ChaichanPapa-World !

燈明日記(2011/02

◆ インデックス

◆ 2011年02月

2011-02-28 TPP反対! そして復活の日本国とは


TPPは、環太平洋戦略的経済連携協定で、主に太平洋沿岸の国で、例外なく関税をなくし、国家間でグローバルに輸出入できるようにすることです。

TPPが実施されると、どうなるかというと、以下のように『世界は亡ぶ』とのことです。

要は、国家間の競争は、利己主義者が淘汰され、企業間の競争は、利他主義者が淘汰されるとのことです。

つまり、TPPは、国家間の境を取り外し、企業間の競争にしてしまうのです。

すると結果的に、利他主義者(善人)が淘汰され、利己主義者(我侭)の世界になってしまい、『世界は亡ぶ』のです。


また、日本の食料自給率はカロリーベース40%ですが、実は、生産高ベースだと60〜70%もあります。

これが、TPPを実施したら、安い外国産の食料で、本当に40%になってしまうかも知れません。

そうなって、万が一、輸入がストップしたら、腹7分目のところが腹4分目になってしまうのです。

たぶん、私のような貧乏人には、食料が回ってこないでしょう……。


で、ここからは、私が考えた(某三橋さんに影響されている)復活の日本国です。

今の石油エネルギー依存社会から太陽エネルギー依存社会に変えるのです。


で、重要なのは効率の良い蓄電池の開発です。

そして、すべての民家や建物の屋根には、太陽光発電機の取り付けを義務化し、発電した電気は蓄電池に貯めて利用します。

また、自動車はガソリン自動車から、すべて電気自動車にするのです。


これで、日本のすべての家に太陽光発電機と蓄電池が付き、自動車は、すべて電気自動車になるのです。

このことで、日本経済を活性化するのです。

太陽光発電機関連と蓄電池関連と電気自動車関連で、ものすごい内需が発生して、日本国民は、かつてのように一億総中流に復活ができるわけです。


電気なので、原油高など気にせず、CO2の環境問題もありません。良いこと尽くめです。

太陽光発電機で蓄電した電気は、電気自動車にも利用できるし、余ったら、電気会社にも売れる。

とにかく、従来の電気代、ガソリン代、ガス代がいらなくなるのですよ!


ということで、今の大不況時代を克服するキーワードは『内需』なのです。

『内需』で仕事が沢山あれば、みんながお金持ちになり、幸せになれるのです。


今のコンビニや飲食店は、人件費の安い外国人ばかりになりました。

グローバル化は、ますます、日本人の職を奪います。

TPPで『平成の開国』でなく、極端に言ってしまえば、『平成の鎖国』をして、内需で、まずは日本国を豊かな国にしませんか?


TPPといえば、先日、民主党の副大臣がこんな無責任なことを言っていますね!

『党の部会で、TPP担当の平野副大臣が、「自分たちでさえTPPのことが、よく分からない。」と発言。出席者一同唖然とした。よく分からないことに日本の命運をかけないでくれ

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10814560316.html

民主党よ、永遠に消えてくれ〜



2011-02-28 WiMAX対応スマートフォン

最近の携帯・スマートフォン系の進歩には、まったくついていけない、おじさん(55歳)になってしまいました。

私は、auの携帯を長年使っているのですが、使い道の殆どは、家内とのメールです。

たまに、通話もします。


で、最近、携帯で安くて速いネットが出来たらいいなぁ…と思っていたら、auから良さそうなスマートフォンがでますね。

WiMAX対応なら、3Gを使わなくてもスカイプで通話ができそうです。

エリア的には、一年間で東京都以外に居る日は、ほとんどないので、WiMAXで問題がないでしょう!


尚、WiMAXのUQコミュニケーションズは、auと同じKDDI系の会社なのですね。

素人見ですが、これは、スマートフォン市場でドコモとソフトバンクに対してかなりの強みになりませんか?


