ChaichanPapa-World !

燈明日記(2010/12

◆ インデックス

◆ 2010年12月

2010-12-31 今年一年、ありがとうございました!

今年、本ブログにアクセスして頂いた皆さま、ありがとうございました!

来年もよろしくお願いいたします。


来年は、警備員として第二の人生がスタートします。

それに伴い、本ブログもプログラマ系から警備員系に変更になって参ります。

警備員系でも、プログラマ系同様にネタ満載の業種ですので、お楽しみに!


そういえば、大きなページランク変更がここ2年連続、大晦日にありました。

今回は、15時ですが、まだ、無いようですね。


あと、年末ジャンボの当選発表がありました。

ネットでは、以下が一番早いアップですね。

2010-12-28 某会社へ正式入社決定!

入社した会社の事務所が、日本の首都である某東京駅の目の前で、高層ビル全部……。

もしかしたら、一流企業かもしれない…なんて、結構すごい会社に入社できたようです。


とりあえず、ここで、1月中から新任教育を受けてから現場に配置されます。

担当者の方々も同期の方々も人柄がよさそうな人ばかりで、安心しました。

なんか、不安が消滅し、うきうきした気分になりましたよ!


たしか、施設警備2級を持っていれば、新任教育は免除だったような気がしますが、同期の方々との交流もしたいので、そのまま受けさせてもらう予定です。

ということで、私の第二の人生は、スムーズに動き始めました。


『神様は乗り越えられる試練しか与えない』と昨日のテレビドラマJINでも云ってましたね。

これから先の第二の人生のどんな試練でも、乗り越えて行けそうな気がしてきました!(躁かな)

2010-12-27 自衛消防技術試験(平成22年12月7日)

自衛消防技術試験(平成22年12月7日)に合格しました!

とりあえず、見知らぬ後輩のために、無難な感じでメモしときます。


午前中の問題は、法令以外は、大したことはなかったです。

法令の5問は、結構、悩みました。

法令は、5問中3問出来ないと、コレだけで不合格になりますし…。

しかし、3週間たった今、問題の内容は、すっかり忘れてしまいました。すみません。

たしか、「喫煙の場所」の問題があり、答えは「ホテルの客室」なのですが、当たり前すぎて凄く悩んだこと覚えています。


午後の問題は、よく覚えています。

集団実技の問題は、以下の3つでした。

集団実技では、今回は、「垂直式救助袋」が出ましたが、「斜降式」と「緩降機」は3つセットで覚えておかないといけませんよ!


個別実技は、以下の2つでした。

個別実技は、超簡単だったのですが、やはり、上がってしまうとミスしてしまいます。

なめては、いけませんね。

2010-12-26 なんか気分が滅入っている

就職が決まって、さーこれからって時なのに、なんか気分が滅入っています。

訓練校での3カ月の疲れが出たのか、卒業式の別れとか、新たな就職先への不安とかが重なったためとか…。


いや、違った!

ここ3カ月間サボっていた、家の片付けが沢山たまっていることが、一番かも知れません。

とにかく、生きて行く為には、次から次へと訪れる苦労を乗り越えないといけませんね。


あぁ、いつになったら、楽になれるのでしょうか……。

すみません。ちょっと、ネガティブな日記になってしまいました。


また、家内にやる気スイッチを入れてもらわないと…(ピンタとかで)。

バッシ!家の片付け開始です!


追記:

そうそう、はてなの「今週のお題」が「2010年私の漢字一文字」なので、とりあえず参戦します。


2010年私の漢字一文字は、『』です!


