ChaichanPapa-World !

燈明日記(2003/03)

◆ インデックス

◆ 2003年3月

2003/03/27 The rest is silence.

また、しばらく、ネットを離れます。

2003/03/25 卒業式

今日は、やっくんの小学校卒業式がありました。あとは、4月8日の中学校入学式まで頑張ろう...何を....。

ここ数日は、ミニバスケットの遠征でお友達になった、よその小学校の女の子達とグループ交際をしたり、男の子達とは、ミニバスケットの練習をして遊んだりして、みんなから好かれてしまう、我が息子、やっくん。

なんだか、かぶってしまうんだよなぁ...、ちゃいちゃんと...。どうか、4月8日が無事に来ますように(合掌)。

2003/03/24 法華経に関する質問

法華経ノートの読者の方から以下の質問を受け、回答をしてみました。

【質問1】 結局、誰が法華経の教えを説いたのでしょうか?

お釈迦さまが、説いたのだと思います。 ただ、お釈迦さま説く前に法華経が存在していた...。

要は、ニュートンが引力を発見しましたが、しかし、引力はすでに存在していた...。 みたいな感じです。

【質問2】 仏になる、とはどういうことなのでしょうか?

結論から言うと、「一つの大いなる永遠の命」を認識し、善い行いをして行くことにより魂を磨き、人様のお役に立つことかなぁ...。

【補足】 一つの大いなる永遠の命

どうも、人間の魂は、神さま、仏さま、サムシンググレート等と呼ばれる、普通の意識では、理解し難い何かに、繋がっているらしい...。そして、その何かこそが「一つの大いなる永遠の命」...。

今の私のレベルでは、こんな感じです。おかしな点がありましたら、フォローよろしくお願い致します。

2003/03/23 反省

ブッシュさんは、開戦GOだし、ムシャクシャしていて、某BBSで、思いつきで「とあること」を書きこんで、大顰蹙!!

間接的に、以下のレスを頂きました。

極論だが、戦争を起こしているのは俺でありアンタだ
という発想があるからこそ、祈って平和がやってくるん
じゃないのかね?

原因を「戦争を起こしている人」という、自分の外に
丸投げしている以上、どんなに真剣に祈ったって、
そんなものは通じるワケがない。
言ってる事はけして間違いない。だけど、そこには
本当の力が感じられない。奇麗事だけの文言が並んで
いる、そこには信仰者らしさは感じられないんです。

まさにその通りです。「とあること」の書きこみゴメンナサイ!

誰かが、アホとかサルでも反省が出来るって書いてあったけど、まさしく、私はアホザルでした。

これを機会に、「アフリカへ毛布をおくる運動」や「壮年さんの手取り」などの下坐の実践行をして行く事をお誓いして、改めて、平和について考えて行きたいと思います。

2003/03/20 内省

まずは、ブッシュさんとフセインさんの良心を拝みます。

平和は外にではなく、一人ひとりが、内に働きかけることにより、実現ができるのではないでしょうか...。

平和を乱す元凶は、実は、自分の中にある冷たい心かも知れない...。

2003/03/20 生と死を超えて

今朝起きると、いきなりママが、『今日、ちゃいちゃんの夢をみたよ、二人で買い物をしていて、ピンクの洋服を探していたんだ...』。

また、今日は、ちゃいちゃんと同級生の卒業式がありました。ある同級生のおかあさんから聞いた話しでは、当時の校長先生からの祝辞があり、3年も経っているのに、なんとちゃいちゃんのことを述べいたとのことでした。

また、丁度、長田先生からも「昴(学級通信)」を頂き、こちらも、ちゃいちゃんのことが話題になっていました。

そして、先日頂いた、感想メールで...。

ひょんなことからこのページにたどり着いてしまいました。トップページのちゃい ちゃんのを見ただけでこの子がどんな子か瞬間にわかったような気がしました。そし て・・・もう・・・涙が止まらず、止まらず、この子が言い放った「一生懸命生き る」、「人の良いところをどんどん見つける」・・・それも卒業式の壇上の上で・・ ・素晴らしいですね、この子の才能、そして言葉は地球上の全ての生物の未来を救っ てくれる、そんな気がしました。

毎日、日本の経済状態が悪化して行き、不況という言葉自体見慣れてしまって誰もこ の状態を克服する手立てを知らず、かなり深いところで浮き上がれずにもがいてい る。私を含めて95%以上の日本人が改善されぬ状況に震えているのではないでしょ うか?