ちょっと用語解説

追記

そう言えば、3GとWiMAXでのインターネット接続の関係は、インターネット初期のダイアルアップとADSLの関係に似ています。

3GとWiMAXは、無線で公衆交換電話網を使うか、使わないかの違いです。

ダイアルアップとADSLは、有線で公衆交換電話網を使うか、使わないかの違いです。

2011-02-27 当明け3連投

22日から今日まで、当明、当明、当明と3連投の『当務』と『明休』を経験しました。

正直言って、疲れました。

明日は、『公休』なのでゆっくり休みます。

『TPPによる日本国の災い』や『エレベーターの一次消防運転』のことを書きたいのですが、またの機会に致します。では、おやすみなさい…。

2011-02-25NZ(ニュージーランド)地震と阪神・淡路大震災

今回(2011/2/22)のNZ地震と阪神・淡路大震災の規模を比較してみます。

NZ地震阪神・淡路大震災
震度 震度6 震度7
マグニチュードM 6.3 M 7.3
ガル 1,840 848
震源の深さ 5km 16km

今回のNZ地震は、震度とマグニチュードの割には、大きな被害が出ています。

しかし、震源の深さは5kmと浅く、ガルは阪神・淡路大震災を大きく上回っています。

これが、大きな被害の原因のひとつですね。


用語説明

(参考:http://www.geocities.jp/p_taka0227/0005.htm


2011-02-25 警備業は『菩薩行』?!

警備業に身を投じて一ヶ月ちょいが経過しました。

で、確信しました。


それは、警備業は、仏教で云う『菩薩行』そのものだということです。

『菩薩行』とは、『六波羅蜜』の実践です。

『六波羅蜜』とは、簡単に紹介すると以下の通りです。


どうですか?

そこの警備員さん!

まさに、警備業は『菩薩行』そのものですね!!


警備流に六波羅蜜を解釈すると以下の感じ。


仏教界では、『菩薩行』とは、仏になる修行の『行』です。

我々一般人で『仏になる』ということは、人格完成を指します。


つまり、警備員さんは、安い給料でも文句を言わず、人様に尽くし、人格完成を目指して頑張っている、素晴らしい人達なのですよ!

いや〜、警備員になってよかった!

これからも、人格完成を目指して日々頑張りますね!


参考:http://chaichan.lolipop.jp/chai/hokke_note.htm#rokuhara


今日の失敗:

まだまだ、使った鍵をキーボックスに、すぐに戻すのを忘れてしまうことが、よくありますね。

電話対応は、相手の名前や所属を必ず聞けるようになってきていますが、なぜか最後に『警備koikeが承りました』を言うのを忘れる。


まだまだ、人格完成は、遠い雲の彼方です。

しかし、警備員として、やり易い形で『菩薩行』ができることは、本当に有難いことですね。

2011-02-23 警備員は『何でも屋』?!

そろそろ仕事以外のことも始めたいと思いきや、『当・明』の3連続(公休なし状態)に突入しました。

今日も当務をこなしてきました。


今回は、施設周辺の側溝の掃除や集会場の設営をしました。

これ、警備員の仕事?

って、感じでした。


でも、今の警備員さんは、『何でも屋』でないといけないみたいです。

昔みたいに、警備だけをしてればいい時代は、終わったみたいですよ(先輩)。

とにかく、警備ができるのは当然で、プラス付加価値が必要な時代なのですね。


今日あった教訓1

真夜中に施設の設備に故障や不具合が出た場合、それが原因でオーナーやお客さまにどれだけの損害が出るかを想定し、多大な場合は、即座に真夜中でも業者を呼び出し修理させること。


今日あった教訓2

施設内の集会等で、オーナーやお客さまが脳溢血等で倒れた場合は、本人が大丈夫だと言っても、119等の緊急対応をして、搬送病院名を必ず確認すること。


今日の失敗:

電話を受けた場合は、必ず、相手の『名前』と『会社名』 or 『連絡先』をメモすること。

そのメモには、『日時』を追加書きすること。

電話に出たときは、『xxx防災センター警備のkoikeです』と言うこと。

電話を切るときは、『警備のkoikeが承りました』と言うこと。


実は、仮眠が終わった今朝の2時ごろ、設備故障復旧の件で電話があり、寝ぼけながらに対応し、内容と会社名はなんとか把握できたのですが、相手の名前が聞き取れず、なぜかそのまま電話を切ってしまいました。

その後、隊長に報告したら、相手の名前がわからないとは、プロ失格との烙印をおされてしまいました。

確かに、設備故障対応の責任者の名前が不明では、警備プロ失格です…。

2011-02-21 そろそろ仕事以外のこともはじめたい!

