ChaichanPapa-World !

燈明日記(2011/08

◆ インデックス

◆ 2011年08月

2011-08-30 野田首相に憂いる

事実上、3者(原発推進派の海江田氏、TPP推進派の前原氏、増税推進派の野田氏)の戦いになった代表選は、ご存知の通り決戦投票でTPP推進派が増税推進派に周り、野田氏に決まりました。

私は、この3人の中では、一番マシではないかな…と思っています。

しかし、このデフレの状態で、増税を行い、益々不景気にして、日本沈没にならないように願うだけです。


まぁ、私はそれどころではなく、警備業からリストラされないように、注意深く仕事を行い、防災&警備技術を習得することに専念します。

しかし、菅さんは、しょがない人ですね。やめる間際にコレですよ!

まさに最低の首相でしたね。

唯一ヒットは、浜岡原発停止だけでした。


かつて、デフレ時に増税(消費税3%-->5%)して、全体の税収が下がったことがありました。

◆1997年の税収:消費税(7兆4644億円)/所得税(20兆7104億円)/法人税(13兆5004億円)

◆1998年の税収:消費税(8兆4235億円)/所得税(17兆4210億円)/法人税(12兆0210億円)

 というわけで、三大税(消費税、所得税、法人税)の合計は、1997年が41兆6752億円、1998年が37兆8655億円

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10652754139.html

今回は、この歴史に学べるのでしょうか?

まさに、野田首相に憂いるです!

2011-08-26 ボケがはじまった?

とりあえず、なにかに支障があるかもしれませんが、このブログは匿名なので書いてしまいましょう!

最近、かましたボケです。

最近あった、ミスと言おうかボケでした。

あまり考えたくないのですが、ボケがはじまった?

大丈夫かな…自分。

すみません、もっと慎重に仕事します!!

2011-08-24 『大き目』はNG?

先日、警備日報に『巡回時、大き目の犬の糞を発見』と書いたら、『大き目』は『大きめ』で、この場合の『目』はダメだろと指摘されました。

たしかに、ネットで調べてみると、『大き目』は普通に使われてはいるのですが、辞書にはありませんでした。


たしかに、『大目にみる』と『大きな目にあう』は辞書にありましたが、『大き目』はありませんでした。


では、『大き目の犬の糞』を『大きめの犬の糞』としたら正解かというと…今度は、『(大きな犬)の糞』と解釈が可能になってしまいます。

ということで、『大き目の犬の糞』は『犬の大きめの糞』としなくてはいけなかったのです。


『大き目の犬の糞』では、目の使い方と修飾の位置で2重に間違っていたのです。日本語って難しい…。


とりあえず、「てにをはノート」をリンクしときます。

2011-08-23 施設警備員が施設以外の鍵を預かるとは

施設内のとあるテナントで研修があり、その研修に参加している人に対して、鍵を忘れたので渡して欲しいと、その人の知人から頼まれ、防災センターで預かりました。

そして、研修の休憩時に、その人が、防災センターに取りにくる手はずです。


私は、研修に参加している人の名前とその知人の名前と連絡用の電話番号だけを聞いて、その鍵を預かりました。

そして、その鍵を普通の落とし物と同じように受付のテーブルの上に置いといていたのです。

しかし、この対応に関して、2つ大きな間違いを隊長から指摘されました。


1つ目は、テナントの社員でなく、単なる研修生の個人的鍵を、施設とは無関係の第三者の研修生の知人から預かる行為はNGなのです。

まず警備員は、預かる鍵が万が一、紛失した時のリスクを考えなくてはいけません。

なので基本的には、施設に無関係な鍵は、預からないということです。

万が一どうしても預かる時は、名前と電話番号だけでなく、免許書コピー等のエビデンスが必須なのです。


2つ目は、お客さまから鍵を預かる時は、安易に預からず、相手の身元の確認はもちろん、受領書を渡し、鍵は金庫に保存しなければいけません。

鍵を落とし物と同様に扱うとは、セキュリティをあずかる鍵が命の警備員としては、あるまじき行為なのです。

警備員としての自覚の欠如なのです。


実はこの2つ、隊長から指摘されるまでは、全く気が付きませんでした。

まだまだ、警備員としての自覚が足りない私です。

いつになったら、警備員的な思考が自然に出来るようになるのでしょうか…>自分


これからも、日々、警備員修行です!


