ChaichanPapa-World !

ちゃいちゃんパパの親バカ日記(2002年)

天神が
『何ものが、人々の依りどころであるのか、何ものが、この世で最高の友であるか』
と問うた時、
釈尊は
『子供たちが、人々の依りどころである、そして、が、最高の友である』
と答えたという。
                         『相応部・一・五四』

◆ はじめに

燈明日記での家族ネタをまとめて見ました。

ちゃいちゃんファミリーの謎を知りたい方は、どうぞ!

まずは、登場人物のご紹介。

ちゃいちゃんファミリー(2010/06/29 現在)

ちゃいちゃんパパ

私です。謎のプログラマ、作ったプログラムも謎だらけ(天然スクランブル)。オヤジと呼ばれています。

ちゃいちゃんママ

ファミリーで一番やさしい人。ここ4年ぐらい前から鬱病を患いましたが、最近は大分良くなりました!

ヒロちゃん(長男・24才)

大学卒業後、とりあえずフリーターへ、ミュージシャンを目指して頑張っています。アニキと呼ばれています。

ちゃいちゃん(長女・23才)

いつもお空からみんなを応援してくれている、頑張り屋の美少女。ちゃいコと呼ばれています。

やっくん(次男・19才)

大学2年生、誰にでもやさしくて、問題児の兄と弟に悩まされている美少年。ヤチュと呼ばれています。

マチャ(三男・16才)

高校1年生、バスケとゲームだけ一生懸命の頑張り屋の美少年。オージと呼ばれています。

◆ サマリー

本日記は、毎日更新される日記では、ありません。あくまでも、燈明日記での家族ネタをまとめものです。

まとめの更新タイミングは、月初めに一度行います。

書かれているテーマは、大きく分けて以下の通りです。

自分で言うのもナンですが、結構よい事も書いてありますよ!

結構、量もありますので、お好きな時にお好きな所をお読みください。

そして、万が一、本コンテンツが、あなたにとって、なにかのプラスになれば幸いです。

では、ごゆっくりご覧ください。


ちなみに、プロフィールはこちらです。

◆ インデックス

■ 2002年

■ 他の年の日記

2002/12/30 カラオケ

今日は、一年ぶりに家族でカラオケに行きました。

しかし、老眼の私には、曲の本のリストの字が小さすぎて、読めない(鬱)。

しかし、ママが曲探しをしてくれて、郷ひろみ、井上揚水、山下達郎の曲を唄いました。

で、勢いで、Mr.ChildrenのHEROを選んだら、サビしか唄えなかった(鬱)。

しかし、ママは、中島美嘉(WILL)や松田聖子の曲がまじで凄く上手だった。

子供達は、アニメソング専門、しかも何回も...。まぁ、子供とはそう言うものですが。


と言うことで、いきなり、一年間のご挨拶にもっていきます。

みなさん、燈明日記をご愛読、ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

2002/12/29 頑張り過ぎ

私は、昨日が餅つきで、今日が大掃除。しかし、ママは、昨日も今日もヤス(小6)のミニバスの身の回りのお手伝い。アニキ(高2)は、部活のバスケットの練習試合...、ユニフォームをもらって試合に出たが、サインを見落とし、監督から大目玉を三発くらったそうな。Aチームに上がれて、ちょっと気がゆるんだか...。

ママとアニキとヤスのこの三人、一生懸命過ぎて、ちょっと心配。パパみたいに休息しないと。


アニキ曰く、人生なんて長く生きりゃいいってもんじゃないだろう、俺は、やっとスタートライン(ユニフォームをとる)に立てたんだ、これからが勝負や!

パパ曰く、体が心配だけど、いっても聞かないし、あとは、応援するだけだ! 君は希望そのものだ!


ママ曰く、なんで私だけこんなに忙しいんだろう。(ミニバス会計、地区の委員長、某教会支部婦人部長、お蕎麦屋さんのパート)

パパ曰く、なんでじゃないよ! それだけやってりゃ当然だ、なにかことわれよ。


やっくん曰く、俺、アニキみたいになりたいんだ。絶対、ミニバス全国大会に出てアニキを超えてやるぜ!

パパ曰く、体が弱いんだから、ほどほどにやってくれ、お前を見ているとちゃいちゃんそっくりだから心配で心配で...。

一生懸命もいいけれど、たまには、休息もねって言って見るテスト。

2002/12/25 クリスマスにお墓参り

今日は、会社を午前休して、ママと一緒にちゃいちゃんのお墓参りに行ってきました。

クリスマスにお墓参りといえば、ちゃいちゃんが亡くなった年のクリスマスの日に、家族みんなでお墓でクリスマスパーティをやり、その次の日に、佼成出版社の記者さんがたまたまお参りにきて、クラッカーのテープ等の残骸を見て感激して、後に、スマイルの衛星放送の取材時に、またそれを再現したことがありました。

今日はママと二人でお墓を拭いたり、クリスマスツリーを飾ったり、アニキがAチームに入れたことなどを報告しました。男なので我慢していましたが、やはり目から出る汗を止めることができませんでした...。

ちゃいちゃんの残した「一生懸命生きること」のメッセージ、まさに、家族全員「一生懸命いきること」を実践しています。

あと、もう一つのメッセージ「人の良いところをどんどん見つけること」も、今、 「人のよいところをどんどん見つけよう」キャンペーンで頑張っているよ。ちゃいちゃん応援してね!

2002/12/23 やった!!Aチームへリベンジ!

すみません、oyabakaネタです。

先週の金曜日からバスケ部の合宿に行っていたアニキこと長男ヒロヒト(高2)が逞しくなって帰ってまいりました。

荷物が沢山あるので、武蔵境駅からオンコール。車で向かいに行くと...