しかし、昨日このHPのちゃいちゃんを拝見させていただき、今の状況を嘆いたり、 悔やんだり、将来を恐れたりすることが何か馬鹿らしく思えてきました。 涙がとめどなく流れた後、こころが洗われた。そんな感じがしました。

今、何か不思議な気持ちなんです。何故かこころが踊っている、こころが落ち着いて いる・・・?・・・うまく表現できませんが、・・・ちゃいちゃん、すごいと思いま す、初めてですこんな気持ち、たった13歳の子にこんな気持ちにさせられるなん て、・・・生きているんですね、ちゃいちゃんは・・・このHPを見たすべての人と 一緒に、間違いないです、生き物です。初めての体験です、生きたHPを経験したの は・・・そして、すごいパワーです。こんなに小さくても強烈なちゃいちゃんのパ ワーに驚愕しました!!!もう、言葉になりません・・・・

もう、なにか支離滅裂です、落ち着いたときに、ちゃんとメールしたいと思います。

PS:
ちゃいちゃんパパ&ママへ
素晴らしいお子さんですね!間違いなく生きてますよ、この子は・・・生と死を超え てます!お忙しいと思いますが頑張って下さい。お体を大切に・・・

ちゃいちゃんへ
もう春ですね!ちゃいちゃんの大好きな”春”ですよ!ピンクの服の用意は出来た? 今年は新バージョンで現れて皆をビックリさせるのかな・・・? ありがとう!ちゃいちゃんから、もらったパワーでこれから残りの人生、一生懸命生 きていけそうです!そして、たくさんの人のいいところ見つけていくからね!・・・ またお便りしますね。

ちゃいちゃんは、本当に生と死を超えているのですね...。

そして、まる3年経った、また、この辛い時期に、いつも、いろいろやってくれて、悲しむ隙を与えない...。

2003/03/19 世界の平和を乱す元凶は我なり

あと、10時間...。

黙々と行動すればいいのだ。
批判はいらない。

そして、元凶をみつめ、和の心になるように、祈りましょう...。

2003/03/18 仕事をするときの基本原則

ご存知、結城先生の日記です。相変わらず、素晴らしいのでご紹介いたします。

2003/03/18 「選択メニューの連動」を手直し

全然、実用になっていなかった...、今日、WEB相談室で指摘されて気付く。

少しは、使えるようにしました。しかし、どこがって言われそうですが...。

2003/03/17 謎の宣伝

特に特集3の「そろそろスタイルシートで」が、評判が良いらしい...。

今發賣中の雜誌「WebSite Design」Vol.7に「そろそろスタイルシートで」と云ふ良い記事を書いていらつしやいますね。

すみません、実は、まだ買っていません。明日買う!

2003/03/16 彼岸会が無事終わる

彼岸会は、春と秋の年二回あり、ご先祖さまをご供養する日です。今回その実行委員長をさせて頂きました。

仕事等で、ほとんど何もしていない実行委員長でしたが、逆にそれが幸いして、今日、スムーズに無事終わることが出来ました。

その中で、義妹の説法があり、ちゃいちゃんのことのくだりのところで、おもわず、こみ上げてきて...。

そして、ご先祖さまと一緒に改めて、ちゃいちゃんのことを念じさせたもらいました。

で、この日記を書こうとネットに接続して、メールを見ると大阪在住の方から、とにかく素晴らしい...そして、感動のお便りを頂きました。ママと二人で、涙ポロポロで、読ませていただきました...。

そしてこの感動は、今日のご供養で、神さま仏さまからのご褒美のように感じました。

そして、ちゃいちゃん、あなたは、改めて凄い!

なにが凄いかって、それは、このお便りの引用許可待ちです...。

2003/03/15 愚かになることの教え

今日は、団参(団体参拝)で聖堂に参りました。

聖堂とは、ちゃいちゃんパパの場合、東京都杉並区にある某教会大聖堂を言います。

団参での内容は、法華経読誦、開祖さまビデオ、説法、会長先生法話、法座です。

法座とは、信者さんが輪(和)になって座り、いろいろお話し合いを致します。

私は、明日のお彼岸会のお話しをさせて頂きました。なんたって、とりあえず、実行委員長なので...。

しかし、ほとんど名ばかりの実行委員長で、なにもしていないのですが...まぁ、それを懺悔したのですが...。

説法とは、法華経によって救われた体験談で、今回は結果的に、夫婦の和がテーマのようでした。

開祖さまビデオでは、本当の喜びは、自分が救われるのでなく、他人が救われることです。と、相変わらず、凄いことを簡単簡素に、言い退けていました。

会長先生法話では、今の学校では、如何に「賢く」なるための勉強で、そこには、競争や対立が生じてしまう。しかし、仏教では、逆に「愚か」になることの教えで、そこには、「和」が生ずると言われました。なるほど...。

