ChaichanPapa-World !

燈明日記(2010/10

◆ インデックス

◆ 2010年10月

2010-10-29 近況(合格点がとれない)

えーと、施設警備2級の筆記試験は、合格点が90点以上です。

今まで模擬テストを4回行いましたが、まぐれで一回95点がありましたが、後の3回は85点でした。

模擬テストでは常に100点がとれないと、本番テストでは心細いですね。

85点だと3問が間違っているわけですが、そのうち、1問は本当にわからず、2問はケアレスミスです。

で、このケアレスミスは、試験の後によく読めばわかるのに、なぜか間違えてしまうのです。

つまり、試験中の緊張で、分からなくなってしまうようなのです。

ということで、沢山の練習問題を愚直に解答して、実力アップしていくしかないですね!


一方、実技の方は、仲間同士で練習して、日増しに完成度が上がっていくのがわかり、楽しいですね。

しかし、こちらも、本番では90点以上なので、完璧の実技が必要で、かなり難しいです。


ということで、1に勉強、2に勉強、3に勉強の日々を送っています!

ではまた来週!


しかし、90点(合格)と85点(不合格)では、天国と地獄ですね。この壁は厚い高い手強い…。

2010-10-23 近況(施設警備2級の勉強)

施設警備2級の勉強が忙しく、ブログ更新が滞っています。


施設警備2級は、筆記試験と実技試験の2つあり、おのおの90点以上が必要です。

つまり、ケアレスミスは許されず、両方がほぼ完璧にできないと、合格ができないのです。


ということで、これから施設警備2級対応に全力を尽くしますので、本ブログの更新は12月まで少なくなる予定です。


筆記試験は、20問中18問以上できないとなりません。

実技試験は、以下の6種目があり、トータルで90点以上できないとなりません。

  1. 出入管理
  2. 負傷者搬送
  3. 自火報発報
  4. 警戒杖
  5. 巡回チェック
  6. 不審者チェック

ということで、訓練校から疲れて帰ってきて、自分に鞭打って3〜4時間自習をして、睡眠に落ちる毎日です。

今の実力は、60〜70点ぐらいの出来かな、試験まで90点以上までもっていかないと!

では、また!

2010-10-15 プログラマと警備員

24歳から55歳の31年間、プログラマとしてやってきました。

で、今年6月でリストラされましたが、またすぐ、プログラマとして就職できるものだと思っていました。


しかし、ハローワークやインターネットで就活をしましたが、書類審査が通りません。面接まで行きません。

今の社会は、55歳でのプログラマでは、受け入れてくれないようなのです。


まぁ、プログラマ35歳定年説から20年もたっているので、当然なのかもしれてません。

また、正直に言うと、55歳でプログラミングするのも億劫になっていたのも事実です。


そんな中、ハローワークでたまたま見つけた高齢者用の訓練校で施設警備の講座を知り受験しました。

運良く合格して、今毎日元気よく、訓練校へ通って施設警備2級の受験勉強をしています。


プログラマとしては、さすがに70歳過ぎまでは働けませんが、その歳でも施設警備では大丈夫なのです。

また、難関な施設警備2級の資格を取得すれば、警備業界では、将来すごく有望とのことでした。


警備員は、体力はもちろん、状態を瞬時に判断してその文言を作成し報告する凄い知的能力が必要なのです。

つまり、55歳から70歳過ぎまで、体力と知力を向上させることができるのですよ!


ということで、今のところ、すごく運がいい方向に向いて来たと…感じています。

尚、50歳前後のプログラマの方で、転職を考えている人には、施設警備はめちゃくちゃおすすめですよ!

2010-10-13 上級救命講習合格!!(AEDの意外な事実)

今日は、訓練校のひとつのキャリキュラムである、上級救命の講習を某消防署で受けてきました。

そして、講習最後のテストで運良く満点合格もできました!!


講習のメインは、AEDの使い方でした。

ここで、AEDに関して、一般の人が多分勘違いしているだろうの、目からうろこの事実がありました。


それは、AEDは、止まった心臓を動かすではなく、実は真逆で、心臓を止めるものだったのです!!

AEDは、正常の心臓と止まった心臓では、動作しないのです。


意識のない人に対して、正常の心臓と止まった心臓以外の「心室細動」や「無脈性心室頻拍」のときに、AEDが動作可能になり、AEDで心臓を止め、そして、心臓マッサージである「胸骨圧迫」で正常の心臓にするのです。

したがって、胸骨圧迫が伴わない、AEDのみ処置は、心臓を止めるだけなのです(殺人か!)

なので、AEDの後は、かならず、胸骨圧迫をしないとならないのですよ!


尚、医療系のテレビドラマなので、心臓がとまった後、電気ショックをしていますが、上記でのAEDと同じように、実際はそのようなことは、しないとのことでした。


ということで、後は、施設警備2級と自衛消防技術試験の合格を目指して、がんばるぞ!