6月にリストラにあい、後半6ヶ月は、就職活動・訓練校入学・資格試験勉強…と苦難の連続でした。

そして、今は就職が決まって、来年からの新たな仕事に期待と不安が一杯です。

いつまで、『苦』がつづくんや〜、人生皆苦…苦の先に幸福があるとを信じたい。

2010-12-25 さらば…39期生

昨日、訓練校で施設警備科の卒業式がありました。

式自体は、出来合いの式次第・造花・汎用的な校長の祝辞等…訓練校では、ごく普通の卒業式でした。


しかし、10月から約3カ月間の訓練&勉強は、すごく大変で…こちらは私の人生において普通ではなかったです。

ここで感謝の意を込めて、訓練校で出会った39期生と講師の先生方を紹介したいと思います。


39期生は、全員が施設警備2級と自衛消防の資格試験に合格し、ほぼ全員が皆勤賞でした。

本当にみなさん、勉強家で、まじめで、人柄もよい人達でした。

また、講師の先生方も素晴らしい方々で、本当にこの訓練校に入学できてラッキーでした。


ではまずは、39期生(出席番号順)の皆さんです。

  1. 踊り子さん
    39期生では一番若く、私の講師への質問の答えに納得がいかず、再度別の講師に聞いていただいて、私も納得できました。ありがとうございました。
  2. 隊長さん
    まさに39期生の全員が慕う隊長さんです。60代にも関わらずITを操り、デジカメで沢山の写真を残してくれました。また、みんなを和ませたオヤジギャク炸裂など、本当にありがとうございました。
  3. チャー坊さん
    気遣いがすごい人で、いろいろと助けられました。帰りも途中まで一緒なので、一番仲良しになれました。ありがとうございました。
  4. 私です。
  5. イッチャンさん
    たぶん最年長で一番の勉強家屋さんです。お年なのに夜遅くまで勉強をしていると聞いて、すごいなと思うとともに私も勉強しなきゃと思った次第です。ありがとうございました。
  6. ケンチャンさん
    事実上の参謀長。ものごとの分析がすごく、私もよく練習を見ていただき、いろいろとご指摘をいただき、本当に感謝です。ありがとうございました。
  7. 四番打者さん
    迫力満点な実技とは対照的な気の小さなやさしさをもち、そのコントラストが逆に人間味があり大好きでした。ありがとうございました。
  8. トクチャンさん
    事実上の背中リーダー。本ブログではおなじみのNさんです。一番早く訓練校に来て朝レンで、39期生全員を背中でひっぱて頂きました。ありがとうございました。
  9. コッパさん
    事実上の切り込み隊長。練習では、みんながためらっていると、いつもはじめに手をあげて『私がやります』と切り込んでくれて、また最多質問者でもあり、本当に助かりました。ありがとうございました。
  10. ター坊さん
    物識りで、器用で、学校に来る以外は、なんでも速く、いつもやさしいく思い切りのいい人でした。ありがとうございました。

つぎは、講師の方々です。


ということで、39期生のみんなと講師の先生方、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

これから、警備員をして第二の人生を歩んでいくわけですが、私の背後にはこのような素晴らしい人たちが控えているのです。

がんばります。なにかあったときは、ヘルプしますので、よろしくお願いしますね!

2010-12-23 再度、苦労は幸せのもと

明日、訓練校で施設警備科の卒業式があります。

施設警備科では、10月1日に入学してから、以下の2つの資格取得のための苦労の連続でした。

この年(55歳)になって、こんなに勉強するとは思ってもみませんでした。

また、豪雨で全身びしょ濡れになりながら、通った某訓練校…。

靴の中がぐしょぐしょで、パンツの中までもびしょびしょになりましたが、今では良い思い出になっています。


そして、これらの苦労のお陰さまで、運勢が良い流れになり、良い会社へ入社できたような気がします。

来年から本物の警備員になるわけですが、55歳の新人なので、まだまだ沢山の苦労が待っているのだと思います。


苦労は幸せのもと…ということなので、ますます幸せになれますね。来年は!

来年一年間は、警備修行の一年になりそうです。


ということで、以下は前回書いた「苦労は幸せのもと」です。

人生、土砂降りのときもありますが、苦労が大きい分、大きな幸せが返ってくるとものだと思います。

2010-12-21 就職と自衛消防資格ゲットの日

今日は、自衛消防技術試験の合格発表と入社に必要な健康診断の結果が分かる日でした。


自衛消防技術試験の合格発表は、9時30分ごろネットで公開されました。

我が訓練校39期生は、全員合格致しました。ヤッター!!


これで、難関な施設警備2級と自衛消防技術の2冠を手に入れました。

あと、難関でない上級救命資格も取得でき、合わせて3つの資格を訓練校でゲットできました。


また、訓練校から帰ってきて、某診療所にいって、健康診断の結果をもらいました。

こちらも、『問題なし』とのことで、事実上、就職が決まりました。ヤッター!!


