ChaichanPapa-World !

燈明日記(2003/11)

◆ インデックス

◆ 2003年11月

2003/11/26(水)目から鱗の『オブジェクト指向』

とにかく、素晴らしい!

しばらくは、ここで一からプログラミングを見直さないと...。

2003/11/19(水)お休み

またまた、本サイトの更新をしばらくお休みします。

リアルワールドで頑張ってきます。では、さらばネットの戦士達よ!

2003/11/17(月)憂鬱な月曜日

月曜日の朝って、マジで辛いですよね...。会社へ行くのに気合がいります。

親がそうなので、子供は推して知るべし、実際マチャは今日休みで...、家では、ズル休みをすると『パシリ』と言って、他の兄弟達の言いなりになる掟があります。ヤスにガンガン言われていました。

そんな月曜日の辛さを跳ね除けるには、とにかく『好きな事』を持つ。つまり、今日はその『好きな事』をやらなきゃ!って勢いで起きる。

『好きな事』、それは、生き甲斐と呼べるものかもしれない...とか思った。

2003/11/17(月)メモ:シバン(shebang)

nero のメモ帳よりshebang とは

shebang とは UNIX でスクリプトの先頭に書かれるスクリプト実行パス宣言の事。他にも "shell bang", "shebang line", "bang path", "shbang" と書かれる事もあるようだ。

例えば、Perl では以下のようになる。

#!/usr/local/bin/perl

ファイルの先頭に "#!" があると、 shell はそのファイルを実行プログラムではなくスクリプトファイルであると判断する。そして、その後に続く部分をインタプリンタのパス名とみなす。結果、そのスクリプトは適切なインタプリンタに渡され、実行される。

10年以上、UNIXで仕事をしているけど、shebangって名は知りませんでした。私もいい勉強になりました。

2003/11/16(日)現代版見宝塔品 ニ仏同座

昨日のつづきです。

法華経の見宝塔品には、お釈迦様と真理の象徴である多宝如来が虚空で同座するシーン(ニ仏同座)があります。

現代でも、それを彷彿するシーンがありました。1994年11月第六回WCRP(世界宗教者平和会議)がバチカンで行われた時でした。

ひな壇の一番高い座に座席が二つ、一つは教皇ヨハネ・パウロ二世、もう一つは誰が座られるのだろと注目のところ、なんと開祖さまこと庭野日敬氏が導かれて座られたのです。

ここで話しは、29年前にさかのぼります。

1965年9月第二バチカン公会議開会式に出席された、開祖さまは、時の教皇パウロ六世の『キリスト教が分派を生んだのは歴代の教皇の罪です。いまや宗教が分裂しているときではありません。お互いに手を携えてひとつの平和に向かって進むときです』と、身近で聞いて大きな衝撃を受け、宗教協力は可能だと、このお言葉がWCRP活動へと繋がっていきました。

そして、開祖さまは感激のあまり教皇さまへ、カトリックへ改宗してもよいと、おしゃったとか...。オイ!

それを聞いた当時佼成新聞記者の某教会長さんは、開祖さまに、仏教徒であるのになぜそのようことを おしゃったのですかと問い詰めると...。すると開祖さまは一言。

相手を信じきれなくて、どうして自分を信じてもらえるでしょうか...。

このように、開祖さまは、教皇パウロ六世と強い信頼関係を築き、教皇パウロ六世は、1978年8月にご逝去されました。

そして、開祖さまは、1994年11月第六回WCRPでバチカンにつくなり、教皇パウロ六世の地下墓所へ一番先に訪れになりましたが、しかし、そこに行く通路がたまたま工事中で、仕方無く、地下墓所の真上辺りの広場で、地面に額をつけて、教皇パウロ六世を参拝されたそうです。それは、霊界にいる教皇パウロ六世と開祖さまがあたかも何かを語り合っているように感じられたとのことでした。