アニキ「オレ、明後日からまた遠征だ。」
    私「遠征って、もしかしたらAチームに入れたの...」
アニキ「あぁ、オレ天才だから、当然だけど...」
そこに「ママから、アニキの携帯に電話がかかる、私が出て、Aチームに入れたよ!」
 ママ「絶句...」

前回の試練をみごと乗越えてのAチーム入りへのリベンジ、感動した!


後日談:ママがアニキの携帯に電話した時に、丁度、ヤス(次男)のミニバスの試合の会場にいて、恩師の田中先生(かつて、全国三位の時の監督)へそのことを報告。先生は自分のことのように喜んでいたとの事でした。

2002/12/21 パパも気をつけてね!

満員電車で通勤のお父さんへ

気をつけるのは、リストラだけではありません!

テレビでもやっていたけど、コレ、深刻ですね。満員電車では、痴漢に仕立てられないように、男が痴漢に注意をしないといけない時代ですよ。ホントに。

で、ママが一言、「いつも女子高生のミニに見とれているとあぶないわよ、パパも気をつけてね!」

あぁ、よくご存知で...、気をつけます。

2002/12/11 あかでみっくでない親子の会話

次男、やっくん(オニー)小学校6年。三男、まさくん(マチャ)小学校2年。ちなみに、長男、ヒロ(アニキ)高校2年。

 私「オイ、問題出すぞ! 出来た子はパパのスペシャルプレゼントだ!」
次男「マチャ、また、問題だと...、スペシャルプレゼントだと...」
三男「また、ホッペにチューだろ、オニー、答えてやれよ...」
 私「7掛ける5は?」
三男「30か?」
 私「ブー!」
次男「マチャ、35だろ!」
 私「ブー!」
次男「なんでだよ!」
 私「3だよ! しちごさんだから」
次男,三男「許さん!」と言いながら蹴りを私にしてくる兄弟。

魂は永遠の命で、生まれてくる魂は、親の魂を選んで生まれてくるといいます。まさにその通りらしい...。

2002/12/10 ママの菩薩行

今朝、ゴミ出しに大通り(東八)へ行く途中、道の真中に、たぶん犬(雪のある寒いところで人のとは思えない)の大きなウンコが2つ落ちていました。

私は、寸前のところでかわして、セーフ! あぶない、あぶない...。

家に帰って、マチャ(小2)とヤス(小6)に『情報!情報!ウンコ発見。学校へ行く時、気を付けな!』と言うと...、ママがいきなり、ビニール袋と新聞紙をもって外に出て行きました。どうやら、道から除去したらしい...。

ママは偉いなぁと誉めると、「当たり前のことをやったまで...、どこかの口だけの人と違うから...」、いやー、一言もありません。ママは偉い!

会社へ行く時に、よその子供達も、グループでそこを通っていました。私は、自分の子だけ、ママはすべてのそこを通る人のために行った行為。差は超歴然。改めて、ママは偉い!


改めて、「当たり前のことを当たり前に行うことが大事」「当たり前のことを当たり前に行うことが大事2」です。

2002/12/09 90%オフ!

昨日は、やっくんに頼まれて、新宿へバスケットパンツを買いに行きました。

本人とママは、ミニバスケットの試合で府中3小へ、マチャとアニキはお留守番でした。

で、わざわざ、1時間かけて、新宿へ買えに行ったわけは、なんと、バスケットパンツが90%オフ!

売り場は、やっくんやアニキのような、バスケ少年の渦でした。いやー、凄かった(買うのが)。しかし、売り子のおねえさんがいい感じで優しかったのが印象てきでした。意外にラッキー。

以下は、分かる人は、わかる内容になっています。

土曜日は、道場の宿直で、日曜日は、朝5時に起床して、ご供養をし、7時20分に三鷹台の五小へミニバスケットの子を迎えに行き、大沢台小へ落とし、再度、道場の成道会のイベントへ参加、10時までそこにいて、新宿へバスケットパンツを買いに行き、お昼に自宅に戻りました。

15時半まで、ネットをやり(下の成道会をまとめる)、府中3小へやっくんとママを迎えにいきました。府中周辺の車がすごく込んでいて、家に着いたのが、18時半でした。

いやー、土日も忙しかった...。


こうやって毎日を一生懸命に生きる。いや、生かされる。あぁ、有難い...。

2002/12/05 女心

いやー、理解不能(謎)。以下は、どこかの家庭で起きた出来事です。

朝起きて、ある一言で、普段優しい奥さんが優しくない奥さんへ変身しましたとさ。

それは、旦那様が会社へ行く用意をしながらテレビを見ていると、ある女優がCMに出ていました。その女優M嬢は、前に有名力士から袖にされ、やっとまた輝きだしたところだったので、旦那様は、「M嬢は、輝いていていいねぇ、立ち直れてよかったね」といいました...すると。

...、この直後から奥さんは口をきいてくれません。だれかわかる方いたら教えてくださいませ...。


しかし、朝、会社へ出かける直前は、どんなことが会っても、優しい笑顔で送ってくれると、うれしいな...っていってみるテスト。

旦那様は、会社に着いてから結構、このことが気になっているものです...。

で、結局、家に帰ってからやっと口をきいてくれて、他人(M嬢)のことより奥さんや子供のことの方を心配や考えて欲しいとの事でした。なるほど、女心とは、そういうものか...。微妙だ。

2002/10/28 思いがけないちゃいちゃんからのメッセージ

今日の朝、いつものように会社へ行く用意をしていると、シゲそりの置いてある(物置化している)部屋で、なにやら古くなった、小さい子供が書いたメッセージカードが落ちていました。それを拾って捨てようとカードの中を見ると、なんと、ちゃいちゃんが幼稚 園のたぶん年長の時に父の日へ書いたメッセージカードだったのです! ヤロッ子達の幼稚園時は、字など書けませんでしたが、ちゃいちゃんは、親が教えた訳ではないのに書けていたのです。そして、そこには...