若い人ですら就職できない今の大不況の中、55歳の私が就職できたことは、本当に有難いことです。

神様、仏様、奥様、婆様、講師の先生方、そして39期生みんな、ベリーベリーありがとう!!


特に、毎日朝早くからお弁当を作ってくれた家内と毎日仏様にお祈りをしてくれていたお祖母さんには、感謝しても、感謝しても、しきれない感じです。

ということで、私の人生は、急展開を迎えてます!

2010-12-20 警備員と仏教徒

『稼げる警備員になるには』というブログに、以下のような警備員像が描かれていました。

困っている人に手を差し伸べ、自分に関わりのある人が笑顔でいられる様に尽くしていますか?

自分に関わる全ての人が安心して過ごせる様に、困っている事を解消する手助けが出来る様にという思いで、日々、警備業務を行えば、周囲の見方は必ず変わるのです。

http://keibiinn.seesaa.net/article/174031447.html

コレ、上記の『警備業務』のところを『精進』に置き換えれば、そのまま仏教徒の修行と同じですね!

ゆえに、警備員を極めると云うことは、仏教を極めた人格完成(成仏)と同じなのかもしれません。


ということで、警備員を極めることが楽しみになってきましたよ!


尚、仏教に関しては、以下のコンテンツがあります。

2010-12-19 駄文:偶然はそうそう起こらない…

訓練校に通うようになった10月始め、訓練校の前の自動販売機でポカリスエットを買うのが常でした。

その自動販売機は、デジタル表示で7が3つ揃うと、もう一本無料になるヤツでした。


はじめはそんなこと知らず、はじめてポカリスエットを買うと自動販売機でブザー音がするので、なにげにもう一回適当なボタンを押したら、コーラーが出てきました!

そう、たまたま7が3つ揃ったのでした。その日から2ヶ月以上登校の朝に買っていますが、全く当たりません。偶然はそうそう起こらないですね。


あと、通学は家からバスで武蔵境駅に出て、中央線で新宿駅へ、新宿駅から山手線で品川駅へ、京急品川駅から大鳥居駅まで行きます。

つまり、電車を3つ乗るわけです。そして朝は混んでいるので、全く座席に坐れませんが、たまに坐れても3つのうち1つです。

しかし、この間、運がよく、3つとも坐れたのです。こちらも訓練校に通うようになって初めてでした。偶然はそうそう起こらないです。


実は、今回、訓練校に通うようになったこと自体、ものすごい偶然だったような気がします。

このことで、30年間のプログラマ生活から、警備員へ……。

まさに、人生のターニングポイントとは、このことですね。

そうそう起こらない偶然に、遭遇出来たことは、まだ、運が尽きていなかったのですね。すべてのものに感謝します。

2010-12-18 警備について些細に思っていること、いろいろ

お陰様で、某建築系サービス会社の警備部門に入社が決まりそうな今の私です(パチパチ)。

今日は入社に必要な健康診断に行ってきました。結果は、21日の午後ということでした。


21日と言えば、自衛消防技術試験の合格発表の日でもありますね。

両方の結果が『○』だったら、今の私の運勢は絶好調ですね。今のところ良い流れできています!


しかし、施設警備2級合格後の申請書類を揃えるのも大変だったけど、警備部門へ入社後に提出する書類は、もっと大変ですね。

普通の健康診断書やアルコール中毒や麻薬中毒でない証明診断書はもちろん、法務局でもらう書類、市役所でもらう書類等……。


集める書類だけでなく、書く書類も本当に沢山ありますね(ToT)。

まぁ、それだけ、警備員の仕事は、社会的責任が重いということなのでしょう……。


話は変わって、私の行っている訓練校は施設警備科で、交通警備科ではありません。

しかし、現場では交通誘導が必要なことが想定されるので、少し、交通誘導についても実習をしてもらいました。


交通誘導の基本は、やはり基本動作で、その前に基本動作のおさらいをしました。

生徒の皆さんは全員、施設警備2級合格者ということで、面白いぐらいにビシッと基本動作が揃っていて、やっていて凄く気持ちが良かったです。


基本動作は、本人でなく号令をかける人の気合いの度合いに比例して、全体が美しくなるということを教わり、また実感しました。

いや、人間って、気合いでピシッとするんです。号令の掛け方(気合いの入り方)一つで、全体の統制が全然違いますよ!


