ChaichanPapa-World !

ちゃいちゃんパパの親バカ日記(2007年)

天神が
『何ものが、人々の依りどころであるのか、何ものが、この世で最高の友であるか』
と問うた時、
釈尊は
『子供たちが、人々の依りどころである、そして、が、最高の友である』
と答えたという。
                         『相応部・一・五四』

◆ はじめに

燈明日記での家族ネタをまとめて見ました。

ちゃいちゃんファミリーの謎を知りたい方は、どうぞ!

まずは、登場人物のご紹介。

ちゃいちゃんファミリー(2010/06/29 現在)

ちゃいちゃんパパ

私です。謎のプログラマ、作ったプログラムも謎だらけ(天然スクランブル)。オヤジと呼ばれています。

ちゃいちゃんママ

ファミリーで一番やさしい人。ここ4年ぐらい前から鬱病を患いましたが、最近は大分良くなりました!

ヒロちゃん(長男・24才)

大学卒業後、とりあえずフリーターへ、ミュージシャンを目指して頑張っています。アニキと呼ばれています。

ちゃいちゃん(長女・23才)

いつもお空からみんなを応援してくれている、頑張り屋の美少女。ちゃいコと呼ばれています。

やっくん(次男・19才)

大学2年生、誰にでもやさしくて、問題児の兄と弟に悩まされている美少年。ヤチュと呼ばれています。

マチャ(三男・16才)

高校1年生、バスケとゲームだけ一生懸命の頑張り屋の美少年。オージと呼ばれています。

◆ サマリー

本日記は、毎日更新される日記では、ありません。あくまでも、燈明日記での家族ネタをまとめものです。

まとめの更新タイミングは、月初めに一度行います。

書かれているテーマは、大きく分けて以下の通りです。

自分で言うのもナンですが、結構よい事も書いてありますよ!

結構、量もありますので、お好きな時にお好きな所をお読みください。

そして、万が一、本コンテンツが、あなたにとって、なにかのプラスになれば幸いです。

では、ごゆっくりご覧ください。


ちなみに、プロフィールはこちらです。

◆ インデックス

■ 2007年

■ 他の年の日記

◆ 日記

■ 2007-07-15 お盆(盂蘭盆会)

お盆は、正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、元々は、旧暦7月15日を中心に祖先の霊を祀る一連の仏教行事です。