おとうさん、たばこすいすぎないでね、おしごとがんばってね。

と書いてありました。思わず、こみあげて来て...。涙をこらえて、ママと長男へちゃいちゃんからメッセージをもらったぞ...と得意げに言いました。

ここ一週間、不思議なことの連続で、今また、この現象は、どう受け止めたらよいのか...。

まじ板で3回忌のメッセージを読んで、ちゃいちゃんの3回忌の時のことを思い出した直後だったり...。

昨日、借りたビデオの『風の谷のナウシカ』のナウシカがちゃいちゃんとダブったり...。

「人のよいところをどんどん見つけよう」キャンペーンが、挫折ぎみだったり...。(あくまで自分の問題として...。)

もっともっと、ちゃいちゃんのことを話題にしようとしても出来なかったり...。


そして、今日、会社から帰ってきたら、いきなり、やっくんが、コナンの「ベイカーストリートの亡霊」を借りに行くとのことで、ビデオ屋さんへ電話して、ビデオがあるか聞きました。実は、やっくんは例のズル休み病で、先週ずーっと休んでいて、何度も、ビデオ屋さんへ電話しても貸し出し中で...。

で、今度は、一つだけ今戻ってきて、ありますとのことで、借りに行きました。

借りた帰りの車のなかで、やっくんが、ポツリと言いました。

今日、頑張って学校にいったんで、ちゃいちゃんがご褒美くれたんだ...。

だって、休んでいた時は、あんなに電話したのビデオがなかっただもん。

やっぱ、ちゃいちゃんだよ これからも...。

それから、ちゃいちゃん、タバコはもう、全く吸っていませんよ。

2002/10/09 スカートの下

最近、懲りない田代氏と同様な事件が多々発生していますが...。

コレ、女子高生の方にも問題がありませんか...。

あの超ミニでは、男なら誰でも邪心が刺激されますよね。って私だけだったらどうしよう...。

ごく普通の長さのスカートなら、邪心が起らないのだけれど...。

と、ママに言ったら、私の高校時代は、くるぶしまでの長さよって言いました。オイ、スケバンかよ。

2002/09/12 リストラされないための三箇条

突然ですが、ちゃいちゃんパパが編み出した『リストラされないための三箇条』です。(普段、こんなことをいつも思っている...)

  1. 朝、出社したら、会社の人なら誰でも差別せず『おはようございます!』を言う。
  2. 遅刻をしない。20分前には席につく、最悪でも5分前。
  3. 人から呼ばれたら『ハイ!』と元気に返事する。

仕事など大して出来なくても、この三箇条をしっかり実践すれば、たぶん大丈夫です。ちゃいちゃんパパの経験から...。

これらは、リストラされないだけでなく、間違えなく人格も上がります。とにかく、仕事は二の次にして、この三箇条を実践してみましょう!

もしかしたら、奇跡が起こるかもしれませんよ!

2002/09/09 再開

まだ、もやもやしていますが、とりあえず、ネットを再開いたします。

ショックなこととは、うちの長男ことアニキ(高2)のことで、彼はバスケットが結構強い高校に行っています。そして、やっとベンチに入れるAチームに上がれた直後、左足を捻挫してしまい、また、Bチームへ落とされました。で、3週間経ち、コーチから早くAチームへ上がって来いと言われた次の日の練習で、今度は、なんと右足を骨折...。体育系の人は、このことがどんなに辛いことかは、ご理解してもらえると思いますが、まさに、神仏を恨まないではいられない心境でした。

しかし、本人がそれほど落ち込まず、再び、学校と部活へ松葉杖をしながら復帰しました。まぁ、回りがいつまでも落ち込んでいてもアレなので、こちらも普通にネットを再開することにしました。

とにかく、今回の、口惜しさをバネして、流した涙の分をエネルギーにして、直ったら一気にレギュラー獲得への努力をして欲しいなどと思っています。君なら思わなくてもやると思うけど...君の頑張りが、パパのエネルギーやぁ...。がんばれ!アニキ。

そして、パパは思った...、君は今回の試練を乗り越えることで、確実に人間として、ひとまわり大きくなったことを...。私の中では、君はもうすでにレギュラーだ!

2002/09/09 共生

昨日(9/8)、ちゃいちゃんのお墓のある佼成霊園で、世界的に有名な 宮脇 昭 教授をお迎えしての植樹イベントがあり、それにマサくんと一緒に参加してきました。

植樹の一番の目的は、やはり、地球温暖化に対するものとのことでした。で、「しろかし」、「あらかし」等の苗木3千本を宮脇教授の指示通りに「まぜるまぜるまぜる」で植えました。

とにかく、宮脇教授のお話しがおもしろく、特に心に残ったのは、植樹の世界でも主役の苗木と脇役の苗木があり、それを「まぜるまぜるまぜる」で植え、相互に協力したり、我慢し合いながら育っていくとのことでした。つまり、最良の条件を用意してやると逆に苗木が育たないとのことでした。

これ、実に人間社会と同じやなぁと感じいった所存です。苦手な人が一緒にいて、我慢して、はじめて成長できる...。

もしかしたら、最良の条件より、最悪の条件の方が、最良の条件だったりするかもしれないと思う今日このごろです。

アニキ、そういうことだ(謎)。

2002/08/31 休息日

今日は一日、だらだらと、そして昼寝たっぷりと過ごさせてもらいました。

ママと子供達に感謝、感謝、有り難い。

明日の日曜日は、休日出勤で、月末、月初めは、月次更新処理などでなにかと忙しい...。



尚、以下は、感謝したい時に使うスタイルシート。

.arigatai:after{content: "感謝、感謝、有り難い。" !important}
<p class="arigatai">ママと子供達に</p>

2002/08/27 あなたなら、どうする?

