ChaichanPapa-World !

燈明日記(2002/12)

◆ インデックス

◆ 2002年12月

2002/12/30 カラオケ

今日は、一年ぶりに家族でカラオケに行きました。

しかし、老眼の私には、曲の本のリストの字が小さすぎて、読めない(鬱)。

しかし、ママが曲探しをしてくれて、郷ひろみ、井上揚水、山下達郎の曲を唄いました。

で、勢いで、Mr.ChildrenのHEROを選んだら、サビしか唄えなかった(鬱)。

しかし、ママは、中島美嘉(WILL)や松田聖子の曲がまじで凄く上手だった。

子供達は、アニメソング専門、しかも何回も...。まぁ、子供とはそう言うものですが。


と言うことで、いきなり、一年間のご挨拶にもっていきます。

みなさん、燈明日記をご愛読、ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

2002/12/29 頑張り過ぎ

私は、昨日が餅つきで、今日が大掃除。しかし、ママは、昨日も今日もヤス(小6)のミニバスの身の回りのお手伝い。アニキ(高2)は、部活のバスケットの練習試合...、ユニフォームをもらって試合に出たが、サインを見落とし、監督から大目玉を三発くらったそうな。Aチームに上がれて、ちょっと気がゆるんだか...。

ママとアニキとヤスのこの三人、一生懸命過ぎて、ちょっと心配。パパみたいに休息しないと。


アニキ曰く、人生なんて長く生きりゃいいってもんじゃないだろう、俺は、やっとスタートライン(ユニフォームをとる)に立てたんだ、これからが勝負や!

パパ曰く、体が心配だけど、いっても聞かないし、あとは、応援するだけだ! 君は希望そのものだ!


ママ曰く、なんで私だけこんなに忙しいんだろう。(ミニバス会計、地区の委員長、某教会支部婦人部長、お蕎麦屋さんのパート)

パパ曰く、なんでじゃないよ! それだけやってりゃ当然だ、なにかことわれよ。


やっくん曰く、俺、アニキみたいになりたいんだ。絶対、ミニバス全国大会に出てアニキを超えてやるぜ!

パパ曰く、体が弱いんだから、ほどほどにやってくれ、お前を見ているとちゃいちゃんそっくりだから心配で心配で...。

一生懸命もいいけれど、たまには、休息もねって言って見るテスト。

2002/12/28 四弘誓願(しぐせいがん)

先の「法華経 従地涌出品 第十五」で、他の世界からやって来た菩薩達が、仏の滅後に娑婆世界にとどまってこの法華経を広めたいと申し出たのを、きっぱりとお釈迦さまは、お断りになったとたん、突然地面の中から涌き出した四大菩薩(上行菩薩・無辺行菩薩・浄行菩薩・安立行菩薩)等は、どのような意味があるのでしょうか。

実は、この四大菩薩は、菩薩としての四つの大誓願を代表しておられるのです。これを四弘誓願といいます。

まず、娑婆世界の地から涌き出したということは、娑婆世界の住民であるわれわれが、自らこの世界を法華経(正しい教え)によって、平和をつくりださねばならない、という力強い意味があります。

また、菩薩の名前に「行」が付いているのは、まさに「この世界を法華経(正しい教え)によって平和をつくださねばならない」という「行」そのものなのです。そして、その「行」は、四弘誓願の実践とイコールらしい。

2002/12/27 雑感

今日は、仕事納めで納会があり、昼間からお酒を飲んでしまいました。結構、美味しいお酒でした。

で、朝、めざましテレビの占いで「かに座」が最悪で、幸運のキーワードが、今年の自分の10大ニュースということで、いろいろ考えましたが、結局「よかった探しリース」と同じになってしまい、ネタに出来なくて残念。