釈尊十大弟子の一人、目連尊者は、亡くなったお母さんが餓鬼道に堕ちているのを見つけ、

苦しんでいるのを助けようと、仲間に布施を行い、皆の力で助けたお話です。

このことから、祖先の霊を祀る一連の仏教行事となりました。


また、今の日本でのお盆は、大きく分けて東京のお盆と田舎のお盆の2つがあります。

なぜ2つになってしまったかというと、昔は旧暦の7月15日を中心にお盆をしていましたが、

新暦になったとき、東京は日付けを優先し、田舎は時期(8月15日は、旧暦の7月15日頃)を優先したのです。



で、これからはローカルな話です。


お盆の入りの日(7/13)の朝に、久々にちゃいちゃんに夢を見たのです。

まさくん(中三・三男)と2人で、まさくんより首一つ大きくなっていたちゃいちゃんでした。

夢なのでよく覚えていないのですが、とにかく満面な笑顔で微笑んでいたことは覚えています。


実は、かなり以前にちゃいちゃんの夢を見た時は、顔が真っ黒で、心配な気持ちになってしまったことがありました。

それ以来のちゃいちゃんの夢だったので、今回は、満面な笑顔でよかったよかった。


そして、お盆の中日(7/14)は、戒名当番(某教会関係の人以外は謎)で、

次の日の盂蘭盆会イベントの全戒名がご宝前にあがっていて、その目の前でお役をさせて頂きました。


そして次の日の盂蘭盆会イベントで、ご宝前のお役の侍者をやらさせていただきました。

普段、某教会のお役は、宿直以外は、ほとんどしていないのですが、重要なお役が重なりました。


盂蘭盆会イベントでは、開祖さまが入寂される時のお話を当時の佼成病院元婦長さんがしていました。

開祖さまが入寂された時は、危篤状態を通知する前に、自然と主要な人が全員集まったとのことでした。


まさに、『人の死にかたには、その人の生きかたが表れる。』を、また実感させられました。


元婦長さんのお話で面白いと思ったことは、この世では、生まれた時に、みんなでお祝いをし、死ぬときは、みんなで悲しむ。

しかし、あの世では逆で、この世に行く時は別れを悲しみ、死んであの世に帰って来たときは、お祝いをするそうです。


まさに、プラスマイナスゼロの世界ですね。この世とあの世は! ではまた。

■ 2007-06-24 時間が経つのが速い

ここのところ、時間が経つのが速いです。


一週間が"あっ"と云う間です。

土日の休みも"あっ"と云う間です。

ウイークディの仕事も"あっ"と云う間です。

とにかく、突っ走っているって感じです。


この調子で人生が終わるのかなぁ…、なんてなんか虚しい。

もっと、勉強しなきゃ…。

■ 2007-06-24 今、心配なこと

今、心配なこと。いろいろあります。


ヤス(高2)がバイトと部活を両方やりだして、体力がフラフラなこと。

バイトを辞めろと言っても、言う事を聞かない。


実は、鬱の調子がここのところよくなって来たママがパートで働き始めたこと。

いつまた、鬱に落ちるか油断を許せない。


マチャ(中1)は、勉強が出来る子だと思っていたが、はずれだったこと。

マンツーマンで特訓や〜。


ヒロちゃん(大4)は、夜昼ない、めちゃくちゃな生活、夢遊病者か……。

夜だけは、ちゃんと寝てくれ!

■ 2007-06-23 禁煙の極意

最近、また、禁煙をしました。


禁煙の極意は、ずばり『一本も吸わないこと』です。

っていうか、一本吸った時点で、禁煙ではないのですが…。


とにかく、一本も吸わないことです。

禁煙一日目の一番辛い時期をなんとか我慢ができれば、後は大丈夫。


とにかく、タバコを吸っていて良いことはなにもありません。

肺に悪いし、口臭はするし、煙は迷惑だし、吸った後の火の元が気になるし…。


とにかく、タバコをやめれば良いことだらけです。

タバコ代を子供のおみあげ代にまわしたり、本代にまわしたり、子供からタバコ臭いって言われないし…。


ということで、禁煙の極意『一本も吸わないこと』でした。

■ 2007-06-23 中学の英語

マチャ(中1)が英語が全然わからないということで、ここのところ、マンツーマンで教えています。

普通、英語はローマ字が出来れば、なんとなく発音が出来て英単語が読めますよね。

しかし、マチャは逆にローマ字読みと英語読みの微妙なところで挫折をしていたのです。


とにかく、英語は発音ができなければ、覚えることも書くことも出来ません。

ですので、とにかくスペルと発音の関係を重点的に攻め、読ませる練習をしています。


和訳や文法はまだまだ先で、これからじょじょにです。

で、思いつきました。このノウハウで新しいコンテンツ『中学生のためのイメージ英語』です。どうぞ、ご期待しないでお待ちください。

■ 2007-06-17 父の日のカード

先日、マチャ(中1)が自分の部屋は、住み辛いと訴えてきました。

マチャの部屋は6畳で、マチャのもの以外にこまごまとしたものが置いてあり、

戸、襖、障子もボロなので、なんとかしないと、と思っていました。


襖を包装紙で貼って、クーラーを掃除して、そして、こまごまとしたもの片付けていると 幼稚園の時にちゃいちゃんがくれた父の日のカードが出てきたのです。


手作りで、表紙に私のイラストがあって、その上に『お父さんへ』と書いてある。

中には、『たばこすいすぎないでね おしごとがんばてね ☆サユリ☆』と書いてありました。


実は、ここのところタバコが復活していて、また禁煙4日で、ナイスタイミング。

カードが出で来たのも父の日の前日で、ほぼナイスタイミング。


やはり、ちゃいちゃんはお空から見守ってくれているのですね。特にダメなパパを…。

■ 2007-06-14 周りにいろいろ変化が……

■ 2007-06-08 幸せを呼ぶ『飛田給ガール』

京王線の飛田給駅8時05分着の電車で、一番最後の車両の一番奥のドアにいつもいる少女。

この少女は、飛田給駅に着く寸前に『とびたきゅ〜』と大声で叫び、そして、降りる少女です。


この車両に乗っている人々は、今では、皆、その瞬間を心待ちにしています。

そして、なぜか、その声を聞くと、一日が幸せにすごせるような気がするのです。


先日、私は少女の横にいました。そして、飛田給駅に着くと、その日はなぜか、蚊がなくような小さな声で『とびたきゅ〜』と言ったのです。

ですので、たぶん私以外は、その声は聞こえませんでした。


すると、車内は騒然、『え〜!なんで言わないの!』と言う声があっちにもこっちにも。

高校生の男子グループなどは、『俺、今日は駄目だ、あの声を聞かないと元気でない…どうしよう…』


そう、少女はすでにその車両の人々を幸せにするアイドルになっていたのです。

人は、その少女を数学ガール(誰)でなく、飛田給ガールと呼びました(少なくとも私はそう呼んでいます)。


あなたも是非、飛田給駅8時05分着の一番最後の車両に乗ってみてください。

飛田給ガールの幸せの声を聞いてみてください!