追記(H23.8.24)

上記の事を家内に話したら、隊長と同じ事を言われました(凄い)。

とにかく、三男はまだ高校2年生なんだから、リストラされないように慎重に仕事してください…と言われました。

わかっては、いるんだけれど…。

しかし、家内は私より、警備員に向いているな…。

2011-08-21 未曾有の円高に思う

円高が戦後最高値更新!

円高だと輸出産業は、円高分の利益が下がるので、悪いことだと報道されています。

しかし、円高は円の価値が上がることなので、悪いことではなく、良いことだと思うのです。


つまり、高い円で外国から、沢山輸入して、内需(太陽光発電・充電池・電気自動車等)を拡大させるのです。

すると、雇用が促進されて、好景気になって行くのです。

また、沢山の輸入に支払った沢山の円が、円高を円安にするのです。


つまり、無理に円安にするのでなく、円高を利用して、内需を拡大させて、まずは日本を豊かにするのです。

すると、内需で支払った沢山の円が原因となり、自然と円安になっていくのです。

また、内需の拡大は、警備業界にも潤いが回ってきて、警備員の給料も良くなってくるはずなのです。


ということで、未曾有の円高こそ、好景気(デフレ脱却)のチャンスなのです!

そして、回りまわって、警備員の給料もアップするかもなのです!?

2011-08-19 読売新聞は自分に合わない!

ここ15年ぐらい前から、貧乏が原因で、真っ先に新聞を取るのをやめていました。

しかし、勤務先の防災センターで、8月から読売新聞を取り始めたのです。

そして、当務での朝方の4〜5時頃は、意外と暇で、丁度4時ごろ読売新聞が来ます。


で、読売新聞を読んでいるのですが、どうも自分には合いません。

原発・TPP・増税について、全く逆の立場なのです。


私は、原発・TPP・増税に絶対反対派ですが、読売新聞は推進派なのです。

普通に考えて、放射能汚染・関税撤廃による食料自給の崩壊・増税によるデフレ促進の3つの推進はおかしいでしょう…。


日本を不幸にすることを推進する風潮の読売新聞は、罪悪ではありませんか!

こんな風に日本を不幸にしようとする読売新聞は、消えてもらいたいと心から思います。


財務省・日経と続いて読売新聞もアメリカの手先だな…。


付録:

原発推進派の海江田経済産業相は、国会にて責任を取ってやめると言って号泣をしたのに、やめるどころか、民主党の代表選挙に立候補ですか…。

厚顔無恥の極みだね。


増税派の野田財務相は、子供達に根拠がないのに将来を不安にすることを平気で言う人です。

どんなことを言ったかは、以下参照願います。

こんな人が総理大臣になったら、日本は本当に不幸になってしまいますね!

2011-08-18 警備業務メモ1

以下をネットに公開するに当たって、当然、ぼやかしております。

量的には、以下は10分の1ぐらいで、まだまだありますよ。

しかし、まだ整理もしていませんが、とりあえず、メモしときます。

今のところ、自分以外は、必要のないメモかもです…。

2011-08-16 気の利かない警備員

結婚して26年、家内から『あなたは気が利かない』と言われ続けてきました。

考えてみれば、プログラマをリストラされたのは、『あなたは気が利かない』の要素も大きかったような気がします。


以下のように警備員の資質としては、「気が利かない」は致命的です。

しかし、気が利かないからこそ、気が利くようになることが、楽しみでもあるのです。

仕事はもちろん、家庭でも気が利くように意識改革を目指します!