あと、「よかった探しリース」以外では、さとみかんから外されたことがすごく残念でした。

いつかは、人気アンテナに捕捉されるような日記になるように精進していきます。

今年ももうわずか...、来年もよろしくお願い致します。

2002/12/26 「人生、日々これ人生。」

飯田先生のサイトが久々に更新されたので行ってみました。すると8才のお嬢さんの真理なお言葉があったのでご紹介します。

「人生、日々これ人生。」

そう、あたかも、「人生は一日一日の積み重ねであり、人生においては、その構成要素である毎日の朝から晩までが、その人の人生全体の縮図のようなものなのだ。したがって、『今日という一日のうちに自分がとる言動のひとつひとつが、人生の全体に影響を与え、自分ならではの人生を形成していくのである』という深い認識のもとで、一挙一動を大切にしながら生きていきなさい」と、何者かが、私に教えさとしてくださっているかのように・・・。

ちなみに、英語で "Life ! life life and every day." とか。

2002/12/26 「よかった探しリース」終了

「よかった探しリース」が12月25日をもって終了しました。

大変、楽しい企画でした。結城先生をはじめ、リースに参加した皆さん、アクセスしてくださった皆さん、まことにありがとうございました!

来年も、よろしくお願い致します!

2002/12/26 永遠の命

もちろん、人間としての命は有限です。しかし、法華経の如来寿量品第十六に、無限の過去から永遠の未来まで、すべての人へ法を説く仏さまのことが述べられています。

つまり、仏さまは、永遠の命なのです。まぁ、いきなり言われてもにわかに信じられないと思いますが...。

で、仏教とは、仏になるための教え...、いや、実は、自分が仏であったことに気づく教えなのです。

つまり、自分も永遠の命なのです。もちろん、人間として生身の命は有限です。あくまでも、魂として...。


ネットを巡回していて、『聖書での永遠の命』を見つけましたので、ご紹介します。

ヨハネによる福音書17章3節:

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。

浅く解釈すると「知ること」が「永遠の命」とは、理解不能ですが...、しかし、永遠の命である、神さまとイエスさまを知るということは、永遠の命を知ることとイコールなのでしょう。たぶん。

で、法華経風に...

永遠の命とは、無数のまことの仏であられるあなたと、あなたのお遣わしになったブッタ・釈尊を知ることです。

なんか、似ている...。私は、常常、良い宗教は根本で同じだといつも思っています。

2002/12/25 クリスマスにお墓参り

今日は、会社を午前休して、ママと一緒にちゃいちゃんのお墓参りに行ってきました。

クリスマスにお墓参りといえば、ちゃいちゃんが亡くなった年のクリスマスの日に、家族みんなでお墓でクリスマスパーティをやり、その次の日に、佼成出版社の記者さんがたまたまお参りにきて、クラッカーのテープ等の残骸を見て感激して、後に、スマイルの衛星放送の取材時に、またそれを再現したことがありました。

今日はママと二人でお墓を拭いたり、クリスマスツリーを飾ったり、アニキがAチームに入れたことなどを報告しました。男なので我慢していましたが、やはり目から出る汗を止めることができませんでした...。

ちゃいちゃんの残した「一生懸命生きること」のメッセージ、まさに、家族全員「一生懸命いきること」を実践しています。

あと、もう一つのメッセージ「人の良いところをどんどん見つけること」も、今、 「人のよいところをどんどん見つけよう」キャンペーンで頑張っているよ。ちゃいちゃん応援してね!