■ 2007-05-27 お墓参り、読経よりも……

今日は、家内と2人で、家内の祖父母のお墓参りに行って来ました。

お墓は、家から歩きで、実は、3分ぐらいのところにあります。

お墓を掃除して、お花とお線香を上げ、お題目を三唱しました。


また、ここのところ、家内と2人で毎日三部経(法華経)を一品上げるのが日課になっております。

家内は、体の調子が悪い時でも、お経だけはと頑張って上げております。


また、家内は、調子がいい時に、積極的にトイレ掃除や子供部屋掃除をしております。

そのお陰様か、鬱の具合が徐々によくなってきている感じがします。


でも、お墓参りや読経そのものよりも、2人で仲良く協力しながら行うことがいいのかもしません。

なんでも、2人で仲良く協力しながら行う。すみません。おのろけになってしまいました。

■ 2007-05-26 鬱落ち1日

昨日、午後ぐらいに、死にたいとまた家内からメール、そして、会社から定時に帰って家内の介護。

しかし、今日の午後ぐらいから復活して、今は活き活きと輝きはじめました。

その間、約一日、大分、鬱の波が短くなって来ました。よかったよかった。

■ 2007-05-26 奇跡のメロディー

話は変わって、こころのところ毎日、ミスチルのCDを聞いています。

ケースと歌詞カードがないので曲名が分からないのですが、以下の歌詞が大変気に入りました。

夕べギターを弾いて、うとうとした瞬間に、奇跡のメロディーがふってきて、なのにおぼえていなんだ

きのうの夜の魔法をあーあーなんてもったいない、世界中を幸せにするようなメロディー

確かに口ずさんでいたはずなのに、あんまりおえてないや、あんまりおえてないや、あんまりおえてないや、あんまり…。

この曲を初めに聞いたときは、イマイチだと思ったけど、何回も聞いている内に、今はこの曲事体が奇跡のメロディーに思えて成りません。

そう、今はこの曲が、世界中を幸せにするようなメロディーに思えています。

しかし、なんて曲名なんだろう……。

■ 2007-05-19 家族団欒

昨夜は、本当に珍しく家族全員で夕飯を食べました。

普段は、長男と次男はバイトで、この時間は、ほとんど家に居ません。

しかし昨夜は、珍しく2人ともバイトが休みで家に居たのです。


そして私は、長男と次男にみんなで食べようよって勧め、三男も一緒に家族全員で夕飯を食べることが出来たのです。

おぉ、理想の家族団欒が実現できました。これぞ、しあわせの家族……。


私は、おじいさん(私の父)が亡くなる前に言っていたことを思い出しました。

『ご宝前(仏壇)のある部屋で、家族全員で食事をすることができるような家庭にしたい』

ある意味、遺言だったのかも知れません。

そう、昨夜、おじいさんの願いを実現することができたのです(合掌)。

■ 2007-05-13 母の日

今日は、母の日なので、おばあちゃん(家内の母)へプレゼントしました。

以下は、その時におばあちゃんから聞いた話しです。


おばあちゃんの孫で、ちゃいちゃんの従妹の子(小6)が、鼓笛隊パレード前日にちゃいちゃんの夢を見たとのことでした。

ちゃいちゃんは、『なにも言わないで、にこにこ微笑んでいた』とのことでした。(そちらに出没したか)


おばあちゃんは、ママ(実の娘)の鬱の病気を大変心配してくれて、普段からいろいろ助けてもらって、感謝してもしきれないです。

おばあちゃん、いつまでもお元気でいてください。このご恩は忘れませんよ。ありがとう。

■ 2007-05-12 ちゃいちゃん二十歳の誕生日

今日は5月12日、ちゃいちゃん二十歳の誕生日です。

ママと2人でちゃいちゃんのお墓参りに行って参りました。

ここのところママの鬱の具合が悪く、しかし、お墓参りだけはと、ママは頑張りました。

また、その勢いで、バースディケーキも作ってしまい、また明日ぐらいから、しばらくダウンしそうです。


お墓参りに行く途中、ママと話をしていて2つ疑問に思ったことがありました。


  1. 『千の風』の詩が本当なら、お墓には誰もないことになり、お墓参りをしても無意味ではないのか?
  2. 江原さん等が人には必ず背後霊がいると言っていますが本当なら、成仏できない霊が取り付いている?