2010-10-12 中国と日本での情報操作

先日中国では、ノーベル平和賞受賞の劉暁波氏がテレビに放映されそうになると、画面が真っ黒になることがありました。

これは、当然中国当局が情報操作をしたわけですが、都合が悪いことを実力行使で隠すとは、本当に恐ろしい国ですね。


しかし、中国のことを非難できません。

日本でも、先日尖閣問題で強行な中国に対して2600人規模のデモが渋谷でありましたが、日本のテレビでは、まったく報道されませんでした。

また、例の海保が撮った証拠ビデオも公開しない方向で動いているとのことです。


真実を隠して国益を守ろうとすることに本当に意味があるのでしょうか…。


しかし今回、中国に対して弱腰外交をした日本と強腰外交をしたノルウェーですが、どちらも、民主的でない中国をあぶりだしました。

いつになったら、中国も民主的な国になりますかね。最近は北朝鮮の方が民主的になってきたとか…。


しかし、これだけインターネットが普及した今、逆効果になる情報操作をしようとする菅政権って頭悪いですね!

2010-10-11 ゼロ金利政策

10月5日、日銀が「包括的な金融緩和政策」を決定しました。

内容は以下の3つです。

  1. 「ゼロ金利」
  2. 「1%程度のインフレターゲット(消費者物価の上昇率が1%程度となるまで継続すること)」
  3. 「資産買い入れを国債のみならず、CP、社債、ETF、REITなどにまで拡大、規模は5兆円程度」

ゼロ金利政策は、経済弱者には有利ですが、年金者にとっては不利ですね。

しかし、ゼロ金利政策で景気がよくなれば、年金者にとっても良くなりますね。

ということで、今回のゼロ金利政策は、大変よいことだと思います。

これで、デフレ脱却ができれば、今度は景気回復ですね。


とにかく、今回の日銀からの市場資金供給分が『1に雇用、2に雇用、3に雇用』で内需拡大にまわれば、デフレ脱却&景気回復し、円高、雇用、年金等の問題は無くなりますね。

早ければ、半年後ぐらいから効果を実感できるかもしれません。

もうしばらくの辛抱ですね!


あとは、政府が大胆な公共事業をおこなって、今回の資金が内需に向い、金、石油、希少資源、穀物等の投資や新興国の不動産や株式に化けないことを祈るだけです。

2010-10-10 警備系のブログとサイト

警備系で、おもしろそうなブログと役立つサイトをみつけましたのでリンクしときます。

探せば、結構、警備さんのブログもあるものですね!


ブログ

サイト

2010-10-09 施設警備の実習

施設警備の訓練校に入校して一週間が経ちました。

業務知識の講義はもちろん、実習も始まりました。

実習は、とりあえず以下を行いました。

基本動作は、以下のとおりです。

で、号令を掛けられたときに、『右』か『左』か『まわれ』かを注意深く神経を使い聴きます。

でないと、一人だけ他の警備員と全く違う方向を向いてしまうのです。

たとえば、『まわれー右』を『右向けー右』だと勘違いしてしまうと、基準位置(最右側)にいる人は右を向いたときに他の警備員が視界にはいりません。

なので、一人だけ他の警備員と全く違う方向を向いてしまうのです。まさにコレを経験しました(^^;


集合と行進の訓練は、リーダーが基準位置の警備員名を指定して、列数と縦隊or横隊を号令します。

そのとき、列数の『数』と縦隊or横隊の『縦か横』を注意深く聴きます。

また、整列してから番号を号令しますが、整列が欠けずにできた場合は『満』といい、欠けた場合は欠けた数を『2欠』(2の場合)と号令します。

はじめ『けつ』の意味がわからず、たまたま、前回と前々回が『2けつ』だったので『1けつ』なのに『2けつ』といって、笑い者になってしまいました。


警戒じょうの訓練は、生まれてはじめて剣道みたいなまねをしました。

さまになるまでには、時間がかかりそうです。なんたって、はじめて『杖(じょう)』を振り回したのですから・・・。


負傷者の搬送の訓練は、以下のセリフが必要です。

  1. 『実施します』
  2. 『大丈夫ですか』
  3. 『安全な場所へ搬送しますので、肩につかまってください』
  4. 『搬送しました』
  5. 『意識なし』
  6. 『呼吸よし』
  7. 『搬送準備よし』
  8. 『終了しました』

比較的長いセリフは、3ですが、緊張していると、これがまともに言えません。

あと、『搬送しました』のところを『終了しました』と言ってみたり・・・。


とまぁ、こんな感じで、訓練を行っています。

とにかく、警備業界は高齢者でも70歳過ぎまで働けて、資格を取得していけば、将来有望な仕事なのですね!これが!

2010-10-06 施設警備の仕事をするための潜在能力

昨日、施設警備をするには、きびきびした動作が必要だというお話しをしましたが、それだけではありません。

緊急時には、状況を一瞬に把握して、的確な表現の文言を作成し、かつそれには漢字も書けないとなりません。

あと、護身用に警戒棒・警戒じょう・徒手等を使いこなせないとならないのです。


コレ、すごい能力です。

緊急時に一瞬で、事案種別・いつ・どこで・事案詳細・不審者の容姿・服装・車のナンバー等を記憶する。

つぎに、上記を的確な表現での文言を作成する。その時、ちゃんと漢字も間違えないようにする。


ということで、施設警備の仕事は、頭も体もフル回転させないとならない、大変な仕事だということがわかりました。

施設警備の仕事を極めてみたくなりました。がんばるぞ!