以上、昨日の『開祖さま生誕会』で、某教会長さんから聞いた開祖さまのエピソードでした。

2003/11/15(土)司会デビュー

昨日は、某教会の宿直で、会社は定時に上がりました。

某教会では、某教会 庭野日敬氏(開祖さま)の『開祖さま生誕会』イベントの実行委員長F氏と司会原稿の打ち合わせをしました。お蔭様で、かなり良い原稿が出来ました。

尚、イベントには、先の衆議院選挙で当選された議員さん二名が来られることになり、しかも、その内の一人は、小泉首相と対比できるほどの超大物です。司会大丈夫かよ>自分

とにかく、宿直後の朝は、そのままイベントになりますので、その前に一人で念入りなリハーサルをしました。


で今日は、本部ではなく某教会での司会デビューを果たしました。

内容は、本部の『開祖さま生誕会』イベントの衛星放送がメインで、私の担当は基本的には、その前と後に挨拶のみのはずでした。

しかし、開式5分前に衛星放送がどうしても受信ができない状態だということがわかったのです。

急遽、教会独自の内容に変更になり、司会もアドリブで切りのける状態に陥ったのです。

しかし、逆にその分、時間が多くなり、教会長さんのお話しを沢山聞ける機会を得ることがでたのです。

教会長さんは、開祖さまと20年間もお供修行をなされた方なので、とっておきの開祖さまのエピソードを教えていただきました。

また、どんな事態に遭遇しても柔和に受け止めて、慌てる事無く、それを逆にプラスに変えていきましょう。ここにいる皆さんは、その困難を乗越えるにふさわしいメンバーが集まったのだと思います。と教会長さんからご指導がありました。

結果的に衛星放送を期待してこられた人には申し訳ありませんでしたが、しかし、とっておきの開祖さまのエピソードの話しが聞けたりで、結構、良い『開祖さま生誕会』になりました。

また、超大物議員さん等の対応は、渉外部長M氏に仕切ってもらったので、助かりました。

尚、とっておきの開祖さまのエピソードの話しは、またの機会でなんとかまとめて見ます。

ちなみに、現代版見宝塔品の世界、開祖さまとキリスト教の教皇さまとのお話しです。これは凄いぞ...。

2003/11/13(木)不思議な国のアドレス(https編)

httpでなくhttpsです。sはSecure のsです。みなさんも、『http://』でなく『https://』からはじまるURIのWEBページにアクセスしたことがあると思います。『http://』と『https://』のWEBページは、見た目は同じですが、内部的に大きく異なります。

それは、主に『認証』と『暗号』の2つです。

『https://』でのブラウザとWWWサーバのやり取りの概略を以下に示します。

たぶん質問が3つあると思います。

  1. 『認証局』って何だ?
  2. 公開鍵、秘密鍵、共有鍵って何だ?
  3. ブラウザが予め持っている公開鍵って何だ?
『認証局』って何だ?

たとえば、httpsで暗号化して情報のやり取りをしても、WWWサーバが偽物だった場合は、暗号化は無意味です。

そこで、WWWサーバは、『認証局』(ベリサイン等)という現実世界ではお役所みたいなところから認証を得て、本物であることを証明してもらうわけです。

公開鍵、秘密鍵、共有鍵って何だ?

これらは、私が説明するより...。

と、云うことです。

ブラウザが予め持っている公開鍵って何だ?