この2つの疑問がわかる方いますか?


で、お墓参り方は、お墓をそうじして、2人で青経巻を読誦しました。

天気も丁度良い具合で、なぜか、今回は、こみ上げてくるものはなかったです。


ちゃいちゃん、もう二十歳、大人の女性ですね。

二十一歳の男の長男でも眩しいのに、ちゃいちゃんだったらどんなに眩しかったことでしょう……。

■ 2007-05-08 マイナスは実はプラスだった!

ここ一年半、家内が鬱で具合が悪い、しかし、良く考えると鬱になる前より、看病や励ましなどで、ずーっと仲良しになれた。家事の大変さもよーくわかった。


また、子供達は、親が仲がいいので、いい子に育つし、パパは安月給、ママは半病人、を身で知っているのでアルバイトで自立。


そう、マイナスは実はプラスだったことに気がつきました。

すこし、気が楽になりました。

■ 2007-05-06 連休最後の日のお墓参り

9連休中にちゃいちゃんのお墓参りをしたいと思っていたのだけれど、

連休中ママの鬱の具合がイマイチで、やっと今日お参りが出来ました。


お墓をタオルで拭いて、周りを掃除して、お線香を上げ、お経も上げました。

お経は、法華経16番をママと2人で暗誦しました。やはりこみ上げてくるものがありました。

いくら『千の風』で『私のお墓の前で泣かないでください、そこに私はいません、眠ってなんかいません』

と言ってもです…。


今日は5月6日、ちゃいちゃんの月命日です。

ふと、お墓に供えたお菓子に、先日私が何気なく買った『柿の種』があったのです。


ママになんでそれを持ってきたのって言ったら、ちゃいちゃんが大好きなお菓子だからと言いました。

ふだん、お菓子など買わない私が、何気なく買った『柿の種』、なんでお墓に供えてある…。




今度の土曜日は5月12日で、ちゃいちゃんの20才の誕生日です。もう7年以上が経過しました。

またその日に、お墓参りの行く予定です。

ちゃいちゃん、ママがちゃいちゃんのためにケーキを作るのを楽しみにしています。

■ 2007-05-03 マチャ(三男)の13歳の誕生日

今日は憲法記念日5月3日、我が家では三男・成憲(まさのり)の13歳の誕生です。


中学の入学祝いに長男から携帯電話をプレゼントされ、親(私)からは、自転車をプレゼントする予定でしたが、

ビンボーでなかなかできず、今回、誕生日として、やっと、自転車をプレゼントすることができました。

本来なら、入学祝いと誕生日で2つのプレゼントなのだけれども、一つで勘弁してもらいました。ごめんね。


中学ではバスケット部に入り、今日は試合で、試合から帰ってきて、スシローへ、おばあちゃんと家内と次男と私のみんなで食事にいきました。

スシローから帰ってきて、バースディケーキをみんなで食べ、それらしき誕生パーティをやりました。


末っ子でついこの間まで赤ちゃんだったのに、もう中学生。早いような遅いような。

しかし、かわいい中学生や、学生服が歩いているようでなんとも、はやく背が大きくなってバスケで活躍して欲しい。


友達が悩んでいる時は共に悩み、友達が喜んでいる時は共に喜ぶ、そんな子に育って欲しい。

マチャ、パパはいつも応援しているよ! 頑張れ!

2007-04-15 ちゃいちゃんと文房具

ちゃいちゃんグッズ(遺品)は、文房具・本・CD・縫い包み・おもちゃ・学校での作品等…、実に沢山あります。

特に文房具(ペン、消しゴム、定規、コンパス、ナイフ…)の量が凄い、丸7年経ってもまだ使っています。

弟の次男(高2)、三男(中1)は、ちゃいちゃんの文房具を使っていて、たぶん、自分では買っていないと思います。

私もお母さんも、ちゃいちゃんの文房具を使っています。

なんで、こんなに沢山文房具を揃えたんだろうか…。

あと、8ビットノートパソコンやテプラ、そろばんなどもあります。

そういえば、まだインターネットが流行る前にちゃいちゃんは、8ビットノートパソコンでパソコン通信をしていました。

モデムのスピードが確か1200ボーだったかな。そして、5年生の時に、インターネットをやりたいということで、2人でお母さんを説得して、

プロバイダと契約して、インターネットを始めました。1998年のことです。

とにかく、普通の子でないことは、確かですね。

学校での作品の数々も、才能があり、素晴らしいものばかりです。

ちゃいちゃんは居ないけど、残った文房具は、本当に役に立っています。

お母さんは、ちゃいちゃんのそろばんで家計簿を付け始めました。

なにか、無いときに、ちゃいちゃんが持っているよって、探すとだいたいあるんですね、これが。

ちゃいちゃん、あんたは、本当に凄い子だったんですね。

ちゃいちゃん、今、どこにいますか?