なんだ、だから私は、仏教に向いているのか...。

2003/03/14 下坐に生きる(パートT)

隔離病棟のドアをあけると、そこには、痩せこけた一人の青年がいた。

その青年は、開放性の結核にかかっており、余命10日といわれていました。

青年の生い立ちは、それは、それは、悲しいものでした。

生まれる前に父は蒸発、母は青年を産み落として亡くなりました。

その後、親戚や学校から邪魔者扱いにされながら育ち、14歳で家を飛び出し、賽銭泥棒等で生活をしていましたが、警察に捕まり、少年院へ送られました。その後、結核になり、今ここに、人間不信のまま辛い辛い人生の幕を閉じようとしていたのです。

あまりに不憫な青年を、なんとか、救ってあげたいと院長から頼まれ、私はドアをあけました。

私 :「おい!どうでぇい。」
青年:「...」(無応答、しばらく間をおいて...)
私 :「折角、見舞い来たんじゃねぇか。なんとか言えよ!」
青年:「うるせえ!」
私 : 言葉は乱暴だけど、しかし、一瞬の青年の寂しい表情を見逃さなかった...。
私 :「おい、こっち向けよ、今日は一晩看病させてもらうからな」
青年:「チェッ、もの好きな奴やな」

生い立ち等の話しをしながら、青年は、次第に心を許しはじめた...。

私 :「折角来たんだ。足でもさすろうか」
私 : さすった足は、枯れ木のような細い足で、骨の形がみえるようだ...。
青年:「おっさんの手は、やわらかいなぁ」
私 :「何言っとるんじゃ。男の手が柔らかいはずがあるかい」
青年:「うんにゃ、柔らかいぞ...、おっさん、あのな!」
私 :「なんじゃ」
青年:「笑っちゃ、いかんぞ」
私 :「笑うもんか、早く言え、もったいぶるな」
青年:「あのなー、一度で言いから、『お父っつぁん』って...呼んでいいかい」
私 :「ああ、いいよ、わしでよかったら、返事するぞ」
青年:「じゃぁ、言うぞ」

しかし、青年は言いかけて、激しく咳き込み、血痰を吐いた、私は、背中をさすりながら...。

私は泣いた、それほどまでに、こいつは『お父っつぁん』と言いたいのか...。

私 :「なぁ、今日は止めとけ、体に悪よ」
青年: 苦しい息のとぎれとぎれに、とうとう言った。「お父っつぁん!」
私 :「おう、ここにいるぞ」

青年の閉じた瞳から涙がこぼれた、どれだけこの言葉が言いたかったことか...。

青年は大声を上げて泣いた。18年間、この言葉を言いたかったのだ...。


下坐に生きる By 神渡良平の紹介文の前半です。

この本の100分の1でも、感動が伝われば、幸いです。

2003/03/13 法華経ノートについて、有り難いご指摘!

以下に、法華経ノートについて、有り難いご指摘を頂きました。

レスにも書きましたが、私は、法華経は以下の3つだと理解しています。

  1. 縁起観(十如是)の認識。
  2. 安楽行(八正道)の実践。
  3. 一つの大いなる永遠の命への帰依。

間違っていますでしょうか...。

2003/03/13 流れは反戦!

Papaブッシュもカーターさんも、そして、全米約140都市が反戦決議です。どうする、Sanブッシュさん!