2010-10-05 職業訓練校3日目

1〜2日目は、入校式、ガイダンスやオリエンテーションだったのですが、今日3日目は、やっと授業を行いました。

午前中は、警備服や教科書を買ったり、現状の警備業界のお話を伺い、午後は基本動作の練習をしました。


警備での基本動作とは、『気をつけ』、『敬礼』、『休め』、『右向けー右』、『左向けー左』、『まわれー右』等…。

基本動作は、動作中に大きな声(号令)を出したり、きびきびした動作をしたりなど、めちゃくちゃ難しいですよ!

とにかく、普段の運動不足や大きな声を出したことがないので、大汗をかきました。


今回3ヵ月の訓練では、テストで90%以上の出来だと、施設警備2級の資格が取得できるようになっていて、あと2年すれば、間違いなくこの資格が警備界では必須になるとのことでした。

なので、今からこの資格を取っておく機会があった我々は、非常に幸運なことだということでした。

(現状では、この資格をもっている警備員は、あまりいないとのことです。)


いや〜、モチベーションが上がった!

しかも、ここの訓練校は、日本で唯一の施設警備の訓練科目があるとのことで、知らなかったとはいえ、よくここにこれたなと幸運に思いました。


とにかく、テストの出来が90%以上必要で、これから3ヵ月は猛勉強が必要なのです!がんばってみます!

2010-10-03 尖閣問題:アメリカ陰謀説

まったく、私の脳内妄想なのですが、今回の尖閣問題で、ある一つのシナリオが思いつきました。


まず、普天間の基地問題が切っ掛けで、アメリカ軍基地の国外退去が日本国内で盛り上がっています。

しかしもし、アメリカにとって日本の援助がなくなると、大変まずいことになるわけです。

(基地在住アメリカ人の生活を日本の税金で支えている)


今回、中国漁船が海上保安庁船に体当たりしたと報道されています。

しかしよく考えると、漁船と海保船では性能が海保船の方が全然上です。

したがって、漁船の体当たりをかわすことは、容易だったと思われるのです。

(もしかして、証拠ビデオが公開されないのは、わざと体当たりされている場面があるのかも?)


なのに、かわさず体当たりされたことは、そこにある意思が働いたのかもしれません。

ある意思とは、『尖閣領土において日本と中国に緊張状態を作れ!』…。


又は、本当に中国側から一方的に体当たりされたとしても、同じ意思が働いたとか…。

こちらの方が、真実味があるかも、その時の国土交通大臣が親米派といわれる前原氏なので…。


そうすれば、中国軍に劣る日本(自衛隊)はアメリカ軍に頼るしかなく、日本国内にアメリカ軍基地が必要だと…。

とまぁ、アメリカ陰謀説を妄想してみました!

2010-10-02 円高の日本を考えてみました

今回、円高の日本を考えてみました。

というより、内需型の日本かな…


まず、円高で日本が苦しくなるのは、外需の車やハイテクなど輸出企業の割合がまだまだ多いからですね。

なので、このような企業を内需型にシフトさせれば、為替は関係なくなりますね。


たとえば、車は、輸出の割合を少なくして、国内の車をすべてガソリン車から電気自動車にリプレイスさせればかなりの収益と雇用が確保されると思います。


こんな感じで、他の外需の輸出の割合を削って少なくして、削った分を内需拡大させて、為替の影響を少なくさせるわけです。


そうすれば、いくら円高になっても、日本が苦しくなることはありません。

また本来は、円高になればなるほど、それだけで国益が上がることですから日本の価値も上がるのです。


そう、円高になればなるほど、円の価値が上がって、世界からものを輸入することがたやすくなるのです。

ということで、輸出企業が内需型にシフトできれば、円高は国益が上がることなので、円高歓迎なのです。


とにかく、すべての車が電気自動車になれば、CO2削減やガソリン依存の問題解消ができ、また、自動車産業だけでなく、電気機器産業や電気スタンド?(ガソリンスタンド代わり)インフラにも需要と雇用が発生するのです!

2010-10-01 職業訓練校入校式

6月にリストラされてから3ヵ月、今日(10/1)、羽田空港方面にある職業訓練校の入校式に出席しました。

来週月曜日から、警備系の訓練を行います。


通学は、家から1時間45分前後掛かります。

定期代は支給されるのですが、最短ではなく最安値運賃で、私が気がつかなかったルートを指定されて、目からうろこでした。


訓練では、以下の3つの資格を採るとのことで、訓練校以外に家でも毎日3〜4時間勉強しないと厳しいとのことでした。


ということで、全く新しいことにチャレンジします。

自分の為、家族の為、55歳だけど、まだまだ頑張るしかないですね!