また、交通誘導に関して警備員は、警察官と違い、一般人と全く同じで、なんの権限もありません。

なので、信号が青の時は、お願いして車に止まってもらい、赤の時は、車を走らせてはいけません。


つまり、信号が青の時は、お願いを無視されても、なにも強制することができないのです。

また、赤の時に車を走らせたら、法律違反になってしまうのです。


あと、炎天下の日も雨の日も風の日も雪の日も腕を振り上げて交通誘導をする体力と精神力は、凄く大変な仕事だと感じました。

交通誘導の警備員さん達、本当にご苦労様です。


ということで、警備について些細に思っていることつらつら書きました。

では、また!

2010-12-15 近況と法人税減税パート2

昨日言っていた2次面接は、いい感じで終わり、これから行う健康診断の結果がよければ、はれて入社出来そうです!

なんか、訓練校入学から各種資格(上級救命・施設2級・自衛消防)取得…と、いい流れで、就職も決まりそうで、神様はいますね!

この流れで、ちょっと欲を出して、年末ジャンボを買ってしまいました(^^;

まぁ、とにかくいろいろ支えてくれた家族と同期生に感謝・感謝・感謝です!!


で、昨日言っていた法人税減税なのですが、以下とのことでした。

日本の法人企業の70%は赤字になっており、法人税を支払っていません。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10737404379.html

これじゃ、ほとんど景気対策になりませんね。

儲かっている企業だけが益々儲かるだけです。

それで、減税分を国債発行や消費税増税で賄うとなると、デフレ脱却どころか、益々デフレになりますね!

いや、民主党の仮免許で経済オンチには、推して知るべしだな……

2010-12-14 近況と法人税減税

近況を書こうとしたら、法人税減税のニュースが飛び込んできました。

私は、法人税減税には大賛成です。


ただ、その減税分が企業の内部保留へ貯蓄されては意味はないですね。

その減税分は、雇用促進や社員還元へ回り、景気回復の呼び水にならなければなりません。


好景気になれば、減税分を超える増税になる「最良のシナリオ」もあるのです。

しかし、減税分が役員(セレブ)の懐に入り、その分を庶民(ボンビ)が消費税増税で賄うという「最悪のシナリオ」がありますが…。

そうならないように、我々国民が監視していきましょう!


で、近況ですが、明日、某ビルサービス会社(警備部門)の2次面接があります。

1次面接は、いい感じに終わりました。

今の調子(流れ)では、入社できる雰囲気ですよ!(やったー!)


ということで、明日、2次面接に望みます。

キビキビとした基本動作と程好い気合を意識して、就職に向けて頑張ります!

2010-12-12 明日、面接!

明日、警備系では、始めての面接があります。

会社は、警備会社というよりは、某建設会社の警備部門があるグループ会社です。

なので、警備オンリーでなく、他のビル設備サービスと一体になっていて、なにかといい感じです。


で、面接ですが、最低でも以下の2つは聞かれるのかなと思います。

  1. なぜ、この会社を選びましたか?
  2. なぜ、警備員を選びましたか?

なぜ、この会社を選びましたか?

この会社の社員である訓練校の先輩の会社説明を聞いたときに、警備に対する志やモチベーションの高さにも共感がもてたこと。

この先輩が勧める会社なら、第二の人生をかけるには、ふさわしいと思いました。


なぜ、警備員を選びましたか?