2003/03/11 感動メモ

仕事が忙しいと、なぜか、WEB相談室に出没してしまう...(逃避願望)。


また、以下は、今通勤時に読んでいる本(下坐に生きる By 神渡良平)の感動メモです。感想文は、時間が出来た時に、改めて書きますね、誰にともなく...。

しゃぼん玉
しゃぼん玉飛んだ
屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで
こわれて消えた

しゃぼん玉飛んだ
飛ばずに消えた
生まれてすぐに
こわれて消えた

風、風、吹くな
しゃぼん玉飛ばそ

みなさんご存知、野口雨情の「しゃぼん玉」です。

実は、この歌は、雨情が結婚して子供が授からず、半ば諦めたときにやっと授かった女の子でしたが、二才にもならずに伝染病で亡くなってしまって...、そして、その試練を乗越えてのお嬢さんへの思いを託した歌だったのです...。 改めて読むと、涙無くしては読めません。

その後、これを機縁に『七つの子』、『一五夜お月さん』等の名作を残します。


mayaさんへ

第1章は、感動が有り過ぎて、どう書いて良いか分かりません。後日なんとかしたいと思います。

2003/03/08 多忙

実は、公私ともに多忙です。

「公」の方は、10年以上かけて作り上げてきたシステムが、やっと安定したらと思ったら、すでに時代遅れに...。

若手から、ズバリ言われて気がついた、時代に合うために、作り直しや〜!


「私」の方は、うちのママはとにかく忙しい...、休みの日の家事(洗濯、掃除、料理、買い物)は、すべて旦那さまのお仕事に...。それに、某教会関係の行事もあるし...。


ということで、またまた、更新ペースが落ちる予定です。

2003/03/08 なぜ、戦争をしたがるのか?パートU

続編です。

反戦運動です。

このように日本はもちろん、世界的にも反戦意見多数の中、これを無視して独裁的に、なんとしても、独裁者、独裁者とフセインを追放したいブッシュ...。

まさに、自分を否定すべき文句で以つて相手を罵る...。

あとは、ブッシュさんの仏種が目覚めるのを祈るだけです。

2003/03/05 なぜ、戦争をしたがるのか?

まずは、以下のページを、じっくりお読みください。

間違えをおそれず要約すると、「大量破壊兵器保有」説と「石油利権」説は、却下されています。前者は、大量破壊兵器の拠点を、今いつでもアメリカは、攻撃ができるとのことで、後者は、サウジアラビアとの関係でかえって逆効果になる。

で、浮上してきたのは、「ユダヤ優遇」説。表向きはアメリカの国益といいながら、実はイスラエルの国益が目的だった...。

そして、最終的には、イラク、イラン、サウジアラビア、シリア等の「イスラム世界」を第二のソ連に仕立て上げ、戦争での重税やお金儲けの構図...。まさに戦争中毒のアメリカ!


これが、もし真実だとしたら、なにも知らないで死んでいく兵士や一般市民が憐れすぎます。改めて、戦争無条件反対主義です!


最後に、宇宙からも反戦のメッセージが届いています!

どうやら、神さまも怒っているらしい...。

2003/03/04 ハードボイルド

ハードボイルドと言えは、そう、生島治郎...。

私がまだ20代のとき夢中で読んだ、乾いた文章、そして、クールな語り口調...。

ご冥福をお祈り致します...。

2003/03/03 雑記

挫折気味のUML、Java、デザインパターン、この三位一体をなんとかマスターしたい...。


そろそろ、英語の勉強も再々再スタートをしたくなって来ている今日このごろです...。


あと、はやく、如来寿量品をなんとかまとめて法華経ノートを更新したい...。


しかし、いろいろ忙しくて、なかなか、勉強している時間がないなぁ...。

2003/03/02 またまたファルコン圧勝優勝!!

今日は、親善試合トーナメントで、調布市と武蔵野市のチームを一蹴、またまた圧勝優勝!!

本当に最後の最後で、良い思いができました。選手の子供とそのお母さん達、お疲れさまでした!

あの、厳しい練習を耐え忍んできた子供達、そして、見守っていたお母さん達...、だからこそ、通じ合う、一体感の感激...、素晴らしい...。

2003/03/01 ファルコン圧勝優勝!!

やっくん(小6)のファルコンが、三鷹市のミニバスケット大会で、圧倒的な強さで優勝しました。

2年生のときからアニキの影響で、ミニバスケット一本槍でやってきた、やっくん。最後の最後で優勝ができて良かった、良かった。

明日、他の市のチームと親善試合がありますが、公式戦は、この優勝戦が本当の本当に最後です。

しかし、本音を言うと、圧倒的な強さで勝ってしまうと感動がイマイチで...。

私としては、1点差まで追い詰めた...、そして、応援で会場全体が一つの生き物みたいになった一体感のあの物凄い試合が感動的印象的でした。


一生懸命にプレーする我が息子...やっくん。中学でもその調子でガンバレ!!

やっくん、感動をありがとう!