通勤時、やっと階段を登りホームへついたら、電車が来ていて、とび乗ろうとした瞬間、アナウンスで『ドアを閉めますので無理なご乗車は、ご遠慮ください』を聞いてしまいました。タイミング的には、乗れそうです。さーどうする?

実は、今日の朝、まさにコレでした。そして、私は乗りませんでした。しかし、非常に残念な思いが心に重くのしかかりました。乗りたいという我欲に打ち勝ち、アナウンス通りにしたのだからと自分を慰めましたが...。ちょっとしてから、このことを日記のネタにしてしまおうと思った瞬間、なぜか心が軽くなりました。というお話し。いやー、ネタ切れか...。

さー、あなたなら、どうする?


我欲を捨てることも大変、我欲を捨てた後の未練を捨てることも大変。しかし、その後にご褒美が...。

2002/08/27 言う事を聞かない家族

アニキ(高2)は、捻挫が完治していないのに部活(バスケット)の練習に復帰して、家に帰ってくると「イッテー(痛い)、イッテー 」。完治してからと、「急がばまわれ」と、いっても言う事を聞かない。

ママは、やっくん(小6)のミニバスケの合宿に役員としてついて行って、帰ってきたけど、疲れてダウン、お腹が痛いと寝たきり。で、医者に行こうといっても言う事を聞かない。

そして、いつも通り、マサくん(小2)は、全く言う事を聞きません。(いやー、甘やかして育ててしまった)

たまには、言う事を聞け!...と、ネットに怒りをぶつけてみるテスト。いやー、ネタ切れか...。


しかし、ママは、やっと医者に連れていきました。明日には、良くなると医者から言われました。一安心。

で、ママが一言、『一番、言う事を聞かないは、あなたよ!』、やはりそうか...。

2002/08/27 僕はゴミ!

とあるメールマガジンで以下の記事がありました。

今週の『言い・聞きマチガイ』というコーナーで、面白かったので、皆さんにも、ご紹介します。

 姉の友人(保母さん)の話です。
 そこの幼稚園児のある男の子は、いつも母親から
 「あなたはママの誇りよ」と言われていたそうです。
 しかし本人は意味が解らず先生に聞きました。
 「先生、”ほこり”ってなぁに?」
 聞かれた先生は知らずに
 「ゴミのことよ」。。。。。
 男の子は泣いて帰ってしまったそうです。
 カワイソウ。。。

私は、思わず、吹きだしました。いやー、ネタ切れか...。

2002/08/23 イルカのジャンプ!

今日は、ママとヤス(小6)が、本夏休み二回目のミニバスケットの合宿で茨城県の方へ、。ちなみに一回目は川上村へ...。で、残ったパパ(私)とマチャ(小2)は、前前からイルカが見たいと言うことで、「しながわ水族館」へ行ってきました。

とにかく、イルカショーのイルカのジャンプが凄く高くて驚きました。マチャ君も大喜びの大満足でよかったよかった...。水族館も意外と見所が多くてよかったよかった...。

イルカくん達は、挨拶もちゃんと出来て、どこぞの会社の礼儀知らず達に見てもらいたいぐらいでした。

で、感動を一つ、イルカショーで、イルカくんがくちばしでフラフープをしながら泳いで、指導員の人へそれをパスするのですが、今日はなんか調子が悪いということで、なかなか上手く行きません。2回目、3回目と駄目で、もう、指導員がやめの指示をだしても、イルカくんがもう一度と言うことで、4回目は、欲しくも失敗、5回目でやっとフラフープのパスを成功。そして会場は声援と拍手に渦につつまれました...。

とにかく、イルカくんの一生懸命さには、感動でした。あらためて、ちゃいちゃんのメッセージ『一生懸命生きること』を感じ入った所存です。イルカくん、ありがとう!

2002/08/18 Bチーム入り

やはり、うちのお兄ちゃん(高2)は、部活バスケットで、今回の捻挫で、また、元のBチームへ落とされてしまいました。そこは、厳しい実力の世界、当然といえば当然...。

しかし、今回も地獄で仏がありました。ちなみに前回はこちら...

捻挫の治療で、良い医者(病院等)を回りから沢山アドバイスをもらえたり、もらえ過ぎで、どこにしようか悩んでいる時に、全く別で、たまたま、お兄ちゃんの小学校時代のミニバスケットの知り合いのおばさん(その人は、おねーさんというニックネーム)に出会い、そして、おばさん家がはり治療の開業医をしていて、そこで親切に治療をしてもらい、今は、Bチームの合宿に行っています。ちなみにAチームとは別の場所。

今回のことで、流した悔し涙の分、精神的には強くなり、また、Aチーム入りへのリベンジへ明るくチャレンジし始めました。

やはり、神様仏様は、いたみたいです...。

2002/08/15 僕、幸せ!