すみません、子供自慢を羅列してしまいました……。

2007-04-09 お便り

ちゃいちゃんの命日(4/6)にもらったお友達からのお便りを読ませていただきました。

そして、ちゃいちゃんは本当に天使だったんだって……思えてきました。

あれからずーっと、お友達一人一人の中にいつも存在しているんだなって。

お友達が落ち込んでいる時は、一緒になって悩み励まし。

お友達が嬉しい時は、満面の笑みで一緒に喜ぶ。

そんなちゃいちゃんだから、まる7年経ってもみんなから愛されているんだなって。

パパもちゃいちゃんに負けないように、人から愛されるように頑張るね!応援してね!

なんたって、ちゃいちゃんのパパってことは、天使の父親なんだよなこれが……。

2007-04-07 ちゃいちゃんデー

昨日は、4月6日のちゃいちゃんの月命日で、丸7年が経ちました。

お友達やお母さん方が沢山来ていただいて、大変嬉しかったです。

あいかわらず、この日だけは、ご宝前(仏壇)が可愛いお花で埋め尽くされます。

ちゃいちゃんのお友達は、今年、皆20才です。

みなさん、綺麗なお嬢さんに成長しているのですが、毎年一度、お会いしているせいか、違和感無く、お話しをすることが出来ました。

毎年毎年、必ず、来てくれるお友達や、お花を贈ってくれる人達……。

本当に、ありがとうございます。これからも、よろしくお願い致します。

あの江原さんが居れば、となりにちゃいちゃんが来ているよ…って言うかも知れませんね。

■ 2007-03-25 I believe

エキシビション(世界フィギュア)を見ましたか?

感動、感動で素晴らしかったです。

特に最後のミキティと絢香のコラボレーションは、感動でした。

この胸の中に隠れてる 不安のうず

目の前にある 自分の進むべき

道はどれか

人に流されてた日々

そんな自分に「さよなら」

I believe myself 信じることで

全てが始まる気がするの

I believe myself あたたかい光は

まちがっちゃいない 歩いて行こう

I believe

偽りの中でウソの微笑(え)み浮かべて

生きる人を

幼き自分と重ねて見て

ため息つく

どんな色にも染まらない

「黒」になろうと誓った

I believe myself 信じることで

全てが始まる気がするの

I believe myself あたたかい光は

まちがっちゃいない 歩いて行こう

I believe

今 目に映る この広い空も

素直に生きる この気持ちも

I believe myself 信じることで

全てが始まる気がするの

I believe myself あたたかい光は

まちがっちゃいない 歩いて行こう

I believe…

実は、中野選手が長男と同じ年、ミキティがちゃいちゃんと同じ年、そして真央ちゃんが次男と同じ年。

時代は、もう子供達の時代に突入していますね。実感しました。

しかし、子供達との年の一致は、不思議でしょう。

でも、もっと不思議なのは、次男の誕生日がミキティ、綾香と同じで12月18日なのです。

まぁ、単なる偶然だけど、なぜか、感動しました。


最後に、自分も含めて、子供達にも I believe myself!!

■ 2007-03-25 安藤美姫&浅田真央

<世界フィギュア>安藤美姫が優勝 浅田真央は銀

http://ca1n.c.yimg.jp/sportsnavi/2007032403/sportsnavi.yahoo.co.jp/other/pict/200703/070324_oth_andomao160.jpg http://ca.c.yimg.jp/topics/1126527822/img.news.yahoo.co.jp/images/20070324/jijp/20070324-05116762-jijp-spo-thum-001.jpg

とにかく、レベルの高い中、また、期待の高い中、良くやりました。

特に真央ちゃんが初日5位と出遅れて、周囲の期待がミキティに集まったのが良かったね。

(何が良かったかというと…、それは、真央ちゃんのプレッシャーが軽くなったことかな)


おじさんとしては、カロリナ・コストナーの長い足とキミー・マイズナーの笑顔にくぎ付けでしたよ!


