ChaichanPapa-World !

燈明日記(2011/04

◆ インデックス

◆ 2011年04月

2011-04-28 怒りの源泉

先日、整体に行ったとき、予約時間から1時間20分も待たされて、怒りがこみ上げてきて、帰ってきてしまいました。

私は、あまり怒らない性格で、自分でもこのことが、すごく驚きでした。


待たされたぐらいで、なんでこんなに怒りがこみ上げてきたのだろうかと、不思議でなりませんでした。

で、いろいろ原因を推察すると、新しい仕事(警備員)のストレスが原因ではないかと辿り着きました。


その日は、貴重な公休日で、家内が予約を取ってくれて、整体に行ったわけです。

ちょっと離れている駐車場が2つあり、1台づつ置けるのですが、両方とも先客があり、空くまで待機をしていました。

そして、予約時間を過ぎても車が空かないことが、かつてもよくあったのです。


新しい仕事での折角の公休日に、整体へ予約時間に来ているのに、長時間待たされる…。

こんなことで、怒りがむくむく湧き出てくるとは、修行がたらんですね。


怒りは、原発の東電や不法占拠の韓国(竹島)・ロシア(北方領土)に向けないといけませんね!

しかし、怒りの感情はどこから湧いて来るのだろうか…。

とりあえず、怒りを抑えるには、以下が有効とのことです。

  • まず、ゆっくりと大きく深呼吸して10秒数えます。
  • 次に怒りの大きさを調整します。
  • 目の前の状況に対する捉え方を変えてみます。
怒りはコントロールできる - goo ヘルスケア

仏教的には、新しい仕事のストレスの『因』が、1時間20分も待たされた『縁』にふれて、『果』という怒りが爆発し、整体を受けることが出来なかったという『報』が来たのですね。まさに因縁果報でした。

2011-04-27 ポイ捨て撲滅作戦

本施設の警備員の外周巡回では、ゴミ拾いと吸殻拾いがサブメインです(警備上、メインとは言えない)。

で巡回時、必ず、紙屑、空き缶、ペットボトル、吸殻等が落ちています。

警備員のA番とB番で合計、一日に6回の巡回をしますが、必ず落ちているのです。


一方、本施設での清掃員の外周清掃は一日1回です。

これは、契約(お金)でそうなっていて、回数を増やすには、いろいろあって難しいのです。

ということで、所長と隊長は、設備員と警備員にもゴミ拾いを積極的にするようにと指示するのです。


本来は、清掃員の仕事を設備員と警備員も行って、全員で施設を綺麗にしているのです。

施設が綺麗だと、ポイ捨てが、し辛いと思うのですが、一向に無くなりません。

はじめのうちは、施設が綺麗になれば、ポイ捨てはなくなると思い、頑張って拾っていましたが、残念ながら無くなりません。


当初、何か良いポイ捨て撲滅作戦は無いものかと思いましたが、無いですね。

無い以上、清掃員、設備員、警備員が一丸となって、ゴミ拾いに邁進するしかないのです。


そういえば、以下のようなお言葉がありましたね。

よって、ゴミ捨て&吸殻捨てをする他人は変えることができないけれど、ゴミ拾いに邁進して、自分の未来を変えていきたと思います。

そう、施設周りの物理的なゴミ拾いは、実は、心の精神的なゴミ拾いなのかなぁ…と、思う今日この頃です。


関連コンテンツ

2011-04-24 警備で「美化」と「防犯」の両立

警備員での一番の仕事は、もちろん「防犯」です。

しかし、治安の良い地域で、施設が新しいと、ちょっと違ってくるようです。


もともと、治安がよければ「防犯」は必要なく、また、施設が新しいと汚れが目立ち「美化」が必要です。

私が勤務する現場は、まさにこのような施設なのです。


ここでの外周巡回は、「美化」がメインで、警備員はゴミや吸殻を拾いながら巡回をします。たまに、嘔吐物処理も…。

ゴミや吸殻は、下に落ちているので、必然的に下に注意をしながらの巡回になるわけです。


他の施設を経験しているベテランの先輩は、「美化」は清掃員に任すべきで、下ではなく上に注意をしながらの巡回で危険回避や、やはり「防犯」がメインだろうと憤慨しています。

しかし、オーナーの思いや、所長&隊長の方針は、とにかく「美化」なのです。


で、新米警備員の私としては、素直に両方の意見を受け入れ、下と上を両方注意しながら、巡回をしているわけです。

「美化」も大事、「防犯」も大事…です。


個人的には、「美化」は意外に好きなのですが、警備員は、やはり「防犯」や危険回避だろう…と思っています。

いくら治安の良い地域でも、ゴミ拾いをしている警備員を、万が一、賊が見ていたら、犯罪が発生するかもしれません。


なので「美化」は、高いお金を払っても、清掃のプロを雇うべきだと思うのです。

尚、現状の清掃員は、一日1回外周清掃をしています。一時間に1回ぐらい必要だと思うのですが…。

2011-04-23 仏教五戒について

仏教修行者(特に在家)は、以下の五戒を守らなければ成りません。

  1. 不殺生(ふせっしょう)
  2. 不偸盗(ふちゅうとう)
  3. 不妄語(ふもうご)
  4. 不飲酒(ふおんじゅ)
  5. 不邪淫(ふじゃいん)