2002/12/25 予告

今日は、日記ネタのタイトルを5つもインスピレーションしました。

まぁ、プロではないので、隠してもしょうがないので、また、一挙にいくには、体がいう事をきかないので、今後の日記メモとして、以下にリストします。

  1. クリスマスにお墓参り
    今日は、会社を午前休して、ちゃいちゃんのお墓参りに行ってきました。クリスマスでのお墓参りは、いろいろとお話ししたいことがあるので、お楽しみに...。
  2. 永遠の命
    「聖書での永遠の命」と「法華経での永遠の命」、その違い&共通点、結構面白いです。お楽しみに...。
  3. 江田島平八
    知る人は知る、あの「魁!男塾」の塾長です。電車の広告で「江田島平八」を見て、何年かぶりに漫画を買いました。約15年前、夢中で仕事をしながら、高木の「押す!空手部」と一緒に読んでいたヤツです。お楽しみに...。
  4. 四弘誓願
    先の「法華経 従地涌出品 第十五」で突然地涌した(現れた)四大菩薩(上行・無辺行・浄行・安立行) の意味。たとえば、どうして地から涌き出したのかとか、四人ともなぜ「行」がついているのかとか...、お楽しみに...。
  5. やっくん、涙の敗戦
    実は、アニキがAチームに上がれたのと同時期に、やっくんのファルコンが凄い試合をして1点差で負けました。よくよく考えてみるとこの敗戦は、勝ったとしたことよりも、凄く意味があるのでは、と思い始めました。お楽しみに...。

2002/12/24 教えてクン

今日、お昼休みにネット巡回していて見つけた、すごく面白く、そして、自戒するページを発見。

まぁ、知っている人からは、なにをいまさらと言われそうですが、ご紹介します。

WEB相談室では、まだ、このようなケースはないのですが、あったら、これを引用しようっと!


尚、リンクは、Leptonさん(誰)のとこで見つけました。毎週楽しみにしています。

で、今日は、クリスマスの影響か...公私ともに忙しかったので、こんな時間になってしまいました。

2002/12/23 やった!!Aチームへリベンジ!

すみません、oyabakaネタです。

先週の金曜日からバスケ部の合宿に行っていたアニキこと長男ヒロヒト(高2)が逞しくなって帰ってまいりました。

荷物が沢山あるので、武蔵境駅からオンコール。車で向かいに行くと...

アニキ「オレ、明後日からまた遠征だ。」
    私「遠征って、もしかしたらAチームに入れたの...」
アニキ「あぁ、オレ天才だから、当然だけど...」
そこに「ママから、アニキの携帯に電話がかかる、私が出て、Aチームに入れたよ!」
 ママ「絶句...」

前回の試練をみごと乗越えてのAチーム入りへのリベンジ、感動した!


後日談:ママがアニキの携帯に電話した時に、丁度、ヤス(次男)のミニバスの試合の会場にいて、恩師の田中先生(かつて、全国三位の時の監督)へそのことを報告。先生は自分のことのように喜んでいたとの事でした。

2002/12/23 法華経 従地涌出品 第十五

第二幕のプロローグの終わりが、前品の安楽行品 第十四までで、この品から第二幕の本番に入っていきます。


他の世界からやって来た菩薩達が、仏の滅後に娑婆世界にとどまって、この教えを説き広めたいと表明します。

しかし、お釈迦さま、そのお申し出を次のようにお断りになりました。

「尊き志をもつ菩薩達よ。その必要はないのです。なぜなら娑婆世界には、あなた方の数をはるかに凌ぐ六萬恒河沙の菩薩がおり、その一人一人の菩薩にも六萬恒河沙の眷族がおり、彼らこそがこの地において法華経を護り、教えを広める使命を持つからなのです。」

この言葉が終わるやいなや大地は激しく振動して裂け、そこから計り知れない数の菩薩達が現れました。その姿はみなお釈迦さまと同様に三十二相という尊い人相をそなえ、全身は金色に輝き、光を放っていました。

この菩薩たちは、娑婆世界の下の虚空に住んでいたのですが、お釈迦さまのお説になったお言葉に応じて大地から湧き出してみもとに参ったのです。

その中に四人の大導師がおられました。その名を上行(じょうぎょう)菩薩・無辺行(むへんぎょう)菩薩・浄行(じょうぎょう)菩薩・安立行(あんりゅうぎょう)菩薩といいました。

で、この光景をみていた古参の弥勒菩薩等は、どうも納得がいきません。お釈迦さまは、どうやって短い間にこれだけの沢山の菩薩達を教化されたのか...。

と云う感じで、その疑問は、そのまま法華経の神髄を解き明かすキーワードとして、「如来寿量品 第十六」へ引き続くことになります...。

2002/12/23 市議さんの日課

昨日は、某教会支部の忘年会で、たまたま、席が市議(市議会議員)さんの隣になりました。

で、いろいろとお話しをしてくださいました。

市議さんは、日ごろどんな仕事をしていると思いますか、国会議員や都議会議員とは違い、地域に密着したお仕事をしています。

たとえば、道路は凸凹していないかとか、信号の待ち時間は適切かとか、街灯は切れていないか、ここは街灯が必要か、などなど、本当に我々生活に密着したことが、お仕事のようです。また、議会がある前の週は、徹夜の連続だそうで、私より高齢な市議さんにとって凄く大変なお仕事とのことでした。