実は、真央ちゃんを始めて見た時に、ちゃいちゃんに似ている子だなと思い、いつも密かに応援しています。

いつも、完璧な演技で、私の仕事もそう有りたいと、いつも真央ちゃんを目標に頑張っています。

■ 2007-03-23 三男の卒業式

今日は、三男の小学校の卒業式がありました。

私は、仕事を午前休して、卒業式に出席しました。


家内と2人で行くつもりでしたが、長男(21)と次男(16)も一緒に行くということで、家族全員で卒業式に出席しました。行く途中、長男と次男をみていると……。


長男は、ミュージシャン志望で、ファッションや身のこなしに、すでにスターのオーラを感じました(単なる親バカです)。

次男は、花沢類系で、すごくカッコイイのですが、オーラでは、まだまだ長男には、かなわない感じです。


で、卒業式ですが、ごく普通でした。

三男をはじめとして、ファルコンの子供達が皆、三鷹第7中学校でバスケットをすると、卒業式壇上で決意発表していて、7中バスケット部は、強くなるなと思いました(楽しみ!)。


とにかく、家族全員で卒業式に参加できたことが、父として、なぜか嬉しい今日この頃でした!

■ 2007-03-20 虎ノ門の龍医院

実は約2年前から、家内は、私の父の介護が原因で、鬱病になってしまいました。

父が亡くなって1年3ヶ月が経っていますが、まだ、治っていません。


今日は、クスリが切れたということで、仕事を休んで、家内を虎ノ門の龍医院(精神科)へ連れていきました。

この病気は、波があり、治ったと思うと、突然振り出しにもどるの繰り返し繰り返し……。


先生からは、治ったと思った時に、無理をしないで、逆にクスリを多めにした方が良いといわれました。

確かに、今までは、治ったと思った時は、クスリを呑まずに無理をしていたように思います。


で、冒頭で介護が原因と言いましたが、すでに原因が無くなって1年3ヶ月が経過していますので、真の原因は別にあるのかなと、犯人探しをしていますが、実は、犯人探しをしている私が原因だったなんてオチがあるかもです……。


龍虎相打つの虎ノ門の龍医院です(謎)。

■ 2007-03-17 まる7年

今回、この『その後の希望の春』をまとめるにあたって、燈明日記を読み返してみました。

意外とちゃいちゃんネタが少ないことに気づきました。

特に2004/04/07以降、約3年間、ちゃいちゃんのことは、書いていませんね。

この3年間は、私のリストラ・父の介護&死亡・家内の鬱病等でそれどころでなかったのかもしれません。

しかし、いつもお空で応援してくれるちゃいちゃんのことを忘れたことはありませんでした。

次から次へと起こる辛い現実に、いつもいつも、お空にいるちゃいちゃんに助けてもらいました。

ここに来て、家内の鬱病に回復の兆しがあり、私の仕事も安定して、徐々に希望の春が見えて参りました。

長男はミュージシャンを目指し(マジ)、次男は花沢類を目指し(謎)、三男はもうすぐ中学生です(謎無)。

どうぞ、これからも、ちゃいちゃんファミリーをよろしくお願いいたします。

■ 2007-03-17 久々に『ちゃいちゃん天使のページ』を更新

皆様、お元気でしょうか?

今、平成19年3月、あれからもうまる7年が経とうとしています。

ちゃいちゃんと同級生の子は、20才で大人の仲間入りですね。

早いような…遅いような……。

本ページは、何年も更新をしていませんが、今回、燈明日記でのちゃいちゃんネタをまとめてみました。

よろしかったら、読んでやってください!


その後の希望の春

■ 2007-03-17 ファルコン乾杯の挨拶

今日はミニバス(三男)の打ち上げがありました。

私は、乾杯の挨拶を拝命いたしました。

本日は、ファルコンの打ち上げということで、ご出席頂き、ありがとうございます。

川端コーチ、田中コーチ、佐藤コーチには、子供達のために大変なご尽力を頂き誠にありがとうございました。

子供達も厳しい練習を通して大きく成長することが出来たと思います。

お父さん、お母さん方には、引率や送迎、お弁当作りなど大変ご苦労様でした。

心を鬼にして厳しい練習にあたる、本当は、優しいコーチのみなさん。

その厳しい練習にたえる子供達。

そして、それを見守るお母さん方。

だからこそ通じ合う一体感の感動感激。

そして、関東大会などの感動の思い出、ありがとうございました。

みなさん、この一年間、本当にお疲れ様でした。

では、乾杯いたします。乾杯!!

しかし、本番は、あがってしまって、しどろもどろで…以下略(鬱)。

■ 2007-03-11 祝22周年!