目指せ!スーパー警備員!(スーパー夫も)


・気が利くとは(引用させて下さい)

気が利く人=人の立場に自分を置き換えて考え、心尽くしをする人。

結局、気が利く人というのは「他人に心配りが出来る人」「他人の不便さを素早く察知できる人」という事になります。

英語で言えば、see watch の違いという感じでしょうか。「見る」「観る」という差。

気が利くかどうかというのは、性格の問題ではなくて今までの生き様の違いだと思うんですけどね。。。

ずばり、ですね。

2011-08-13 警備員マイナススタート…

またやってしまいました…。

警備員は、挨拶がどうの、見栄えがどうの、とか言っている場合ではありません。

警備員の基本中の基本は、オーナーの生命と財産を守ることです。


財産を脅かす対応をしてしまいました。

またまた隊長から大目玉を喰らいました。

今回は、かなり凹んでいます。


ということで、明日から、1からスタートどころか、マイナススタートです。

警備員の仕事の難しさ、判断の難しさ、気を利かせる難しさ、コンピュータでなく人と接する難しさ…。

確かに、対応の失敗を糧に自分は成長できたとしても、警備隊全体の信用を落としてしまったら、元も子もないし、申し訳ない。


また明日から、気を取り直して、同じ間違えをしないように、注意深く、頑張ってみます…。

2011-08-10 またまた出ました国の借金943兆円

本ブログですでに何度も書いていますが、これは、日本国の借金でなく、日本政府の借金です。

なので、国民一人当たりの金額が738万円は、無意味です。

閣僚一人当たりの借金ならわかるけど…。


日本政府の借金の借り手の94%は、日本の金融機関(銀行や保険会社等)です。

また、残りの6%も、すべて円建てで借りているので、いざとなれば、円のお札を刷るだけで済みます。


つまり、まったく問題がない借金なのですよ。

こうやって、周期的に『国民一人当たりの借金がどうのこうの…』と国民の危機感をあおっている背景には、このような状況なら増税も仕方ないと思わせ、増税をさせるためですね。きっと。


この大デフレ期に、デフレにするためのインフレ対策の増税を行うと、益々デフレになり、貧乏人が多くなり、実は金持ちは資産の価値が上がり、貧富の格差が拡大するのです。


また、日本の金融機関は、国民からの貯金で成り立っています。

そして、日本の金融機関は、日本政府の94%の借金の貸し手です。

つまり、国民一人当たりの金額が738万円は、実は借金でなく、真逆の貸金なのですよ!


とにかく、上記のような『国民一人当たりの借金』記事には、だまされてはいけません!


しかし、日経も財務省と同様にアメリカの手先だな…。

2011-08-09 トータルで33時間労働

当務(24H)と日勤(9H)で、33時間労働をこなしてきました!

気持ちは大丈夫なのですが、体は正直でした。

最後の巡回時、足がもつれ、右足のアキレス腱あたりに鈍痛が…。

いつもは、疾風の如く階段を駆け降りるのですが、足が痛まない様にゆっくりと…。


56歳で、若者のように振る舞うのは、やはり、無理というものですかね。

老体は労わらないといけませんね。


しかし、警備の仕事は面白いですね。

毎回、いろいろなことが起こり、それに対して、良かれと思うことで対応する。

失敗の対応の連続でも、失敗したからこそわかる真実がある。

警備業はめちゃくちゃ面白い仕事です!