IE(WINDOWS)では、実は、結構沢山の認証局の公開鍵をレジストリに持っています。メニューバーのツールから確認ができます。ツール内のインターネットオプションから辿ってみてください。

インターネットオプション->コンテンツ->証明書->信頼されたルート証明機関->選択->表示->詳細

そこに「公開キー」として、予め持っているわけです。

つまり、ここに登録されている認証局から『認証』されたサイトへは、アクセスができるわけです。

しかし、登録されていない認証局から『認証』されたサイトでも、その認証局を『認証』した認証局が登録されていれば、確認メッセージはでますが、アクセスが出来ます。つまり、親(祖先)の認証局が登録されていれば、アクセスができるわけです。

まとめです。

『https://』でアクセスすることは、相手(WWWサーバ)を認証(本物か確認)出来て、通信の電文は暗号化される。つまりWEB上でセキュア(secure)な環境が実現できるということです。


にわか勉強なので、間違えが多々あるかもしれません。ご指摘よろしくお願い致します。ちなみに以下のサイトを参考にさせていただきました。

2003/11/12(水)謎の司会原稿

皆様、おはようございます。 本日は、『○○さま生誕会』でございます。

○○さまは、常々、法華経は一乗の教えと申して下りました。 一乗とは、『すべての人が一つの永遠の命によって生かされている』と教えていただきました。 昨今、テロや殺人など悲しくなるような事件が多発しております。 このような事件は、他人事ではなく、『すべての人が一つの永遠の命によって生かされている』ということを自覚し、『すべては自分』と受け取らなければならない。つまり、悲しくなるような事件は、自分の悪の部分の現れなのだと...。そして、このような内省に立って、悪の部分ではなく良い部分を心がけ、少しでも人様の為になる事をさせていただきましょう。

申し遅れましたが、本日、司会のお役を頂きました三鷹第4支部XXYYです。皆様よろしくお願い致します。 それでは、只今より『○○さま生誕会』式典を開式させていただきます。 まず最初に、本部式典のサテライト放送をご覧下さい。

(本部式典のサテライト放送)

ここで、準備がございますので、少々お待ち下さい。

(演台等の準備)

次ぎに△△△さんより、お言葉を頂きたいと思います。△△△さん、お願い致します。

(△△△さんのお言葉)

最後に△△△さんご導師のもとお題目を三唱させていただきます。

(お題目を三唱)

△△△さん、ありがとうございました。

本日の式典を通し、また、司会と云うお役を頂いて、人前で話すことが苦手な私ですが、貴重な経験が出来たことに深く感謝いたします。これからは、自分の殻を打ち破り、少しでも○○さまの一乗の教えを実践して行くことをお誓いさせて頂きます。

以上をもちまして、『○○さま生誕会』式典を閉式いたします。


はじめての司会なので、よろしくお願い致します。

2003/11/11(火)あぁ、疲れた...。

午前中は、人から引継いた仕事(あまり理解していない)で、目新しい問い合わせが来て、誰もわからず、関係者に聞きまくって、あぁ、疲れた。

午後は、2時から6時まで、今のシステムの次期バージョン(ほとんど今のシステムを作りなおし)の検討会。どうやら、ログやジャーナルは、XMLデータになりそうだ。データベースは、オラクルとMySQLかPostgreSQLになりそう。しかし、さすがに4時間は、きついなぁ、疲れた。

ということで、とっとと寝ます。

そうそう、さっき、PCを立ち上げたら、モニタが滲んでいて、ついに寿命が来たか〜って思ったら、時間がたったら治った。寒さのせいかな。人間だけでなく、PCも急に寒くなると調子がわるい。早く寝よう。おやすみ!

2003/11/10(月)歓喜の勝利

今日のポーランド戦、見ましたか?

そう、バレーボールです。ワールドカップです。みゆきちゃん、栗原ちゃん、大山ちゃんです。

3セット、4セットと取られて、5セットの前半までのポーランドの勢い...、もうだめかと思ったけど逆転勝利! これだから、スポーツって素晴らしい!

試合後、男性アナウンサーが感動の涙でインタビューが出来ずに、代わりに、みゆきちゃんがインタビューを栗原ちゃんや大山ちゃん達にしていたけど...。

男性アナウンサーの気持ちは凄くわかる。本当にわかる。確かにインタビューが出来なかったのだからアナウンサーとしては失格だけど、人間としては合格やそれが普通や〜。

しかし、全国ネットのテレビで、『感動の涙でインタビューが出来ず』とは、あとで上司から怒られるだろうなぁ。勘弁してやってください。>男性アナウンサーの上司

実は、私も感動の涙で声が震えてしまいました。ママや子供達にさとられたかなぁ...。

一生懸命に力を振絞り、困難な壁に立ち向かっていく姿は、本当に素晴らしい。感動をありがとう!