1から3の「殺さない・盗まない・嘘つかない」は、まぁ当たり前すぎて、守ることすら意識しないでも大丈夫です。

問題は4と5の「酒飲まない・エロしない」で…、これは守るのがすごく難しいです。


お酒は、付き合いでどうしても飲んでしまうとか、特に夏場はビールがすごくおいしいですね。

しかし、お酒が入ると、眠たくなったりして何も出来ず、その時間がいつももったいなく思います。


邪淫の本来の意味は、不倫など人の道をはずれた性行為のことですが、一般的には、エロなどのよこしまで、みだらなことです。

Web検索で、まじめなものを検索しているのに、たまにエロ系が引っかかると、つい、その方面に深入りしてしまって、あとで自己嫌悪する場合があります。

いや〜、男ってどうしようもない動物です。


ということで、五戒を守らんといかん…と思う、今日この頃です。

あ、そうそう、警備員も修行僧(謎)なので、守らんといかんでしょう…誰にともなく…。

2011-04-21 警備メモと警備ログと警備ノートについて

我が施設では、警備日報・警備週報・警備月報と日々の出来事をまとめています。

個人的には、警備メモ・警備ログ・警備ノートと日々の出来事をまとめています。



警備メモの内容は、警備ログや警備ノートの元情報となり、これらに書き写したら、破棄します。

そして、当務の終わりに、警備ログを元に警備日報を作成します。


警備員の仕事は、いろいろなことの連続で、それらを処理することにより、コツやノウハウが警備ノートに溜まって行きます。

この溜まり具合が、そう警備ノートのページの埋まり具合が、なぜか嬉しく楽しいのです。


特に本施設の警備は、警備といいながら、実は、何でも屋で…。

ある時はビル清掃員、またある時はビルメンテ要員、そして、自転車の片付けおじさん、施設や駐車場の案内係り等…。


なので、日々いろいろなことを最適に処理しないとならず、また、いろいろな事象が重なっても焦らず対処しないとならず、そこには必ずコツやノウハウがあり、それを漏らさずメモするわけです。


というわけで、警備メモ・警備ログ・警備ノートの概要をご紹介致しました。

警備の仕事は、いろいろあって、おもしろいぞ!

2011-04-19 ネタメモ

えーと、ここのところ、すごく忙しく、ネット更新が滞っています。

また、最近物忘れが激しく、思いついたネタをすぐに忘れてしまって、思い出せない歯痒さの思いをしています。

とりあえず、覚えているネタを忘れないうちにメモしときます。

まだまだあったのですが、忘れました。

あと、法華経ノートを公開してから10年以上が経ちました。

ここで復習の意味で、法華経を一字一句づつ、解説をしていきたいと思ったりしています。

もちろん、法華経をすべて知り尽くしているわけではなく、勉強しながらの解説になります。

2011-04-14 一番の供養

愛している人がある日突然亡くなることは、大変悲しく辛いことです。

悲しすぎて、辛すぎて、それをすぐには受け入れることはできません。

もう、その日から時間は止まってしまいます。


でも、何もしないで、悲しんでばかりいては、天国で亡くなった人が心配してしまいます。

亡くなった人を心配させないで、安心させてあげなければなりません。

なんとか、時間を動かさないとなりません。


そのためには、一生懸命に生きて、亡くなった人の分まで一生懸命に生きて、安心してもらいましょう!

亡くなった人の供養は、お経をあげることだけではありません。

一番の供養は、亡くなった人に安心してもらえるように、自分がしっかりと生き抜くことにある…と思うのです。


もう、時間は動きはじめましたか?

今年も、桜咲く季節が来ました…

D

ちゃいちゃんのお友達のみんな、今年もありがとう!

2011-04-08 施設警備の心がけ

昨日の当務は、私の仮眠時間(22時〜2時)に、また宮城県沖で震度6強の地震があり、地震対応をすることになりました。

本施設は幸い、エレベータが一時的に止まっただけで、閉じ込めや周りの店舗で火事なども起こらず、確認の外周巡回をしても、花見の後の酔っ払いや、本施設を公園と勘違いしている怪しいアベックがいるだけで、平和そのものでした。


4月1日から訓練校で同期生のKさんが、私と同じ現場で一緒に働くことになりました。

これで、NさんとKさんと私で、3人が同じ警備会社に就職ができました(Nさんは違う現場)。

警備業は、給料は安いですが、仕事は毎日いろいろなことに遭遇でき、意外に面白いです。

またこの仕事は、日々の勉強や訓練が必要で、3人で切磋琢磨して、極めていきたいと思います。

本当に、今回の大災害で益々巨大不況になっていく、このご時世に就職が出来て、有難いです!