他にも、市の職員さんのお仕事の見回りや忘年会などの顔出しもハードスケジュールでこなさないといけないと言っていました。まぁ、ある意味、人気商売ですね。

そして、議員っていうと偉い人で、近寄りがたい感じがしますが、市議さん曰く、町の便利屋さんだと思って気軽に話し掛けて下さいとのことでした。

議員さんと話すなんて、貴重な機会だったのでお分けしました。

2002/12/23 クリスマス

ごく普通のご家庭のクリスマスは、家族でジングルベルを聞きながらケーキを囲んで、子供達へプレゼントをする...という感じですが...。

しかし、本来、クリスマスはChristmasと綴り、キリスト(Christ)を礼拝(Mass)するという意味です。

で、 クリスチャンの方以外は、みなさん勘違いをしていると思いますが、クリスマスは、キリストが生まれた日でも、ご逝去された日でもないということらしい。

ちょっと、気になったので、お知らせしました。

2002/12/22 「人のよいところをどんどん見つけよう」キャンペーン

当サイトでは、10月ぐらいから、「人のよいところをどんどん見つけよう」キャンペーンをやっています。たぶん、私が生きている限りは続けるつもりです。

元々は、愛娘「ちゃいちゃん」が亡くなる数日前の小学校卒業式での壇上で、中学校へ向けてのメッセージだったわけです。

それをネットで知り合った「しろ」さんが、ネット上で「さまざまな価値観を生きる人同士、互いに傷つけあうことなく有意義なコミュニケーションをはかるには、どうしたらよいのか」の答えとして、このメッセージに新たな価値をみいだしてくれました。

で、以下が賛同して頂いたサイトリストです。

新たに、あの知る人ぞ知るPersonnelの そふぃあさんまでも参加して頂けて、驚くとともに凄く有難いです。

また、あのyuuさんも「相互リンクに賛同したおぼえはないのですが」と言いながら、リンクして頂けて凄く有難いです。

こうやって、徐々にではありますが、このメッセージが広がって...、そして、みなさんで幸せになりましょう!

最後に某方面や結城方面の正義感のあるやさしい方々も、いつでもお待ちしています!

2002/12/21 パパも気をつけてね!

満員電車で通勤のお父さんへ

気をつけるのは、リストラだけではありません!

テレビでもやっていたけど、コレ、深刻ですね。満員電車では、痴漢に仕立てられないように、男が痴漢に注意をしないといけない時代ですよ。ホントに。

で、ママが一言、「いつも女子高生のミニに見とれているとあぶないわよ、パパも気をつけてね!」

あぁ、よくご存知で...、気をつけます。

2002/12/20 結城日記インデックス

ここ何日かの、結城先生の日記が特に素晴らしいのでご紹介します。以下がそのインデックスです。

「たとえば。」は、結城先生とレビューのやり取りしている人には、たぶん、たまらないと思います。

「学ぶこと・発見すること・伝えること」も同様。

「祈り、感謝し、愛し、ゆるす」、ありがとうございました。素晴らしい!

