows スクリプト ファイル (.wsf ファイル) 内のジョブを囲みます。 
<named> 要素 
 スクリプトに渡す名前付き引数を定義します。 
<object> 要素 
 Windows Script コンポーネント ファイルで使用され、スクリプトから参照できるオブジェクトを定義する XML 要素です。 
<package> 要素 
 Windows Script Host 制御ファイル (.wsf ファイル) 内で複数のジョブ定義を囲みます。 
<reference> 要素 
 外部のタイプ ライブラリへの参照を定義する XML 要素です。 
<resource> 要素 
 スクリプトにハードコーディングしないテキスト データまたは数値データを囲む XML 要素です。 
<runtime> 要素 
 スクリプトが受け取る複数の実行時引数をグループ化します。 
<script> 要素 
 Windows スクリプト コンポーネントの動作を定義するスクリプトを囲む XML 要素です。 
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc364472.aspx

おわりに

以下のページには、すべてのTIPSがあります。もしよろしければ、どうぞ!

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくVB-TIPS掲示板へご指摘ください。