ついでに、最近、私が仕事で心がけていることをメモしときます。

ということで、お釈迦様みたいなオーラが出ている警備員を目指します!

本当に、施設警備の警備業は、仏教の菩薩行と似ていると思う。

そういえば、修行僧はわずかな布施をもらって生活するが、警備員もわずかな給料をもらって生活するので、ここでも似ているね(^^;


関連リンク

警備業は『菩薩行』?! - 燈明日記

警備員と仏教徒 - 燈明日記

2011-04-06 超訳 ブッダの言葉

リストラ後の就職活動や訓練校での勉強や再就職後の仕事覚え等で、本を読む余裕がなかったのですが、最近また読み始めています。

今回は、半年ぶりの『本紹介』のカテゴリエントリーになります。


今回、ご紹介するのは、『超訳 ブッダの言葉』です。

一言で言うと、さすが超訳と銘打っているだけあって、すごく読みやすかったです。

本の外装もいい感じで、なぜか、手塚治虫のイメージがして、買うのにためらいがなかったです。


内容は、主に法句経、スッタニパータ、相応部経からのブッダの言葉の超訳です。

読んでいて、やはり、仏教はすべてを包含し、どこかの排他的な宗教と違い、仏教には癒されるなと思いました。

私の得意な法華経(法華経ノート)と全く同じ感じでした。

まぁ、法華経も仏教なので、当然といえば当然ですが…。


とにかく、ブッダの言葉が現代語で分かり易く簡素に超訳されているので、すごく理解ができ、益々仏教が素晴らしいものだと認識ができました。

超訳 ブッダの言葉

超訳 ブッダの言葉

2011-04-05 wavからmp3に変換するには

Windows標準の音源フォーマットは、wavです。

インターネット標準の音源フォーマットは、ほぼmp3です。

今回、wavからmp3に変換する機会がありました。


wavからmp3に変換するには、いろいろと方法があると思いますが、ネット検索して、いろいろ試しましたが、なぜか悉く上手く行かず…。

結局、昔やったことがあるiTunesをインストールして、変換することにしました。


確か、曲名を選択して、その右クリックメニューに、mp3変換があった記憶があるのですが、インストール直後はないのです。

で、いろいろ調べて、やっとみつけました。以下はその手順です。


  1. iTunes(v10.2.1.1)のメニューバーの『編集(E)』をクリックする。
  2. プルダウンメニューが表示され、その中の『設定(F)』をクリックする。
  3. ダイアログが表示され、その中の『一般』をクリックする。
  4. 『CDをセットしたときの動作(C)』の『インポート設定(O)』ボタンをクリックする。
  5. 『読み込み設定』画面が表示され、インポート方法(I)を『MP3エンコーダ』にする。
  6. 最後に『OK』ボタンをクリックする。
  7. すると、曲名を選択した時の右クリックメニューに『MP3バージョンを作成(V)』が表示されます。
  8. そして、『MP3バージョンを作成(V)』を選択すると、変換が開始されます。

しかし、wavからmp3に変換すると、ファイルサイズが約10分の1の小ささになりますね。

しかし、音質は、wavとmp3で、あまり違いは無い感じです。


尚、iTunes(v10.2.1.1)のインストールは以下で。

2011-04-03 ワード(Microsoft Word)で大きなフォントにするには

ワードではプルダウンメニューで指定できるフォントの最大サイズは72です。

今回、それ以上の大きさが必要なケースに遭遇しました。


で、72以上のフォントが使えるか調べてみると…意外と簡単で。

プルダウンメニューのテキストボックスに適当な大きさの数を入れるだけでした。

昨今の施設警備の現場では、報告書や証拠写真付き文書などの作成作業でPC化されています。

結構、PC(WindowsXP、Web等)を使いこなせないと務まりません。

普通の人よりは、PCに詳しいプログラム暦30年の私は、意外に重宝されていたりします。

芸は身を助ける?


リストラされて一年弱、技術系のネタがたまってきたので、徐々に公開していきますね。

2011-04-02 涙の花 By a pool par

昨年、6月にリストラにあい、7月からハロー 涙の花 By a ワークに通い、10月から訓練校に通い、今年1月から某警備会社の警備員さんになりました。

なので、自分のことで精一杯で、長男とあまり関わらなかったのですが、音源ができたということで、ダウンロードしてあげて、なにげに聴いたら、凄く快いメロディーで驚きました!

ということで、みなさん、この快いメロディーを聴いてやってください!

ちなみに、長男こと小池啓仁は、アルバイトをしながらのミュージシャンです。


曲名:涙の花 By a pool par

Download


実は、私が警備員で薄給になり、いままでの差額分を長男がバイト代で補ってくれるのです。

ミュージシャン活動でお金がかかるのに、折角のバイト代を家に入れてくれる長男に、感謝感謝です。

休み無く、土日無く、バイトと音楽活動に邁進する長男の体と命が心配で心配で……。

でも、何を言っても聞かないわからずやなので、しょうがないですね。


関連リンク