警備員として一ヶ月以上が過ぎ、そろそろ仕事以外のことも、はじめたいと思っています。

とりあえず、ざーっと以下の感じです。

法華経漢字起源の勉強は、私にとって、最大のライフワークにしたいです。

英語コリア語中国語は、日本語との関係や相違がメインで、別に話せるレベルになろうなどとは全く思っていません。

VBAPerlは、今まで通り継続して勉強していきたいと思っています。

自衛消防とビル設備の勉強は、仕事関係ですが、これらも極めて行きたいと思います。

2011-02-20 停電(受変電設備法定年次点検)での警備

今日の0時から約6時まで、計画停電でした。

各テナントと各店舗へは、前もって何回も通知していましたが、案の定、知らない人が続出…。

各テナントや各店舗が個別に契約している機械警備のアルソックやセントラルの警備員さん達が電源異常とかで、真夜中に集合とか…。

各テナントや各店舗を統括して警備している我が警備会社でも、停電で真っ暗な中、懐中電灯をもっての、多目の外周巡回…。

なので、少ない仮眠時間も、なお半分にされて…。

しかも、いつもなら、最上階にエレベータに行ってから、最下階に巡回なのに、今日は逆の最下階から階段を登って最上階へ…。

大変だったけど、貴重な体験の数々をさせて頂きました。

その貴重な体験の数々は、その内、ブログにネタになるかもです。


今日の失敗:

土曜日と日曜日は、エントランスのドアが自動では開かず、カードキーを持っていない人は、前もって申請がないと施設内には入れません。

で、カードキーを持っていない、急いでいる某テナントの社員さんを、社員証だけの確認で、施設内に入れてしまいました。


隊長に報告したら、非常にまずい対応と、大目玉をくらいました。

基本的には、その社員さんが自分で、施設内にいる人(上司や同僚)に連絡して来てもらうこと。

これが出来ない場合は、最低でも社員証(写真ない場合は免許証)のコピーをとること。

とのことでした。


急いでいた様子だったので、社員証を見ただけで、なんか勢いで、入れてあげてしまいました。

が、これからは、心を鬼にして上記の対応をします。

2011-02-18 警備員に必要な『1つの心構え』と『3つの命』

前回、『 警備員の3つの命 - 燈明日記』の記事を書きましたが、少し訂正します。


『鍵』、『見た目』、『想定』で、同じレベルで『警備員の命』としましたが、『想定』はレベルが違うので、これからは、以下とします。

『想定』は、警備員に絶対必要な心構えです。

定型な通常業務(受付&巡回)も非常時業務(発報)も常に『想定』して対処しないとなりません。

受付や巡回を、もたもたせずに、スムーズに行うには、本当に『想定』が必要です。

また、自動火災報知モニターやセキュリティモニターなどが発報した時は、普段から『想定』していないと、何もできません。


そして、改めて警備員の3つの命です。


鍵は、つねにキーストラップに結着し、使い終わったらキーボックスに戻すこと。

挨拶は、見た目で人を差別することなく、公平に会う人すべてに行うこと。

見た目は、制服や髭、頭髪等に乱れが無く、いつもきちっとしていること。

警備員は、つねに、この3つを心掛けないといけません。


今日の失敗:

最近は仮眠時間以外に、夕食後も30分ぐらい仮眠をするようになりました。

仮眠するときには、ネクタイを緩めます。


今日は、夕食の仮眠後、緩めたネクタイを元にもどすのを忘れて、受付業務をしてしまいました。

幸いVIPなオーナーらしき人は、こなかったのですが、クレームが来たら、警備員としては終わりです。

本当に『見た目は、警備員の命』です。

2011-02-16 一日遅れの筋肉痛

当務では、積雪は一年に1回あるかないかの出来事だと言われていますが…。

なんと、当務2回連続で積雪でした(T_T)。

新人警備員としては、良い経験かもしれませんが、運が良いのか悪いのか…。


昨日は明休で、雪掻きの疲れで、ほとんど寝ていましたが、今日は公休で、朝から筋肉痛で、歳を思い知らされています。

雪掻きをしている時に、結構腰にきているなと思いつつ、設備の若い人と同じ感じで頑張ってしまったのが、あだになったみたいです。


明日は、当務なのですが、東京は雨とのことで、気温が下がったら、また雪とかに…、勘弁してください!

ということで、今日は、体を休め、体力温存で、おとなしくしています!

2011-02-15 警備員としての現場での問題点

現場で働きだして約一ヶ月が過ぎました。

警備員としての現場での問題点が見えてきました。


それは、以下の端末(モニター)の実践的なマニュアルがないということです。


基本的には、警備員個人が自分で勉強して、経験して、身に着けるというスタンスなのです。

ちなみに、現場の施設は、まだ2年しか経っておらず、火災も一度も起こっていません。


だったら、『自分で勉強して、経験して、身に着けるというスタンス』は無理というものです。

基礎的な教育が必要だと思いますよ。

とにかく、上記3つのモニターに関しては、以下の3つが必要だと思います。


今のままでは、火災発生等の非常時に、警備員は何もできないのではと思うのです。

確かに、『人と鍵の受付業務』と『警戒巡回業務』で、十分忙しいのですが、上記3つは是非必要ですね。


今日の失敗:

鍵は使い終わったら、すぐ鍵箱に戻さないといけませんが、まだ、たまに忘れてしまいます。

挨拶は、どんな人でも差別することなくしないといけませんが、まだ、たまに差別してしまいます。

そう、『鍵は命』、『挨拶は命』、そして『想定は命』…ですね。

2011-02-13 ヒゲそり、そして、『見た目は警備員の命』です!

当務は、8時前後に現場に入り、次の日の9時頃に上がります。

すると、家でヒゲそりをして出勤しても、当務の朝方には、結構ヒゲが伸びてしまいます。

もともと、ヒゲは濃い方なので結構目立ちます。


これ、内心気にしていたのですが、先日、『当務の朝方にはヒゲをそりなさい!』と隊長から注意されました。

受付に来る人には、警備員が当務していることは関係なく、常に見た目がさわやかでないといけません。

なので、当務の朝には、ヒゲそり必須とのことでした。


今使っている『ヒゲそりシェーバー』は、父が亡くなってから、父のをそのまま使っているパナソニックのヤツで……、実は長男もコレを使っているのです!

そう、親子三代に渡って使っている『ヒゲそりシェーバー』なのです!

これを現場にもっていったら、長男が使えなくなるので、しかたなく、パナソニックのヤツをもう一台買いました。


まぁとにかく、『見た目は警備員の命』です。

ヒゲはもちろん、鼻毛や頭髪のチェックも欠かせません。

制服も定期的にクリーニングに出し、口臭にはリステリン…。


しかし、長男も私もヒゲそりには、こだわりがないですね。

父親の形見のヒゲそりを、子の私が使い、孫の長男も使う。

新しいパナソニックのヤツは、長男には内緒にしておこう…。

2011-02-12 雪かき、そして、『鍵は警備員の命』です!

ついに10回目の当務(24時間勤務)をこなしてきました。

また、入社したのが1月11日なので、やっと入社一ヶ月が経過しました。


昨日から今朝にかけて降った雪は、大したことはなかったのですが、なぜか、施設の一箇所にはかなり積もり、今朝に除雪を行いました。

また、防滑マットもかたずけました。

昨日は、防滑マットを広範囲に敷いたり、少し除雪もしました。


ということで、警備員として年に一度あるかないかの貴重な体験をさせていただきました。


今日の失敗:

除雪用シャベルや台車などが置いてある物置の鍵は、バナナキーと言って、鍵自体が取っ手になっています。

で今朝、バナナキー紛失事件がありました。


私と相番者が物置に行って、私がドアをバナナキーで開け、除雪用シャベルや台車を出しました。

その後は、なにも意識せず、私は除雪用シャベルと台車で除雪作業に行きました。

相番者は、防災センターに戻りました。


その後、隊長達が出勤してきて、私と一緒に除雪とその片付け作業を行いました。

作業終了後、除雪用シャベルや台車を物置へしまおうとしたら、バナナキーがどこにもないのです!!!