夏休みということで、蟹を茨城水戸方面のカニ専門レストランへ食べに行ったり、東京立川の昭和記念公園のプールへ行ったりしました。

うちの おぼっちゃま こと まちゃくん(小2)が、蟹を食べていて一言、『ん〜僕、幸せ!』、おぅ、こんなセリフを言える歳になったのかと...感慨無量。

また、プールでも子守りの必要がなくなり、一人でウォータースライダーもガンガン行って...、ちょっと前まで赤ちゃんだったのに成長したな...感慨無量。

2002/08/13 試練...

部活バスケットで、やっと念願のAチーム入りが出来たうちのお兄ちゃん(高二)は、遠征を前にして練習中に捻挫...。骨は大丈夫だったのが不幸中の幸い。これからって時に無念の涙...(以下略)。

普通、仏教では、すべて仏さまのおはからいで、これは、なにかの成長のための試練と受け止めなくてはなりませんが...。現実は、非情です。

本当に、神様仏様はいますか...。

2002/08/05 頑張る家族

なにやら、ちゃいちゃんパパ一家は、私以外、頑張っているぞ!

やはり、頑張ったあとは、休息しないと...。しかし、休息だけじゃ駄目ですよ!...ってオレのことか。

2002/08/05 鼓笛フェスティバル

昨日は、東京杉並区で行われた鼓笛フェスティバルを見てきました。
そう、過去十数年間ずーっと毎年、ちゃいちゃんが参加していた...、また、弟マサくん(小2)にとって去年に引き続き2回目の鼓笛フェスティバルです。

ずばり、凄く素晴らしかったです。実は、隊員が少なくなっていて、ちょっと心配していたのですが、よくここまで纏め上げました。

もう、ちゃいちゃんの姿を探す感じはなくなり、ちゃいちゃんもお空でみているんだろうなぁ...。なんて思えるようになりました。

しかし、今回も、ちゃいちゃんのズックを後輩の女の子に貸してあげたり、やはり、舞台で一緒に踊っていたのかなぁとも思ったり...。

ちゃいちゃんが亡くなってからの前2回と違って、今回は、すごく明るい感じがしたのが、みんなも立ち直ってくれたのかと思いました。

やっくんがバスケの方にいっているので、鼓笛は、マサくんへちゃいちゃんの分まで任したぞ!といってみるテスト。

2002/08/05 夏バテ

いやー、毎日暑いですね!

なんにもやる気がでません。と言いながら、本日記を書いておりますが...、うそいってすみません。いや、嫌なことはやる気がでないですか...。

話は、いきなり、やっくんのミニバスケットですが、暑い中の練習で、先生から、『頭から水かぶれ』という指示のもとで、なんとレギュラー4人が風邪を引いてしまったというお話し。

子供たちもこの暑さと練習で免疫力が下がっていたみたいです。

そう、やっくんも39度の熱を出して家で寝ております。先生、『頭から水かぶれ』は、ちょっとまずかったようです。お母さん方から圧力がかかると思います。私は、その横で聞いていましたので...。

2002/08/02 Aチーム入り!

うちはネタですが、うちのアニキことヒロちゃんが高校の部活バスケットで、今回の夏休みの合宿で、念願のAチームに入ることができました。

体育系の人には、このことが、どんなに大変なことかは、ご理解していただけると思います。

土日なく、普通の日は朝練で、生活のすべてがほとんと部活に費やされる...。正直にいって親(特にママ)も大変...。


やはり、努力が報われると凄くうれしいです。神様仏様は、ちゃんと見ていてくれたんですね...(感謝)。

2002/07/21 家族

ボーナスが、寸志にかわって、私と妻とで一騒動(謎)。

ミニバスケットで、やっくん(小6)のバックパスが2回決まって、おーっ! カッコイイ!!

鼓笛隊の合宿から帰ってきた、まさくん(小2)は、日焼けして、なんかたくましいぞ!!

兄貴(高2)は、上の一騒動でレフリー役、なんか成長したな...。力ではもう、勝てんなぁ...。

2002/06/16 『父の日』の会話

三男(小2)の場合
パパ: まさく〜ん、今日は『父の日』だけど...。
三男: じゃ、なんか買って!

オイ、逆だろう!

次男(小6)の場合
パパ: やっくん、今日は『父の日』だけど...。
次男: あっそう、それで...。

やけに、クールやな...。

長男(高2)の場合
パパ: ヒロちゃん、今日は『父の日』だけど...。
長男: オヤジ、コロス!

さすが、体育系。

ママの場合
ママ: 『父の日』に何買おうかしら...。
パパ: 何でもいいよ!
ママ: パパのでなく、おじいちゃんのよ!

いやー、『父の日』なんてこんなもんです...。

2002/05/18 謎の家族

こんな家族、他にいるかなぁ...(謎)。

誰か、ネット中毒症に効く薬はありますか...。

2002/05/14 応援団長!

昨夜、あの不登校のやっくん(今は登校しています)と一緒にお風呂に入っていた時...。

やっくん : 『オレ、応援団長(運動会)になったんだ』
パパ     : 『凄い!もうお母さんにいったか?』
やっくん : 『まだだよ』
パパ   : (いきなり、お風呂のドアをあけて)『おかぁーさん! ビックニュース!やっくんが応援団長になったんだって!』

そして、本人曰く、『オレ、学校休んでばかリいるから、頑張らなくちゃと思って、それに兄貴も応援団長をやったし...。』

偉い! 私は、涙をこらえるのがやっとでした...。(今までの経緯が頭を一瞬に駆け巡り...)