2002/12/16 一時更新停止のお知らせ

いろいろ多忙につき、一時更新停止をします。

しかし、きっとすぐ復帰すると思います。今までがそのパターンだから...。


世の中は、辛いことだらけ...。しかし、辛いからこそ、それを乗越えた時に喜びがある。

そう、辛ければ辛いほど、大きな喜びの種なのだ...、きっと...、そう思いたい...。

また逢う日まで、サ・ヨ・ウ・ナ・ラ...。

2002/12/15 大分回復

風邪による体調不良は、大分回復しました。明日は、元気に会社へ行けそうです。

心配して頂いたみなさんへ、ありがとうございました。

みなさんも、風邪などひかないように、気をつけてくださいね。では、今日もネットはこのぐらいにして、もう、寝ます。おやすみなさい。

2002/12/14 一日中寝てる

風邪のため、朝、医者に行って、薬をなんと7種類ももらって、そして、一日中寝ていました。

一日中寝かしてくれた、家族に感謝、感謝。と言うことで、ネットはこのぐらいにしときます。

2002/12/13 クァンダボード(v4.81)リリース

細かいところをちょこちょこと、直しました。

昨日、ダウンロードされた方は、もう一度おねがいします。

お手数お掛けします。すみません。

2002/12/13 風邪

朝起きたら、喉が痛い、鼻詰まりで息が苦しい、ついにきたな...。老病死は、避けて通れない。

どうやら風邪をひいたみたいだ。お風呂を出た後、ネットする間に湯冷めをしたらしい...。

ということで、今日は、もう寝ます。


そうそう、今日は忘年会で、正体がわかったのですが、以下の質問は、某後輩が出した質問です。

わかる方、よろしくお願い致します。

しかし、「迷えるXML初心者」な、ふざけたハンドルじゃ、相手にしてもらえないぞ! > sugaちゃん

では、本当に寝ます。おやすみなさい...

2002/12/12 クァンダボード(v4.8)リリース

WEB相談室のCGIでお馴染みのクァンダボードをバージョンアップしました。

バージョン内容は以下の通りです。

  1. 回答の回数の表示機能追加(Ver4.8)
  2. 書き込みジャーナルログ機能(何時、どのIPで、どの板のどの発言のハンドルかを記録)追加(Ver4.8)
  3. 質問入力のガイダンスを追加(質問するときのパターン・ランゲージへのリンク)。(Ver4.8)
  4. 環境入力をセレクト要素からインプット要素へ変更。(Ver4.8)
  5. タイトル入力の文字数を漢字でMAX50文字に変更。(Ver4.8)

1は、前から欲しいと思っていた機能で、2は、管理者には、やはり必要でしょう。3〜5に関しては、常連さん達からご指摘されたものです。

2002/12/11 WEB相談室のCGIを更新

とりあえず、暫定リリースです。詳細とダウンロードは、後日まとめてアップします。

質問内容の下に結城さんの「技術系メーリングリストで質問するときのパターン・ランゲージ」をリンクさせて頂きました。

2002/12/11 あかでみっくでない親子の会話

次男、やっくん(オニー)小学校6年。三男、まさくん(マチャ)小学校2年。ちなみに、長男、ヒロ(アニキ)高校2年。

 私「オイ、問題出すぞ! 出来た子はパパのスペシャルプレゼントだ!」
次男「マチャ、また、問題だと...、スペシャルプレゼントだと...」
三男「また、ホッペにチューだろ、オニー、答えてやれよ...」
 私「7掛ける5は?」
三男「30か?」
 私「ブー!」
次男「マチャ、35だろ!」
 私「ブー!」
次男「なんでだよ!」
 私「3だよ! しちごさんだから」
次男,三男「許さん!」と言いながら蹴りを私にしてくる兄弟。

魂は永遠の命で、生まれてくる魂は、親の魂を選んで生まれてくるといいます。まさにその通りらしい...。

2002/12/10 ゲット引数オブジェクトのページ更新

サンプルプログラムでクロスサイトスクリプティング脆弱性をご指摘頂いたので、チェックを追加しました。

あと、以下の2ページで、誤りを読者の方にご指摘いただいたのを直しました。

2002/12/10 ママの菩薩行

今朝、ゴミ出しに大通り(東八)へ行く途中、道の真中に、たぶん犬(雪のある寒いところで人のとは思えない)の大きなウンコが2つ落ちていました。

私は、寸前のところでかわして、セーフ! あぶない、あぶない...。

家に帰って、マチャ(小2)とヤス(小6)に『情報!情報!ウンコ発見。学校へ行く時、気を付けな!』と言うと...、ママがいきなり、ビニール袋と新聞紙をもって外に出て行きました。どうやら、道から除去したらしい...。

ママは偉いなぁと誉めると、「当たり前のことをやったまで...、どこかの口だけの人と違うから...」、いやー、一言もありません。ママは偉い!