私は、物置のドアを開けたことは、かすかに記憶にあったのですが、閉めた記憶がないのです。

何度かお話しましたが、鍵は警備員の命です。


隊長や相番者から、なんでキーストラップに結着しなかったとか、まじで大変なことになりました。

いろいろ探した結果、隊長がいつもとは違うところに掛かっていたバナナキーを見つけました(ホッ)


結局のところ、はじめに私と相番者が物置に行ったときに、私が物置を開けっ放しにして除雪に行き、相番者がバナナキーをキーボックスに戻してくれたのですが、いつもと違う場所に戻したのです。そのことを、相番者がすっかり忘れていたのです。しかも、隊長と一緒に私を責めるし…(^^;


とにかく、どんなキーでも必ず、キーストラップに結着ですね!

大事なので、もう一度言います。『鍵は警備員の命』です!

2011-02-10 東京臨海広域防災公園

昨日は、当務の明けで、隊長に薦められて、『東京臨海広域防災公園』へ行ってきました。

新橋駅から「ゆりかごめ」で有明駅で降り、目の前に『東京臨海広域防災公園』がありました。

「ゆりかごめ」は、遊園地の電車みたいで、道中の景色も「お台場」、「東京ビックサイト」や高層ビル等が沢山あり、結構楽しめました(まさに田舎者)。


東京臨海広域防災公園は、普段(平常時)は、なぜか国と都が半分半分で管理している広大な公園なのですが、国で大災害が発生したら緊急災害現地対策本部が設置されます。

平常時は、防災の体験や学習ができる施設になっています。


とりあえず、一通り体験と学習をしてきました。

東京では、関東大震災級の地震(M8)は約100年前後ぐらいしないと起こらないとのことですが、M7級はいつ起こっても不思議でないとのことでした。


とにかく、大地震が来たら「むやみに移動を開始しない」が基本とのことです!

そして、情報・食料・水・トイレが不足します。

なので、「携帯とラジオとその予備電池」・「携帯食料(チョコやキャラメル等)」・「ペットボトル飲料」・「携帯トイレ」を常時持ち歩くとよいそうです。


あと、家族との安否確認手段を前もって決めること。

また、自宅では家具の転倒防止対策を実施すること。


とにかく、国も都も大地震のことを少しは前もって考えているんだなと、少し安心した次第です。

しかし、行った時は、ご老人のツアーがバスで来て、にぎわっていたのですが、30分ぐらいでお帰りになり、お客様は私一人になりました。

私以外は、スタッフの人だけで、この広大な施設を独り占めでした。

もっと、国民へアピールしないといけませんね。折角のすごい施設なので…(無能な民主党に事業仕分けされるかも)。

2011-02-09 六角キー、バナナキー、グレモンって何?

9回目の当務(24時間勤務)をこなしてきました。

今回は、真夜中にエスカレータの故障発報があったり、明(あけ)の今日に『東京臨海広域防災公園』にいったり、ネタは沢山あるのですが、「グレモン」でいきます。


施設警備員の一番の仕事は、鍵の管理です。

カードキー以外の鍵は、ほぼ工事業者の人が受付します。

その時に、六角キー、バナナキー、グレモンなどという聞きなれない単語を耳にするのです。

また、普通の鍵は、カードキーの対してシリンダーキーとか言っています。


ということで、今回は、普通の人があまり知らない、六角キー、バナナキー、グレモンをご紹介いたしました。


今日の失敗:

清掃さんは約20名ぐらいいて、早朝5時30分ぐらいから受付し、早い人は8時頃に帰る人がいます。

で、9時頃に帰る人が多く、この時に受付が渋滞します。

次から次に受付処理をするわけですが、鍵の確認とタイムカードを押してあげます。

一人で何種類もの鍵を持っていたり、たまに、間違って受付簿に記帳したり、結構大変なのです。


で、もたもたしていたら、隊長から、清掃さんの顔と名前と使うキーをまず覚えなさいとアドバイスされました。

っていうか、もう10回近く当務しているのに、まだ、覚えていないのかって、暗黙の圧力を感じました。

2011-02-07 法華経エッセイが取上げられました!