かつて、ちゃいちゃんが4年生の時で、お兄ちゃん(当時6年生)が応援団長をやった時、ちゃいちゃんが赤、お兄ちゃん白で、家中に響きわたる、ライバル意識丸出しのお互い大きな声での応援合戦の練習を思い出しました...。

当時1年生のやっくん(今6年生)は、それを見ていたのでしょう...。

やっくん、がんばれ!

2002/05/12 ちゃいちゃん15才の誕生日

今日、5月12日は、そう、ちゃいちゃん15才の誕生日です。

といあえず、ケーキを買ってきて、みんなで、Happy birthday to you ♪

やっくんの悲しそうな目が印象的でした...。

オイ、そんな目するとパパまで悲しくなってくるぞ...、やっくん、頑張って乗り越えて行こう...。

2002/05/11 最近の子供アニメ映画は凄い!

今日、やす(小6)とまちゃ(小2)を連れて、吉祥寺の映画館へ「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」を見に行きました。 また、つい先日は、まちゃを連れて、調布の映画館へ「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を見に行きました。

両方とも、「千と千尋・・・」に匹敵するぐらい、凄く良かったです!

感動、涙、友情、愛情、家族愛、恋愛、社会正義、etc...、子供がいない人は見に行きづらいと思いますが、絶対損はありませんよ、是非、行って見て下さい!

2002/04/27 とりあえず、やっくん復帰

月、火、水、木、と休んでいたやっくんが、昨日(金)は、学校へ行けました。神様仏様に感謝...。

でもまだ、油断を許せません。真の原因がつかめていないので...。とにかく、コミュニケーション&祈りでなんとか対処...。

ということで、ネット(サイト更新とBBS返信)は、やっくんの状態が良くなるまでお休みします。ご了承ください。

2002/04/25 登校拒否再発

いろいろなことがあったけど、ちゃいちゃんの参回忌も無事終わって、お祖父さん(私の父)が軽度の脳内出血で入院、10日間で退院した後、すべてが順調と思った矢先、また、やっくん(小6)が、学校へ行けなくなってしまいました。

今度は、どういう意味のある「順調な試練」なのか...。とりあえず、やっくんとのコミュニケーション&ネット控えめ行きます...。

2002/04/14 メッセージ予告 in ちゃいちゃん三回忌

実は、今日は、「メッセージ in ちゃいちゃん三回忌」をまとめようと思ったのですが、リアルワールドの方がいろいろ忙しくてできませんでした。 近いうちに、三回忌にもらった、皆さんからのメッセージをまとめて公開したいと思っています。

本当に、丸二年も経つのに沢山お手紙やメールを頂きました。ありがとうございました。

あと、ちょっと、わが娘ちゃいちゃんの自慢をさせて下さい。一周忌の時もそうだったのですが、お参りに来てくれる人が単にお友達だけでなく、母子揃って来てくれるのです。

これって、もしかしたら、ちゃいちゃんと関わったことによって、お友達だけでなく、そのご家族までちゃいちゃんは、良い影響をあたえていたのかなぁ、なんて思いました。

ちゃいちゃん、凄すぎだよ...。

2002/04/13 鼓笛隊半減 in ちゃいちゃん三回忌

ちゃいちゃんと言えば、鼓笛隊。鼓笛隊と言えば、もちろん、ちゃいちゃんです。そう、亡くなる4日前まで、活躍した例の「花祭りパレード」が、今年はちゃいちゃんの命日の次の日の4月7日にありました。

ちゃいちゃんが亡くなってから、凄くまとまって、本当に驚くほどレベルの高い鼓笛隊になっていたのですが...。そして、去年の「花祭りパレード」は、うちのやっ君とまさ君がデビューして...。しかし、今年は、隊員が半減して寂しくなってしまいました。

実は、やっ君とまさ君も鼓笛隊をお休み中で...。ことしのパレードには出ませんでした。しかし、ちゃいちゃんが履いていたパレード用のズックを新人の子に貸すということで、ちゃいちゃんは、間違えなく「花祭りパレード」へ参加していた模様です。

パレードの次の日は4月8日で、花祭りパレードの元になった降誕会(ブッタの生まれた日)です。その会合(法座)で、鼓笛隊の責任者さん達が、隊員が半減して、もう鼓笛隊を解散した方が、良いのではないかと訴えはじめたのです...。

私は、思わず、ちょっと待った! と、ネットでお世話になっている人から三回忌にもらったメールのメッセージをお伝えさせてもらいました。

パレードは人が生きていくことを示す行進の証。

ちゃいちゃんは、12年間毎年、「花祭りパレード」で「生きていくことの証」を実践していたのだと...。

会合が終わったと、鼓笛隊の責任者さん達が私のところに来て、目を輝かせながら、これからも鼓笛隊を続けていくとおっしゃってくれました。

このように、ちゃいちゃんが、鼓笛隊解散の危機を察知して、良いご縁を天国から仕向けたような感じがするのは、私だけでしょうか...。

2002/04/12 お祖父さんのお清め出席拒否 in ちゃいちゃん三回忌

子供たちが学校の終業式を終えて、春休みに入り、家内と共に実家へお泊りに行きました。はじめは一日だけだった予定が二日になりました。子供たちのお祖父さん(私の父)は、このことが、気にくわなかったらしく、機嫌が悪くなり、三回忌のお清めには出ないといい始めました。さー、こまった...。

普段から、親孝行が出来ない(実はお祖父さんを嫌っている)私は、お彼岸でのいろいろな集いで、先祖供養や親孝行の大切さを聞くたびに、「少しはしないとなぁ...」と思っては見ても「でも、できない」自分がありました。