当初、前職のプログラマと違って、高年齢まで働けることと思っていましたが…。

しかし、それだけでなく、警備の仕事は人命や財産を守る極めて責任が重い仕事で、体力はもちろん知力も必要な働きがいのある仕事だと訓練校で認識しました。


と、こんな感じで乗り気ってみますね。

2010-12-11 防衛省見学とその他

昨日は、訓練校のメニューの一環で、防衛省や国立印刷局博物館等を見学してきました。


防衛省には、JR市ヶ谷駅から5分ぐらいで正門に着きました。

正門には6〜7人の大勢の警備員さんが働いていて、さすが防衛省だなと思ったら、そこに混じって、マネキンが立っているではありませんか…

よくみると、マネキンではなく、自衛隊員の立哨でした。

全く微動だにしない立哨には、警備員の立哨とレベルが違うなと…感服しました。


その日の見学は、8月にあった見学のテレビ放映の影響で、約100名ぐらい居ました。

見学開始すぐ、たまたま、自衛隊員さんの基本動作の練習を見ることができました。

これも、警備員の基本動作とレベルが違うなと…感服しました。

建物の見学自体は、普通でしたが、案内係りの自衛隊員さんの国を憂いる熱意のある説明は、心に響きました。



その後、国立印刷局博物館に行きました。

国立印刷局博物館は、事業仕分けで、来年には無くなってしまうとのことでした。

皮肉なことに、第一回目の事業仕分けが、ここで行われたとのことでした。

ここの警備員さんも食堂の店員さんも来年は失業してしまうとのことで、悩まれていました。

民主党は、雇用第一と言いながら、失業者を増やしてどうするの…と思った次第です。


まぁ、今の日本は無駄な事業で、沢山の人が生活費を捻出しているシステムなのに、単純に無駄を削っちゃまずいでしょう!

益々、不況になってしまいます。

事業仕分けと平行して、無駄でない事業を起こし、無駄な事業から徐々に移行させていかないと駄目だと思います。

いや、その前にやらなくていいこと(事業仕分け)をやり、やるべきことをなにもできない民主党では、日本は益々不幸になってしまいますね。


ということで、最後は愚痴になってしまいました。ではまた!

2010-12-09 よかった探しリース2010

今年も参加させて頂きます!

2002年から9年連続参加しています。

本コンテンツは、結城浩先生のページで毎年行われている企画『よかった探しリース』に参加しています。


◆よかった探し

とにかく、今年の「よかった探し」は、訓練校に入学でき、警備系の資格取得ができ、良い仲間に巡り会えたことに尽きますね。

とにかく、厳しい各資格試験を共に乗り切った、まさに同じ釜の飯を食った仲間達、39期生との出会いです。


尚、55歳でプログラマでの再就職は無理でした。

第一の人生は、プログラマで、大変おもしろかったのですが、やはり、もう55歳ではプログラマ系では老害ですね。

第二の人生は、警備員を選びました。施設警備員だと70歳ぐらいまで働けますよ。

施設警備員として、心技体を、まだまだバージョンアップしていく予定です!


2010-12-08 さぁー、就活だーっ!!

職業訓練校もあと約2週間、『自衛消防』と『施設警備2級』の2大タイトルも多分奪取したし、あとは就活がメインです。

そもそも、訓練校は、資格奪取はサブメインで、就職がメインです。

やっと、メインに入れたのですね。サブメインは本当にハードな勉強の日々でした。


今日、訓練校の先輩に警備業界のお話しをいろいろと聞きしました。

また、先輩が勤務している施設の見学にも行ってきました。

先輩の会社は、ビル設備とビル警備がペアになっていて、単独の警備会社より良い感じでした。

また、先輩の警備に対する志やモチベーションの高さにも共感がもてました。


ということで、就活スタートです!

良い訓練校・良い講師・良い39期生の良い波の延長で、良い先輩の会社へとか…

良い縁を信じたい…縁と言えば今日は12月8日で、お釈迦様がお悟りを啓いた成道会だったね!

2010-12-07 肩の荷が2つ下りた!

今日、秋葉原で自衛消防試験を受けてきました。


午前中の問題は、法令5問中3問に自信がなく、3問間違えるとコレだけで不合格になるで、悩みに悩みましたが、テスト後、訓練校の仲間と確認した結果、たぶん全部合っていたようでした。


午後の集団実技筆記問題は、80%以上の出来だと思います。

で、次の個別実技は、大きなミスをしてしまいました。

このミスが、40点以上だと不合格になってしまいますが、たぶん、40点まではいかないと思うので、合格した可能性は十分ある思います。

しかし、合格発表は21日なので、このミスを思うとそれまで、気が揉みますね。


受験番号が若かったので、個別実技が早く終わり、家に3時半ごろ着き、時間があったので、某警察署へ施設警備2級合格の申請に行きました。

申請料のお金を持っていくのを忘れ、長男に出動してもらい、なんとか手続きを終えることができました。


ということで、自衛消防と施設警備2級の資格の2つの肩の荷がやっと下りました。


おなじみのNさんをはじめ、本ブログを読んでいただいている訓練校のKNさん、KWさん、Tさん、他の39期生のみなさん、本当にお疲れ様でした!!!