えーと、実は、昨日(3月10日)、結婚記念日でした。

私が29才の時に結婚して、今、51才で、まる22年が経ちました。


その間、いろいろなことがありました。

長男(21才)、長女、次男(16歳)、三男(12才)の誕生。

母(平成8年)、長女(平成12年)、父(平成18年)の死。

妻の鬱病、私のリストラ。


なぜか貧乏で、日々生活して行くにアップアップ……。

しかし、こうやって毎日を無事に暮らしていけることに事体、有り難いと思えるようになりました。


すべてのことに感謝して、自分を信じて、そして、例のお言葉をもう一度。

『すべての幸運は、感謝の気持ちがつくる』

そう、感謝の気持です…。

■ 2007-03-04 神さま、仏さま、ありがとう!

今日、また、大きな力に生かされていると、実感できることがありました。

神さま、仏さま、ありがとう!


神さま、仏さまは、間違いなくいますね。



見えない星 By 中島美嘉
I love you By 中島美嘉

■ 2007-03-01 原因は、外ではなく、実は内だった

失敗したり、嫌なことがあると、普通、人は、外に原因を求めます。

そして、それらしき原因をみつけ、取り除こうとします。

でも、なかなか上手く行きません。


そうなんです。それは、真の原因じゃないからなのです。

真の原因は、実は自分だと云う事に気がつくと、解決の道がひらけるのです。

 

                        By ちゃいちゃんパパ

■ 2007-02-28 ママからのメッセージ

今日、携帯メールでママからもらったメッセージです。

忘れないうちにメモしときます。

気負わず目の前の事を一つ一つ丁寧にやってみてね(ハート)。

了解。

気負わず、丁寧か〜。よしよし(謎)。

■ 2007-02-27 完璧なんてない…だからこそ…

完璧な人なんていない。

完璧な会社なんてない。

完璧なプログラムなんて作れない。


だからこそ、完璧を目指すことに成長があるのだと思う。

あまえてちゃ、成長できない。そう、あまえてちゃ……。


どん底から這い上がれ、失敗を恐れずに、正直に、そして、すべてに感謝して、自分を信じて。

■ 2007-01-22 残念な思いファルコン

昨日ミニバスで、そしがやレッズに負けて、全国大会への道を絶たれたことが、

なぜか、一日経った今日、心に重くのしかかっています。

親子して放心状態です。仕事に身が入らなかったです。

やばい、早く、気合を入れなおさないと(謎)!!


保護者のお母さん方へ、お疲れさまでした。

あなたの苦労は決して無駄ではありません。

子供達にも、監督、コーチにもちゃんと届いていますよ。

将来、違った形で、きっと報われると思います。

なんたって、『良いことをすれば、良い結果が生まれる』、これ真理ですから!

■ 2007-01-21 お疲れさま!ファルコン関係者!!

今日、東京の深川スポーツセンターでミニバス鈴木正三杯(全国大会予選)がありました。

東京都ベスト16が集まり、我がファルコンも参加しました。


一回戦は、順当に勝ち進み、ニ回戦で深川との激戦を征した そしがやレッズに接戦で敗退……。

でも、東京都ベスト8に入りました! お疲れさま!!


宮城、清瀬、光華、深川等の強敵揃いの大会だったので、よくやりました!

ファルコン関係者の皆様、あまりがっかりしないで、関東大会に行けただけでも素晴らしいです。


あとは、三鷹大会で子供達にいい思いをさせて、つぎは、三鷹7中劇場の幕開けですよ!

■ 2007-01-14 ファルコンスタッフへ感謝の気持ち

今回、ミニバス関東大会にあたって、群馬に選手(子供達)約20名を2泊3日させました。

監督、コーチはもちろん世話役のお母さん方に、心からの感謝をいたします。ご苦労様でした。

9月24日に、東京2位になって関東大会出場権を獲得して以来、監督、コーチ、子供達、お母さん達が一丸となってことにあったてきました。


お陰様で、マチャも家内も私も良い思いができました。ありがとうございました。


本当はやさしいのに心を鬼して練習にあたる監督とコーチ。

その厳しい練習に耐える子供達。

それを見守るお母さん達。


だからこそ、通じ合う一体感、すばらしい!!