そして、お彼岸でのいろいろな集いの、実は、実行委員である私は、支部長さんと言う人にアドバイスをもらいました。『お祖父さんは寂しいのよ、やさしい言葉をかけて、親孝行をしてみてください。きっと、ちゃいちゃんが天国からお祖父さんにもっとやさしくしてあげなさいって言っているよ』というアドバイスを頂きました。

早速、家に帰って、お祖父さんが探し物をしていたので、一緒になって探してあげたり、朝の挨拶を積極的にしたり...。すると、なんと、お清めはちゃんと出席するよって言ってくれました。やー、一安心。

その後、お清めが終わったあと、子供達にイトーヨーカドーでプレステ2を買ってくれたり、上機嫌になっていました。数日前の不機嫌が嘘のようです。

このように、ちゃいちゃんが、なかなか親孝行を出来ない私を、親孝行ができる状態に極限まで追い詰め、家族の絆を深めるように仕向けたような感じがするのは、私だけでしょうか...。

2002/04/11 やっ君の登校拒否 in ちゃいちゃん三回忌

三回忌が近づいてきた2月の中頃、一周忌の時は、言葉に表せないぐらい辛かったのに、今回の三回忌は、それほどでもないぞ...、なんて思った矢先...。次男(当時5年生)の康友ことやっ君が、学校が怖いと言い出し、登校拒否になってしまいました。もともと、結構ズル休病なので当初は、あまり気にしていなかったのですが...、今回は頑なに学校へ行きません。

そこで、担任の先生や家内と何度も相談していろいろ手を打ちましたが、あまり効果が無く、朝の登校時になると身体の具合が悪くなり、結局、お休みすることになっていました。

また、突然、やっ君が、ちゃいちゃんのお墓参りに行きたいと言い出し、ちゃいちゃんからパワーを貰うんだなどと言い始めました。実は、学校に行けない自分を本人が一番悩んでいたのです...。そして、お墓参りに行く日の朝、やっ君がちゃいちゃんの夢を見たと、お話をしてくれました。

『夢の中でね、僕、ちゃいちゃんになっちゃったんだ...。鏡を見たら、髪の毛がのびていて、なんで長くなったんだろうと思って、よく見たらちゃいちゃんになっていたんだ。そんな馬鹿な、と思って、パンツの中に手を入れたら、オチンチンがなくて、驚いて目を覚ましたんだ...。』

またこの日、私だけ、とある会合(法座)があり、お墓参りに行けず、その会合で教会長さんという人から『今は、インターネットなどの趣味は控えて、お子さんとのふれ合いを第一にする時期ではないですか。ちゃいちゃんが亡くなってから、親が悲しんでいるところを沢山見てきた子供達の切ない気持ちを、今、汲み取る時期ではないですか。』という有り難いアドバイスを頂きました。

どうやら、自分だけネットに悲しい思い、苦しい思い、辛い思い...、をぶつけ、救われてしまったようです...。そして、妻と子供たちを置き去りにしてしまったことに気づかせてもらいました。

とりあえず、やっ君は囲碁が得意なので、囲碁の相手になってあげてコミュニケーションを図りました。そして、6年生になった今は、毎日元気の登校するようになりました。どうやら、私と子供たちのふれあいの無さが、登校拒否の一つの原因だったようです...。

このように、ちゃいちゃんがやっ君を通して、家族の絆を深めるように仕向けたように感じがするのは、私だけでしょうか...。

2002/04/10 再開!

燈明日記の再開です。

3/31が、ちゃいちゃんの法要の三回忌。4/6が、命日の三回忌。そして、4/8が、お祖父さん(ちゃいちゃんパパの父)救急入院...。

いやー、忙しかった。お祖父は、軽度の脳内出血で一週間程度で退院できるとのことで、一安心。

命日(4/6)は、朝からお参りの人とお花屋さんが次々と引切り無しに来てくれて、驚くとともに凄くあり難かったです。仏壇の周りは、可愛いお花と果物&お菓子で、まさに埋め尽くされました。凄い...。

また、合間を見て、お墓参りに行って来ましたが、お墓にも、お花が沢山上がっていて、これまた、驚くとともに凄くあり難かったです。

三回忌法要(3/31)は、身内だけで行いました。法要の一ヶ月前ぐらいから、いろいろな悪い現象が起きていて、なんと 3/31を境に好転した感じです。しかし、お祖父の入院は好転とは、ちょっと言いがたいですが...。とにかく、近々、今回のことを手向けとして、まとめてみます。「ちゃいちゃんの軌跡と奇跡」三回忌バージョンとして...。

では、家庭不和にならない程度に、毎日更新をしていきますので、また、よろしくお願いいたします!

2002/03/20: ふれあい2

うちの子供たちが、囲碁が強い訳がわかりました。ゲームボーイ用の囲碁ソフトがあり、毎日それで練習をしている模様。 にわか勉強の私では、到底太刀打ちできません。まして、硬い頭では...。

本格的に囲碁に取り組むぞ...。父権にかけて!