たぶん、私以外は、みなさん自衛消防試験合格確実ですね。

私は微妙です。合格発表まで気が抜けません。

まぁ、午前中の筆記問題は合格したので、万が一、個別実技で落ちても、再度、午後の試験だけ受け直しできるので、少し気が楽です。


追記1:

実は少し不思議なことがありました。

集団実技筆記問題で『支持枠』という単語がどうしても思い出せなくて、テスト時間もわずかで、あきらめようとした時に、あたまの中に『支持枠』という文字が浮かんだのです。

ちょうどその頃、家と実家では、家内と家内の母が、私のことをテストに受かるように念じて祈ってくれていたのです!

この2人の応援のお蔭様で、『支持枠』を思い出せたのかもしれません。

ふだんから、この2人は、本当に感謝感謝です。

しかし、個別実技の時も、祈っていてくれていたら、合格確実だったのになぁ……(^^;


追記2:

なんか、燃え尽きました…。スイッチ・オフです。

この2ヶ月間の頑張りは、私の人生始まって以来ことでした。

人間、追い詰められると頑張れるものですね。

良い仲間、良い講師にも恵まれました。感謝、感謝です。

また、スイッチが入るまで、時間が掛かりそうです。

2010-12-05 選任義務と配置人員

今、自衛消防技術試験の勉強しています。

以下は、間違っているかもしれませんが、とりあえず、メモしときます。


防火管理技術者と自衛消防活動中核要員は、各々、選任義務と配置人員で条件が異なるのです。

これ、常識では考えられません。(なので私の認識が間違っているのかも?)


◆防火管理技術者の選任義務は以下の通り。

しかし、防火管理技術者の配置人員は、映画館、ホテル、病院、事務所ビルに関係無しに、防火対象物の延べ面積が100,000平方メートル毎に1人なのです。


◆自衛消防活動中核要員の選任義務は以下の通り。

しかし、自衛消防活動中核要員の配置人員は以下の通りなのです。


そう、選任義務と配置人員で条件が異なるのです。

これって、ありですか?

まぁ、消防法でこのように決まっているので、覚えるしかないですね…。


2010-12-05 「木材、石炭」と「木炭」では、燃焼区分が違う!

またまた、自衛消防技術試験勉強の息抜きにブログ更新します。


石炭と木炭の違いとか、「木材、石炭」と「木炭」がなんで燃焼区分が違うのかな…なんて疑問に思いませんか?(ね、Nさん!)


「木材、石炭」と「木炭」では、以下のように燃焼区分がちがうのです。

分解燃焼は、可燃物が過熱により「熱分解」し発生する可燃性ガスが先に燃焼する事。

表面燃焼は、蒸発も分解もしないで固体のまま固体表面で燃焼する事。

  • コークス・・・石炭を空気のない状況であぶり焼きにしたもの。
  • 木炭・・・木材を空気のない状況であぶり焼にしたもの。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/970937.html

つまり、木炭とコークスはすでに可燃性ガスが抜かれたものなので、表面燃焼なのですね。

ちなみに、石炭と木炭の違いは

木炭は木材を無酸素加熱したものですが

石炭は鉱物で、生物が地中で変性した言わば化石です.

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427119184

とのことです。


とにかく今は、ブログ更新などしている暇などないはず、勉強!勉強!