会社へ行く時に、よその子供達も、グループでそこを通っていました。私は、自分の子だけ、ママはすべてのそこを通る人のために行った行為。差は超歴然。改めて、ママは偉い!


改めて、「当たり前のことを当たり前に行うことが大事」「当たり前のことを当たり前に行うことが大事2」です。

2002/12/09 90%オフ!

昨日は、やっくんに頼まれて、新宿へバスケットパンツを買いに行きました。

本人とママは、ミニバスケットの試合で府中3小へ、マチャとアニキはお留守番でした。

で、わざわざ、1時間かけて、新宿へ買えに行ったわけは、なんと、バスケットパンツが90%オフ!

売り場は、やっくんやアニキのような、バスケ少年の渦でした。いやー、凄かった(買うのが)。しかし、売り子のおねえさんがいい感じで優しかったのが印象てきでした。意外にラッキー。

以下は、分かる人は、わかる内容になっています。

土曜日は、道場の宿直で、日曜日は、朝5時に起床して、ご供養をし、7時20分に三鷹台の五小へミニバスケットの子を迎えに行き、大沢台小へ落とし、再度、道場の成道会のイベントへ参加、10時までそこにいて、新宿へバスケットパンツを買いに行き、お昼に自宅に戻りました。

15時半まで、ネットをやり(下の成道会をまとめる)、府中3小へやっくんとママを迎えにいきました。府中周辺の車がすごく込んでいて、家に着いたのが、18時半でした。

いやー、土日も忙しかった...。


こうやって毎日を一生懸命に生きる。いや、生かされる。あぁ、有難い...。

2002/12/08 成道会

今日、12月8日は、お釈迦さまがいろいろと修行されたのち、真理を悟り、仏道が成った日(成道会)です。

しかし、修行といっても苦行では悟りはえられぬことに気づいたお釈迦さまは、ある日ブッダガヤという町のはずれの菩提樹の下で、静かに坐禅を組み、ついに12月8日の未明、空に美しく輝く明けの明星をご覧になり、 お釈迦さま、こうおっしゃられました。

「奇なるかな奇なるかな、一切衆生悉く皆如来の智慧と慈悲を有す、ただ妄想執着あるがゆえに証得せず」

そう、ついに真理をお悟りなったのです。そして仏教が誕生した日でもありました。

解説

「不思議なことに、不思議なことに、一切の生きとし生けるものはすべて、佛の智慧と慈悲(佛性)を具えているではないか、ただ、煩悩に覆われていてなかなか気がつかない...。」

つまり、すべての人は、煩悩を取り除くと仏になれる...、本来はすべて仏なので、みな平等...。

まぁ、まぁ、私の今のレベルでは、よくわかりませんが...、とにかく、約2500年前の今日、お釈迦さまは、真理を悟ったらしい...。

ちなみに、お釈迦さまが生まれた日を「生誕会 4月8日」と言い、回りの不幸をいろいろ見て、すべての人を幸せにしたいと願われ、29才で出家し、35才で真理を悟り(成道会)、72才ぐらいからすべての人を幸せにする極意(法華経)を説きはじめ、80才でご逝去(涅槃会 2月15日)しました。