■ 2007-01-13 群馬アリーナへとデート

1月8日(日)に前橋の群馬アリーナでミニバスケットの関東大会決勝がありました。

うちの三男・マチャがファルコンというチームで、前日2連勝して1位リーグへ決勝出場となりました。

私とママの2人で、1位リーグを見に東京(三鷹)から4時間掛けて群馬アリーナへ行ってきました。


前日にネットで武蔵境駅から前橋駅までの経路と運賃を調べて、プリンタがないのでメモしました。

そしてあくる日、ママと2人で朝7:20に家を出ました。マチャの試合は12:00スタートです。


私とママは、都内や旅行に行くことが全くなく不慣れで、電車の乗り換えホームや発車時間で、あたふたあたふた……。

ネットで調べたメモは、ほとんど役にたたなかったです。

とにかく、駅は広く、電車が沢山で、何番線か分からず、あたふたあたふた……。

結局、新宿から赤羽で東北線に乗り換えて、約10:50に前橋駅へ、前橋駅から群馬アリーナへのバス停がわからず、あたふたあたふた……。

…てな感じでやっと試合開始10分前に群馬アリーナに着くことができました。よかったよかった。


ママからは、昨日ネットで調べて『これかよって』感じで責められるし…。

しかし、車中では、ママと沢山お話が出来てよかったよかった。

たまには、夫婦揃っての旅はいいものです。


群馬アリーナは、バスケットコートが4面入り、外見は代々木体育館を一回り小さくした感じでした。

小さいといっても、体育館としては大きいです。代々木と比べると小さいだけです。


で、試合の方ですが、一回戦は埼玉1位の『新宿』というチームで、大きい子ばかりで大差で負けました。

2回戦は栃木1位の『佐野』で、このチームは全国一番と言われています。

しかし、前半は互角の勝負で、後半は集中力が切れて負けてしまいました。

結局、関東3位ですが、それでも快挙です。


…ということで、マチャのお陰様で、あたふた喧嘩したり、仲良くお話できたり、結構良いデートが出来ました。

マチャ君、ありがとう。マチャ君の頑張りが、ママと私の生きる糧です。これからも頑張れファルコン!!

そうそう、今月の21日からミニバス全国大会の予選が始まるらしいです。今度は全国制覇だファルコン!!

■ 2007-01-12 ちゃいちゃんパパの法則

大殺界です。

なぜか、そうなるのです。私だけ…。

■ 2007-01-08 ファルコン、ミニバス関東大会3位&フリースロー大会1位!!

今日、前橋の群馬アリーナでミニバスケットの関東大会決勝がありました。

ほしくも、我が息子(三男)が居るチーム:ファルコンが関東3位となりました。

ちなみに、フリースロー大会は、関東1位でした。

我が息子、ゲーム中でのフリースローで10本中9本を決めたとのことで、お母さん方がべた誉めでした。

とにかく、子供が頑張っているので、親も頑張らなければ……ならん。

ママには、何よりのクスリになったようです(謎)。

(まだ、今日(1/8)の結果がアップされていないけど)

■ 2007-01-07 人の死にかたは、その人の生きかたが表れる

1月2日にとある知り合いのお婆さんが亡くなりなした。

このお婆さんは、某教会の教えを大変実行した方で、お子さんは教会長までしています。

元旦に親戚がみんな集まり、子供や孫、ひ孫達との団欒後、その日の夕方に気分が悪くなって、あくる日に、大きく息をしたあと急死したとのことです。

元旦までは、お元気だったとのことです。


急死ということで、大変驚きがあったのですが、ある意味、まわりに全く迷惑を掛けずに、親戚全員に見守られながら亡くなったのです。


実は、去年の同じ日の1月2日に私の父が亡くなりました。それはそれは、亡くなるまで大変でした。

『人の死にかたは、その人の生きかたが表れる。』という言葉、まさに真実です。実感をもって聞きました。


私は、父を反面教師にして、ワガママをせず、周りに迷惑をかけないように(特に子供達へ)、

良い死にかたができるように生きていこうと思います。

■ 2007-01-05 今年の抱負

■ 2007-01-05 今年のキーワード

それは、『感謝』です。

そう、『すべての幸福は、感謝の気持ちがつくる』です!


今年は、気学では、九紫火星が凄く運勢が良い年とのことです。

なので、気学を信じてがんばります(謎)!

では、今年もよろしくお願いいたします。

◆ おわりに

拙い文章をここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

なんだかんだ云っても、家族が一番です。家庭の『和』なくして、何も始まりません。

まず、家庭をととのえ(斉家)、そして、ぬくもりのある家庭をめざしましょう!


たぶん、ここまで読む人は、あまりいないと思いますので、恥かしいけど書いてしまおう。

『妻(夫)を愛し、子を愛す』そう、親バカでいいのです。愚かに徹するのです(謎)。

では、また、お会い致しましょう!

人のよいところをどんどん見つけよう