人生には、困難があるからこそ、感動と出会えるのかなと思った次第です。困難よ!ドンと来い!

なんか、テンションが今日は高いなぁ...。

2003/11/09(日)戒名

今日は、某教会で『法華経勉強会』がありました。しかし、前回(懺悔経)で、実はもう、法華経は全部勉強済みだったのです。それで、今日は、儀礼儀式の内の戒名についての講習がありました。そして、これで2年間続いた『法華経勉強会』の終了でもありました。

戒名とは、みなさんご存知の通り、日本人ならほとんどの人が、亡くなった時に付ける名前です。

これは、仏教の宗派によっていろいろなのですが、某教会も独自に決まっています。


実は、今日の講習で気がついたのですが、ちゃいちゃんの戒名に、『友里』という文字が入っています。

これは、長男が生まれた時は、はじめての子だったので名前をいろいろ考えすぎて、まとまらず、結局某教会に名付けてもらいました。しかし、ちゃいちゃん(沙友里)の時は、『ゆり』と言う名前が非常に姓名判断でよくて、これしかないと思って某教会にみてもらったら、『沙友里(さゆり)』になりました。

しかし、ちゃいちゃんの戒名が今更ながら『友里』だったことに気付き、私が悩みに悩んで付けた『ゆり』に戻ったんだと、今日の勉強会で思った次第です。

また、『友里』の前の一文字が『妙』で、それを加えた『妙友里』が、なぜか『沙友里』に見える老眼の今日この頃でした...。

2003/11/08(土)次回はオブジェクト指向や!?

ネットワークの仕組みについて、午前中二時間、午後二時間の計4時間の講師を無事に終えました。

なれないので、ちょっと疲れたけど、結構、好評だったようで、よかったよかった。

人に教えると云うことは、自分自身にとって一番の勉強法だと、改めて思った次第です。

次回(2週間後の土曜)のリクエストは、オブジェクト指向やJAVAと言うことで、ちょっと本格的に勉強をやってみます。

でも、作戦としては、次回は、HTML,CSS,JavaScriptで時間稼ぎをして、次次回(4週間後の土曜)にオブジェクト指向をなんとかしようと思っています。

ちなみに、明日は、法華経の勉強会があります。

2003/11/07(金)講習のストーリー

とにかく、忙しい。飛入りの仕事(実はバグだったり)が次ぎから次へと、そして、明日の講習の準備...。

講習のストーリーとしては、まず、はじめに超重要ポイントの『ブロードキャストとMACアドレス』、『ルーティングとIPアドレス』の概説をして、おぉ、ネットワークってそうなんだって思わせてから、インターネットの歴史を説いて、ブラウザからURIを入力して,http,ソケット,TCP,IP,イーサー,LAN,インターネット,LAN,イーサー,IP,TCP,ソケット,http,サーバの順に一連を説明する。てな感じでどうよ(誰にともなく...)。

2003/11/06(木)会社をお休み

今日は、いろいろなわけあって、会社をお休みしました。

いろいろなわけは、昨日めまいがきたことや、大金(大学の入学金等)を銀行に振り込まなくてはならない日のリミットだったり、ママがお出かけでなので子守り&留守番だったりと云うわけです。

そうしたら、会社からエマージェンシーコール、なんとか電話対応で切りのけた。しかし、システムが発狂したきの開発部隊(ロジック)と運用部隊(テーブル)の責任分解点が難しい。明日は、もめそうだ...。謙虚さと前向きさで、攻撃をかわそう(謎)。

で、今日の夕飯は、私の唯一のレパートリーのカレーを作り、マチャとヤチュの3人で食べました。

あと、あかりちゃん(姪)家へ、社員旅行のお土産を届にいきました。今、日記読んでる?