2002/12/07 法華経リンク集

今日は、法華経ノートを更新しました。

いろいろと直しました。そして以下の法華経サイトのリンクを追加しました。

2002/12/06 お給仕

朝、起きて下へ(二階から)いくと、いきなりママから『ちゃいちゃんの月命日ぐらいお仏壇のお給仕をしてね...』と言われまし た。あぁもう6日かぁ...。

お仏壇のお給仕は、なぜか、旦那様の仕事で、しかし、朝は忙しいので、ほとんどママが普段はやっています。夜は、私がやりま すが...。

お給仕は、お水とお茶とご飯をご先祖さまへ供えます。ちゃいちゃんへは、ミルクティーやヨーグルトを供えます。

お給仕の意義は、イマイチわかりませんが、しかし、そこにいるのだなぁと実感できるのです。思えば思われる。お給仕をするこ とにより、ちゃいちゃんやご先祖さまを思う、そうすれば、ちゃいちゃんやご先祖さまも私たち子孫を思ってくれる。親孝行をしても らえれば、親がうれしいのと同様に、ちゃいちゃんやご先祖さま孝行をすれば、きっとうれしいはずなのです。思えば思われる...で す。

法華経には、魂は永遠の命と説かれています。きっとお空から私達を思ってくれていると思うのです。そう、思えば思われる... です。

ちなみに、「死んだら行く所は」、魂は永遠の命ですから、次に生まれてくるまでは、透明人間になっていると思います。

2002/12/05 女心

いやー、理解不能(謎)。以下は、どこかの家庭で起きた出来事です。

朝起きて、ある一言で、普段優しい奥さんが優しくない奥さんへ変身しましたとさ。

それは、旦那様が会社へ行く用意をしながらテレビを見ていると、ある女優がCMに出ていました。その女優M嬢は、前に有名力士から袖にされ、やっとまた輝きだしたところだったので、旦那様は、「M嬢は、輝いていていいねぇ、立ち直れてよかったね」といいました...すると。

...、この直後から奥さんは口をきいてくれません。だれかわかる方いたら教えてくださいませ...。


しかし、朝、会社へ出かける直前は、どんなことが会っても、優しい笑顔で送ってくれると、うれしいな...っていってみるテスト。

旦那様は、会社に着いてから結構、このことが気になっているものです...。

で、結局、家に帰ってからやっと口をきいてくれて、他人(M嬢)のことより奥さんや子供のことの方を心配や考えて欲しいとの事でした。なるほど、女心とは、そういうものか...。微妙だ。

2002/12/04 疲労2

なんか、疲れてくると普段痛くない「歯」まで痛くなる罠。しかし、昨日は早く寝たので体は大分回復しました。

で、昨日の「とある後輩」から、お詫びのメールがきました。しかし、決して君を責めているわけでは、ありません。それより、ここの日記を読んでいてくれて、ありがとう、ありがとう!

疲れているからこそ、疲れていない時の有り難さが身にしみる...。ネットで以下のメッセージをみつけました。

わがまま日記14年12月より
本日の感じるお話です。
      朝のこない夜はない      庭野日敬  (1971年、昭和46年)

 「朝のこない夜はない」と言います。人生は(やみ)だなどと思い込まず、闇の夜のあとには必ず朝がくることを信じてがんばろう、という励ましの言葉です。暗い夜があるからこそ、明るい朝を迎える喜びがあるのと同じに、悩み苦しみがあるからこそ、救われる喜びがあるのです 。

 人はよく「暑いのと寒いのと、どちらが好きか」といった質問をしますが、これも、暑いところで汗を流して仕事をすればこそ涼しさのありがたみが分かり、寒さにさらされてこそ太陽の暖かさがありがたく感じられるわけです。私たちはよく、なんの苦労もなく毎日を過ごしている人をうらやんで、「私も、ああいう身分になりたいものだ」などと考えますが、じつは、苦しみを通ら ないと本当の喜びは味わえないのです。

 おいしい料理を目の前に並べられて、ただそれを食べるよりも、材料の仕込みから手間(ひま)かけて苦心して作った料理を、みんなに「おいしい」と言って食べてもらえる ほうが、どれほどうれしいか。

 苦しみに体当たりしてこそ活路が開け、そうして体でつかんだ喜びが、苦しむ人を救う力になっていくのです。
ありがとうございましたm(__)m

ありがとうございましたm(__)m

そして、今日も早く寝ます。おやすみなさい。

2002/12/03 疲労

疲れています。やはり、例の三重苦の仕事と趣味のネットでの夜更かしが、凄く効いているようです。

昨日は、とある後輩から引きついた某システムの月次処理を行い、担当者が月次データがおかしいと言い始め、連名で始末書を書いてくれと騒ぎはじめました...。で、いろいろと調べたら、私も担当者も勘違いがあり、結局セーフでした。あぁ、疲れた...。勘弁してよ。

と言うことで、今日は、夜更かししないでもう寝ます。おやすみなさい。

2002/12/02 PageRank アップ

なぜか各講座とリファレンス等が、GoogleのPageRankアップをしました。はっきり言って凄くうれしい!

