VB6でのvbNullString、Null、vbNullChar、vbNull、Empty、空文字列について

VB6,VBA,VBS,EXCEL,DOS,BAT,WSH,WORDの小技メモ

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ 燈明日記/ Perlノート/ 漢字起源/ yahoo

はじめに

本ページは、ウインドウズ系全般のティプスメモです。

そう、はじめはVB系のティプスメモだったのですが…いつの間にか、ウインドウズ系全般のティプスメモになってしまいました。

ちなみに、ティプス(Tips)とは、マニュアルに書かれていない技法や裏わざのことですが、本ページでは、私が経験してこれはと思ったノウハウのメモになっています。

尚、以下は本サイトの最新情報(ブログ)です。

それでは、本ページが何かのお役に立てれば幸いです。ごゆっくりご覧ください。

◆ VB6でのvbNullString、Null、vbNullChar、vbNull、Empty、空文字列について

VB6でのvbNullString、Null、vbNullChar、vbNull、Empty、空文字列について

《vbNullString》

・初期化されていない文字列を示す。いわゆる null pointer。

・可変長文字列型、すなわちString型の初期値。

・StrPtr(vbNullString) は 0 を返す。

・VarType(vbNullString) は vbString を返す。

・CBool("" = vbNullString) は True となる。

・主にAPI呼び出し時に、null pointer を渡す意図などで用いられる。


《Null》

・主にデータベースで、未定義値や不明な値の意味などで使われる。

・バリアント型にのみ格納可能。(String型などには格納できない)

・VarType(Null) は vbNull を返す。

・Null に対して演算を行うと、やはり Null のままになる。


ついでに以下も。

《vbNullChar》

・「ASCIIコード 0」な 1 文字を表す定数。ChrW(0) と同じ値。

・AscW(vbNullChar) は 0 を返す。

・VarType(vbNullChar) は vbString を返す。


《vbNull》

・VbVarType列挙型の値の一つ。値としては長整数型の 1 に等しい。

・VarType関数の戻り値として使われる。


《Empty》

・バリアント型の初期値。空のデータを意味する。

・バリアント型にのみ格納可能。

・数値型や文字列型に格納すると、0または空文字列に変化する。

・VarType(Empty) は vbEmpty を返す。

・CBool("" = Empty) は True を返す。

・CBool(0 = Empty) は True を返す。


《""》

・いわゆる「長さゼロの文字列」。空の文字列を意味する。

・vbNullString に似ているが、StrPtr("") は 0 とはならない。

http://hpcgi1.nifty.com/MADIA/VBBBS2/wwwlng.cgi?print+200504/05040116.txt

ちなみに、VB.NETでは、空文字列とEmptyはイコールです。

VB6でのEmptyは、バリアント型の変数が値を代入したかいなかを示す特別な値で、0, "", Null値のいずれかとも異なります。

おわりに

以下のページには、すべてのTIPSがあります。もしよろしければ、どうぞ!

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくVB-TIPS掲示板へご指摘ください。

人のよいところをどんどん見つけよう