2011-08-07 警備員、3つのやり甲斐

警備員になって7ヶ月が経とうとしています。

一時は、失敗の連続で自己嫌悪に陥り、やり甲斐など感じている余裕はありませんでしたが、今は、やり甲斐を感じています。

やり甲斐を分析すると、以下の3つであることに気がつきました。

施設警備員にとって挨拶は仕事の一部です。

逆にいうと、一般人の時は、し辛いケースの挨拶も、警備員だと仕事の内なので、臆することなく挨拶ができるのです。

挨拶すると、気持ちが良くなるのは、一般人も警備員も変わりがありません。


警備の仕事は、なんでもありで、対応した後、もっとこうすればよかったと思うことがほとんどです。

そして次回、同じようなことがあった時に、それを活かします。

つまり、仕事の完成度アップが楽しみになるのです。


施設警備の仕事は、施設に関してのテナント・店舗・設備・清掃等、いろいろなことを覚えるケースが沢山あります。

つまり、新しい事や用語を覚えるケースが多いのです。分からないときは、ネットで詳しく調べます。

つまり、仕事に関する知識力アップが楽しみになるのです。


ということで、警備員は、やり甲斐のある仕事です!

昨日、以下でご紹介したように体も良くなるし、だた、収入が低いのが玉に瑕ですね(^^;

2011-08-06 祝!体重5キロ減!!

去年7月のリストラ直後は、体重68キロありました。

1年後の今、63キロになりました。


とにかく、妊娠4ヶ月のような中年太りのお腹が、かなりへっ込みました。

これは、「少食知足」と「仮眠の早寝早起き」と「巡回の適度な運動」の三要素が効いていると思っています。


少食知足は、本当にお腹の調子が良くなりますよ!

意識して少食にして、お蕎麦は、ほぼ毎日食べています。


当務では、22時に寝て2時に起きます。

まさに、究極の早寝早起きですね!


巡回を1日3回行っており、たぶん、一日トータルで2万歩近く歩いている感じです。

巡回時、階段は疾風の如く駆け降ります。


ということで、警備員になったことによって、かなり健康になれましたよ!

2011-08-06 祝!200万アクセス!!

昨日、本ブログのアクセス数が200万を超えました!!


ブログを開始したのが2005年の5月で、100万アクセス達成が2010年の3月でした。

前回100万の達成に約6年を要しましたが、今回は1年4ヶ月で達成することができました。


これからも、よろしくお願いしたします。

目指せ!人気ブロガーとか!!

2011-08-04 無性に腹が立つ

前回、某青年に宛てた、 『怒りの感情は抑えられるか』の日記を書きました。

今回、仕事関係で、自分自身が無性に腹が立っています。


すべては、自分の未熟さが原因なのですが、それでも無性に腹が立つのです。

原因は沢山あって、特定することは難しいのですが、それらが加算され閾値を超えたようです。


とにかく、何かをぶん殴りたい感情が、ぶつぶつと沸いてきます。

とにかく、近くにきた人に八つ当たりをしてしまいそうです。


とんかく、『怒りの感情は抑えられるか』を読んで怒りを無効化にしないと…。

まずは、ゆっくりと大きく深呼吸をし、止めて10秒数え、息をフーッと吐き出します。


つぎに、怒りの大きさを調整します。とにかく、すべては自分の未熟さで、成長すれば問題ない問題ない…怒らない怒らない…。

最後に、目の前の状況に対する捉え方を変えてみます。すべては自分の成長の糧、すべては自分の成長の糧…。


少し、怒りが治まって来ました。

しかし、最終的には、なにかで発散しないと、ぶち切れる可能性もあるので、もう酒飲んで寝ます。


実は、当務明けで、14時までの残業(トータル30時間拘束)でした…これも一因なのですが…。

まぁ、残業してあげたのに、こんな仕打ちあり、みたいな感じです(^^;


明日も当務ですが…、ぶち切れないように、神さま仏さま、お願いします(合掌)


追記

先ほど家に帰ってきて、いきなり、ブログを更新しているのですが、本記事を書いていることにより、怒りが治まって来ました。

書くことは、結構、怒りに効く感じです。

2011-08-02 消防系設備の簡易説明

以下に消防系設備をまとめて見ました。

新米施設警備員さんにお役に立てば幸いです。


消防系設備

以下にも、追加しました。

2011-08-01 電灯系追加

以下の『施設警備員のための簡易用語集』をいろいろと追加しています。

特に、今回電灯系を追加しました。他にも少し…