また、燈明日記インデックスもPageRankがになりました! これは、沢山アクセスして下さった皆様のお陰様と心から感謝いたします。

日記サイトでのPageRankといえば、あの有名な闇黒日記ねこめしにっきと同じになった訳で、すごく光栄です。

しかし、申し訳ないことに、2000/03/18以降更新していないperlのページになってしまいました。index.htmlが5だというのに...。

最近、perlはさっぱりで...、どうしよう...。

あと、WEB相談室のperlのCGIも、いろいろとご指摘を受けていますが、まとまった時間が取れ次第、何とかします。それまでご迷惑をお掛けします。すみません!

2002/12/01 法華経 安楽行品第十四

この品は第二幕のプロローグの終わりです。

序品第一から法師品第十までは第一幕で、見宝塔品第十一から第二幕の始まりになり、そして、この品は、第二幕のプロローグの終わりになります。

この品は、文殊菩薩がお釈迦さまへ末法の世で法華経を護持し、説き広める心がけをおたずねになりました。

するとお釈迦さまは、自分の行いと人々との交際についての心構え(身安楽行)、ことばについての戒め(口安楽行)、心の持ち方についての戒め(意安楽行)、理想の実現に対する努力のしかた(誓願安楽行)、の四つの心がけを教えられます。

そして、髪中の譬えで法華経がどんなにすぐれた教えてあるのかを力説し、四安楽行を完全に行って、この教えを広める者の功徳について以下のようにお説きになりました。

上記のことは、当然、四つの心がけある以下の四安楽行を実践できている人が対象です。

身安楽行

いつも柔和忍辱をたもち、権力や邪法や勝負事には近寄らず、性的なことには最善の注意を払う、などなど。

口安楽行

悪口や見下すような言葉、批判、また、あの人は好きだとか嫌いだとか、などなど。

意安楽行

嫉妬の心を持たないようにしたり、人を軽んじたり、失望させたり、えこひいきなどをしない、などなど。

誓願安楽行

すべての人をこの法華経よって幸せにしたいと誓願すること、などなど。


そして、第二幕のプロローグが終わり、次の従地涌出品第十五で第二幕の中心が始まり、如来寿量品第十六で法華経の神髄が述べられます。ご期待ください!

2002/12/01 髪中の譬え

法華経 安楽行品第十四に出てくる譬え話しです。

物語

非常に強いある国の王が、命令に従わない多くの小国を次々と討伐しました。その戦いで手柄があった武将には、領地や衣服や宝石などを褒美として与えましたが、自分の髪に結ってあった明珠の飾りだけは、与えませんでした。

なぜならば、それはたった一つしかない最上の宝なので、もしむやみにこれを与えたら、王の一族が驚き怪しむだろうと考えてからです。

しかし、くらべもののないようなすごい手柄を立てた者がいたら、おしげもなく髪に結ってあった明珠のを与えるでしょう。

解説

この譬えは、法華経が難信難解なので、機根ない人に無闇に説いては行けませんよ。しかし、機根ができれば、おしげもなく法華経を説きなさい。ということの譬えです。

つまり、仏は、禅定と智慧で法の国を治める王です。菩薩達が、衆生を教化して仏道に入ると、 無漏(迷いがなくなる)や根力(精進の力)や涅槃(煩悩を滅する)などを褒美として与えます、 そして、菩薩達が仏法にたいする迷いをなくし、しかも信心が固くて大丈夫だと見極めたら、はじめて法華経を説くのです。