もう2年も更新できていない『法華経エッセイ』ですが、有難い事です。

ちゃいちゃんパパさんによると、この某宗教は「ゆるい感じ」と表現されていましたが、逆にいえば、「危険性・問題は少ない」ともいえるのではないかと思います。

調べてみるに、伝統仏教・新興宗教共に他教団も含めて「仲良くやっていこう」というのが開祖も含め会の方針のようですので、(さらに「自灯明・法灯明」ということも言ってるようです) 意外に時代に合ってくるような気もします。

http://hitihukuzin.blog10.fc2.com/blog-entry-8.html

ありがとうございます。

某宗教こと「某教会」は、少なくとも仏教の本質を相伝している教団だと思います。


2011-02-07 地震対策してますか?

8回目の当務(24時間勤務)を昨日こなしてきました。


1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した阪神・淡路大震災から16年が経ちました。

そろそろまた、来そうな気がしませんか?


阪神・淡路大震災の時のライフライン復旧に要した日数は以下の通りです。

神戸市のライフライン復旧状況

(阪神淡路大震災時)

・電気   :  7日間

・電話   : 15日間

・水道   : 91日間

・ガス   : 85日間

・下水道  :135日間

・ゴミ処理場: 35日間   

http://www.ads-network.co.jp/zatugaku/saigai-03.htm

今私が施設警備しているビルは、制震装置がついているので、地震の時は外に出ないで、その場で凌ぐのか正解とのことです。

ただし、室内で火災が発生すれば、当然、別の場所へ移動しないといけませんが…(それでもスプリンクラが付いているので火災は発生しない?)。


また、大規模な地震が発生すれば、すぐに自衛隊とか、ボランティアが来てくれるわけがありません。

なのでしばらくは、自力で生活しなければなりません。


そんなときに必要なものを挙げておきます。


今日の失敗:

今回当務は、土曜日のだったので、表エントランスは締めっきりで、裏エントランスに訪問者が来ることになっています。

裏エントランスの出入ドアは、カードキーか、または、パスワード入力にて解錠します。


土曜日に訪問する人は、予め各テナントさんから前もってリストを出してもらっています。

そのリストに出ている人は、警備の方で出入ドアを開けてあげます。


開けてあげている間に、別の人が結構来てしまって、その人達も一緒に入ってしまうのです。

カードキーをもっている各テナントの社員ならOKなのですが、リストにない訪問者はNGなのです。


で、その場合にも、すべて確認してから入場させないといけないと、怒られました。

ハイ、そうします。

2011-02-04 初めての日勤

今日は、初めての日勤(8:30〜17:30)でした。


警備員さんは、防災センター受付に座って、暇そうにしているなんてよく言われていますが…。

実際は、結構忙しいのですよ!

はっきりいって、めちゃくちゃ忙しいです!


逆に言うと、やりがいのある素晴らしい仕事です。

また、オーナーやビルの防犯防災を司る素晴らしい仕事です。


ただ、その割には薄給なのですね!これが!