2010-12-05 地区音響一時停止解除について

昨日に続き、自衛消防技術試験勉強の息抜きにブログ更新します。


まず、火災感知器の作動や消火栓のボタンが押されると、防災センターへ通知されます。

通知されると、防災センター内と現場で通知音が鳴ります。

防災センターでは、まず、センター内での通知音(主音響)を消します。


次に、現場確認を行った結果を防災センターから現場周辺へ非常放送するために、現場の通知音(地区音響)を一時停止させます。

その後、火災や非火災の処置を行い、処置が終わったら各種の機器を復旧させます。

そして、最後に本題の地区音響一時停止解除をして一連の作業が完了となるのです。


で、自衛消防技術試験の個別テストのパターンでは、「地区音響一時停止解除」があったりなかったりするのです。

テスト主眼の関係だと思うのですが、あの緊張感の中でテストする受験者には混乱し易く、統一して欲しいものです。

たぶん、Nさんも同感ではないでしょうか…。


とりあえず、地区音響一時停止解除があるのは、以下のパターンです。


ありそうでないのが、以下のパターンです。


解除でなく地区音響一時停止のパターン。


惑わされないように、Nさん、39期生のみなさん、あと2日、頑張りましょう!

2010-12-04 四方結びと固結び

ちょと、自衛消防技術試験勉強の息抜きにブログ更新します。


自衛消防技術試験の午後の試験での個別実技で、三角巾のテストが出題されることがあるようです。

そして、三角巾を包帯のような形に畳んで、傷口のある腕などに包帯のように巻きつけてから縛るとき、四方結びにすると解くときは簡単に解けます。


この「四方結び」は、よく知られている「固結び」とほぼ同じなのですが、二回目の結ぶ交差が逆になるのです。

「固結び」は、一回目を交差して結び、二回目も同じように交差して結びます。

「四方結び」は、一回目を交差して結び、二回目は、先ほどと逆に交差して結びます。


この「逆に交差」するかしないかで、すぐ解けるか解けないかが決まるのですね(まさに天国と地獄)。

しかし、個別実技などの緊張感のある場面では、「逆に交差」するかしないかを瞬時に判断するのは至難のことなのです。


なので結局、個別実技では「蝶々結び」でよいと、講師の先生が言っていました(Nさん、よかったね)。

2010-12-02 自衛消防技術試験の個別実技テスト

自衛消防技術試験の午前中の筆記テストで60点以上を取ると、午後の実技テストを受けることができます。

午後の実技テストは、集団実技記述テストと個別実技テストの2つがあります。


集団実技記述テストは、消防技術に関する操作手順等を15分で3問記述します。

で、問題なのが、個別実技テストです。


個別実技テストは、モニタ画面に問題が表示されて、それを黙読して、それに従った消防関連実技を実演します。

問題は大体40パターンぐらいあり、そのうち3〜5問ぐらい(受験者数による)を各々約1分前後で実技します。


で、私の今の状態は、以下の感じです。

模擬試験場でモニタ画面の問題を読んでも、緊張のせいか、問題が頭に沁みこんできません。

また、なんとか頑張って、沁みこんできても、40パターンのどれかとリンクしないのです。

ですので、今の状態で本番試験場にいってたら、たぶん、ぼろぼろで不合格確実ですね。


ということで、ブログなど書いている暇などなく、個別実技テストの特訓を今からします。

では、また!

2010-12-01 自衛消防技術試験勉強が佳境

今、自衛消防技術試験の勉強が佳境です。

12月7日に秋葉原駅近くの消防署で自衛消防技術試験の受検をします。


やっと、午前中の筆記テストの模擬で、合格点を取れるレベルになってきました。

あとは、午後の集団実技記述テストの対応勉強と個別実技テストの実技練習を短期集中特訓します!

なんたって、あと6日なので…。


午前中の筆記テストは、4択なのですが、化学、物理、電気工学、消防法、建基法、etcで出題範囲が広くて、めちゃくちゃ勉強が大変なのです。

しかし、合格点を取れるレベルになると、模擬テストが楽しみになりますね(^^;


集団実技記述テストは、15分で3問の記述式の試験です。

内容は、緩降機や斜降式救助袋等の操作手順を記述する問題等が出題されます。

とにかく、午前の選択問題と違って、手順を記述できるレベルに覚えないといけないわけです。めちゃくちゃ勉強が大変なのです。


個別実技テストは、消火栓や自動火災報知設備、非常放送設備等に関しての出題に従って、実際にそれらを操作します。

これ、頭では分かっているけど、試験官の前で実際に操作すると、あたふたぼろぼろ状態になって沈没します。


しかし、あと、6日間で合格するレベルまでなんとかもっていきますね。気合だーっ!(ねっ、Nさん!)