2003/11/05(水)司会を拝命

今日も、11月1日に発生したシステムのエラー対処の続きと、月次更新に絡むやつで、10月に人事移動しても元の部門で入力した人が居て、一苦労。

仕事場のPCにメモリ512MB支給された。早速、128MBのメモリを抜いて、256MBのメモリを二枚実装。しかし、ほとんどテラタームとIEしか使わないので、効果がわからない。そう、仕事は、テラタームでUNIXにログインして、そこでやっています。

なぜか、半年に一回ぐらいくる、めまいが今日来たので、定時に帰社。そうしたら、家に支部長さん(誰)から電話があって、11月15日のイベントの司会を拝命いたしました。

その前に11月8日は、ネットワークの概説についての講師もあるし...。

すごく忙しくなってきた、ということで、今日は、こんな感じでした...。

2003/11/04(火)備忘録

今日は、忙しかった。まず、朝一から11月1日に発生したシステムのエラー対処、昼から月次更新業務で、15:00から約20:00まで新フォーメーションのシステム取りこみについての会議、それから、システムのエラーの報告書作成、家に着いたのは10時半。

そう、今日から、備忘録代わりにその日の出来事を書くことにします。

2003/11/03(月)社員旅行

いつもと違う感じで、今回の社員旅行は凄く良かったです。

会社の連中が、結構この日記を読んでいることが分かりました。

で、まさか今回の社員旅行をネタにすることはないだろうと、たぶん思っています。

なぜって、それは秘密です。

しかし、折角なので少し。

今回は伊豆で、いつもは、北海道とか京都とかで、それに比べると旅行積み立てのお金が余るかな、なんて思っていたら...。おぉコンパニオン付きや〜(以下略)。

コンパニオンのおねえさん達の体を張った仕事ぶりに、ただただ、感動するばかりでした。まさにどんな仕事でも一生懸命にやっている姿は、素晴らしい。いやーよかったよかった(謎)。

2003/11/02(日)『すべては自分』

突然ですが、ひらめきました。

普通、『すべては自分』は、周りで起きる現象は、よい事もわるい事もすべて自分が縁になって起きるので、自分を内省する言葉として使われます。何処で、某教会で...。

しかし、法華経は一乗の教えと言って、すべての命が繋がっていて、生きとし生ける物はすべて兄弟姉妹という教えなのです。たぶん。

ということは、最近、多発している悲しくなるような犯罪も、イラクのテロも『すべては自分』なのです。

逆に言うと、そういう現象は、自分の悪の部分の現れなのだと...。

さぁ立ち上ろう、われわれの世界の調和のために『WE ARE THE WORLD!!』。


では、社員旅行に行きます。

2003/11/01(土)音楽会(WE ARE THE WORLD)

今日は、まさ君(小3)の音楽会が大沢台小学校(何処)でありました。

いやー、素晴らしかったです。みんな一生懸命で生き生きと...。

そして、今回の音楽会は、テーマの勝利ですね。

各国の音楽と文化をともに学び、一生懸命に練習したことが、ひしひしと伝わるそんな音楽会でした。

みんなよいのだけれど、特に6年生のアンコール後、全員合唱での『WE ARE THE WORLD』...、思わず感動の涙が...。いやー、よかったよかった...。


企画をした先生方へ、本当に素晴らしプロデュースでした。

ちなみに、1年生のは、寝坊して見そこなってしまいました。ごめんなさい。

それから、明日から一泊で伊豆方面へ社員旅行に行って来ます。ですので、明日は、本日記はお休みです。

2003/11/01(土)不思議な国のアドレス物語リリース

とりあえず、ネタがたまってきたので、まとめて、リリースしました。

もしよろしければ、ご覧下さい。