そこのところを、なんとか、変えていきたいと思います。


ということで、稼げる警備員を目指します。


今日の失敗

とある階のとあるドアのセキュリティの設定を、とある時間帯だけ警戒アラームが出ないようにしたのですが…。

設定を元に戻すのを忘れてしまいました。

戻す時間に、担当者に電話して戻すようにと念を押されていたのに、忘れてしまいました。

上記のように、めちゃくちゃ忙しいと、つい忘れてしまいます。

なにか、対策を考えないと…。

2011-02-03 通常業務と非常時業務

8回目の当務(24時間勤務)をこなしてきました。


私の所の施設警備の通常業務は、受付業務と巡回業務です。

2つと言っても、この2つに付随する細かい作業が本当に沢山あるのです。

これは、今までの本ブログを読んでいただいている方は、分かっていただけると思います。


で、今回は非常時業務です。

防災センターには、沢山の監視機器がありますが、最重要の監視機器は以下の3つです。


自火報モニターは、消防系の感知器、防火戸、スプリンクラ、排煙口等で異常があると発報します。

実際は、発報しても殆どが誤報です。

しかし、真報が来てもすぐ対処できるに、常日頃から勉強と訓練を自主的に行っていないといけません。


防犯モニターは、主にドアとエレベータから不正に侵入しようとすると発報します。

防犯モニターからは、『施錠/解錠』『警戒セット/警戒解除』の遠隔操作ができます。

実際は、階を間違えて同じ位置のドアにカードキーを当てたり、ドアを開けっ放しにして作業をしたときなどに発報します。


設備モニターは、設備機器が異常の時に発報します。

防災センターでは、日中は設備さんが居ますので、設備さんに伝えますが、設備さんが帰ってからは、警備で対応しないとなりません。

こちらも、自火報モニターと同じように、常日頃から勉強と訓練を行い、復旧処理ができるようにスキルアップが必要なのです。


ということで、警備員は薄給の割りには、大変な仕事なのですよ!


今日の失敗:

表エントランスは、平日は20:00〜翌日の7:30まで入れないようになっています。

そして、それを掲示している掲示板を20:00にそこに出し、7:30にしまいます。

で、20:00に出すのをすっかり忘れてしまいました。


あと、電話対応では、『ハイ、XX防災センターです!』でなく、『ハイ、XX防災センター警備のkoikeです!』

と言わないといけないと、厳しく注意されました。ハイそうします。

2011-02-01 老眼を治したい!

警備業を行う上で、老眼鏡は付けたり外したり、煩わしいです。

そこで、なんとか老眼を治したいと思います。

ネットで検索したら以下を見つけました。メモしときます。

まずは毛様体筋を鍛える方法です。

目をぎゅっと閉じ、五秒ほど経過したら、目を大きく見開きます。

そのあと、目をぐるりと回すのです。

まずは左回りにぐるりと回し、次に右回りします。

以上を2〜3分続けて終わりです。

老眼予防、改善のストレッチ:老眼治療・老眼を諦めていませんか?

まずは500円玉を用意します。

それから、目の前10センチほどのところに持ってくるのです。

それを手で顔から離したり近づけたりするだけです。

注意点としては、このときに、500円玉の数字が大きく書かれているところだけを見つめるということです。

中央の「500」というところに目の焦点を合わせることにより、離れたり近づいたりするものに焦点を合わせるために、毛様体筋が活動することになります。

よって、かなりの運動効果が得られます。

老眼予防、毛様体筋を鍛える方法:老眼治療・老眼を諦めていませんか?

とにかく、老眼鏡なしで、受付業務やメモ書きができますように……(願)

追記:

サプリメントとしては、コンドロイチンやビタミンAが良いそうです。

食べ物としては、やはり、ブルーベリーですね。


2011-02-01 日本社会は歪んで来てませんか?

今回、プログラマから警備員として就職できたわけですが…。

警備の訓練校同期生や入社の同期達や職場の先輩達の経歴をみると凄い人ばかりです。



まさに、一昔は超エリート達です。

こんな凄い人達が、年収250万前後の警備業に流れてこなくてはいけない日本社会…。

日本社会は歪んで来てませんか?


私が思うには、1997年にあった消費税5%を実行した橋本〜小泉・竹中〜菅とつづく緊縮財政が原因だと思います。

現在、自殺者の3万人を超えが1998年から12年間続いています。

現在、平均給与の減少が1998年から12年間続いています。

2010-09-20 - 燈明日記

まぁとにかく、警備業に流れて来たからには、警備業を極めるしかないですね。

逆に言うと、警備業に就職できたことが、この大不況の中、すごく幸せなことなのですね!