2002/03/19: ふれあい

今日は、会社を休んで、登校拒否児、やっくんのお相手をしました。やっくんは今、囲碁に凝っていて、朝、私と一局してから学校へ連れて行きました。教室には行けず、保健室へ...。

囲碁は、全く勝負にならず、やっくんからいろいろ教えてもらいました。将棋なら結構自信があるのですが、囲碁は、ルールさえろくに知りませんので、ぼろ負けです。

やっくんに負けるのは、そんなでもないのですが、弟のまさくん(小1)に負けたのは、ショックでした。ついこの間まで、赤ちゃんだったのに...。

マジで、囲碁を勉強しようと心に誓う今日でした。

囲碁をふれあいとして、登校拒否をなんとか解決したいと思っているのですが...。どんなもんでしょう...。だれにともなく...。

2002/03/18: ちゃいちゃんの訴え

昨日、お母さんと子供たちが、ちゃいちゃんのお墓参りに行って来ました。ちなみに、私は、重要な用事でいけませんでした。

で、最近、登校拒否ぎみのやっくんが、一生懸命にお墓のお掃除をしてくれて、終いには、お墓を雑巾で拭き始めたそうです。

お母さんは涙ぐんで、その話を私に聞かせてくれました。

オチンチン夢といい、ちゃいちゃんがやっくんを通して、何か訴えているような気がしてきました。

たぶん、最近、ネットのことしか頭になくて、もっと家族やちゃいちゃんのことを思ってね...。 って、そんな感じがして来たのです。

ということで、ネットは控えめにシフトしていきます。

2002/03/17: 家庭成仏

ちゃいちゃんの三回忌も近くなって来て、周辺にいろいろと、また、不思議な現象が起きています。

一周忌の時は、言葉で言い表せないほど辛かったのに...、今回は、正直、それほど辛くありません。

しかし、子供たちが、ここに来て様子がおかしいのです。登校拒否や兄弟ケンカなどなど...。

そして、ちゃいちゃんが亡くなった時、連続2回も夢を見た、やっくんが久々に今日の朝、夢を見たお話しをしてくれました。

『夢の中でね、僕、ちゃいちゃんになっちゃったんだ...。鏡を見たら、髪の毛がのびていて、なんで長くなったんだろうと思って、よく見たらちゃいちゃんになっていたんだ。 そんな馬鹿な、と思って、パンツの中に手を入れたら、オチンチンがなくて、驚いて目を覚ましたんだ...。』

どうやら、私だけ、ちゃいちゃんへの思いをこの2年間、ネットにぶつけたことにより救われてしまったようです。

そして、子供や妻を置き去りにしてしまったことに、改めて気づかせてもらいました。

これからは、本当に家庭第一、子供第一で、子供や妻を救っていくことを、真剣に決意いたしました。

ですので、これからは、ウェブページ更新は、ほどほどにしますので、ご了承ください。

尚、家庭成仏の成仏とは、現代訳では、死んでから天国に行くことになっていますが...。本来は、読んで字のごとし、仏に成ることです。 そして、「仏に成る」とは、ずばり、「幸せに成る」ということだと、私は解釈しています。だれにともなく...。

2002/03/10 結婚記念日

昨日、家内に言われるまで、すっかり忘れていた...。そう、今日は17回目の結婚記念日です。

うちのお兄ちゃんも当然、今年で17歳。あっと言う間の17年でした。

ちゃいちゃんのことや、貧乏で、夫婦ケンカはいつもで...、しかし、離婚もせずここまで来れたのは お互いに信仰のお陰様かと最近常々思っています。

さて、今日は、どんな作戦でいこうかなぁ...。

2002/02/27: 復調

とりあえず、ちゃいちゃんママの体調がだいぶ良くなって来たので、妻と子を置き去りにして、会社に行きました。

そして、やす と まちゃは、学校を休んだようです...。

まぁ、やすの担任の先生が、学校はいつ来てもいつ帰ってもいいって、言ってましたし...。

救いは、ママの復調の兆しがあることかなぁ...。

2002/02/26: 主婦業二日目

今日も会社を休んで家の用事をしました。ちゃいちゃんママは、夕方ぐらいからやっと起き上がれるようになりました。

主婦業はホント大変です。一番大変だったのは、食事の支度でなく、洗濯でなく、ママの看病でなく、掃除やごみ出しでなく、そう、子供の学校への送りだしです。

マチャ(小一)とヤス(小五)。この二日間で、両方の担任の先生とお話しをするご縁をもらいました。まぁ、お母さんが休んでいると子供まで休んでしまいそうになるそんな家庭です。

なかなか、子供の育て方は、難しい...。いや〜毎日、お母さんは大変だー!

明日は、なんとかして下さい。神様仏様!

2002/02/25: 洗濯と看病

昨日は、私は霊園奉仕で、一方、ちゃいちゃんママは、ある恩人のお誘いでお茶会に出席し、慣れないことをしたため、今日はダウンしてしまいました。

しょうがないので、会社を休んで、2日分の洗濯や食事の調達、医者に連れていったりと、大変忙しく過ごしました。いや〜マジで主婦の仕事は大変です!

明日は、なんとか直ってもらいたいと神様仏様にお祈りいたします。しかし、本当に、「人生は思い通りにならないからこそ価値がある」で、自分を納得させているこの頃です...。

2002/02/24: 霊園奉仕

今日は朝6:30に家を出て、7:30から15:00まで佼成霊園で参拝者の案内係をさせて頂きました。途中に仲間と一緒にちゃいちゃんのお墓参りをしました。

仲間の手前、涙は見せられませんでしたが、もうすぐ三回忌(4/6)で、一周忌の時よりは大分立ち直れた感じがします。

2002/02/23: 2時間待ち!

花粉症がひどくなり、やっくんまで今年から花粉症になり、親子揃って耳鼻科に行ってきました。

九時半に受付して52番,53番で、順番が来たのは2時間後の11時半でした。みなさん、花粉症のようでした。

明日は、朝早くから霊園奉仕(法事受付等)です。ちゃいちゃんに逢ってきます。おやすみなさい...。

2002/02/22: ビンチ!

1月のインターネット代明細をちゃいちゃんママに見られてしまいました...。いつもは、事前に闇へ葬りさるのですが...。しかも、いつもは、7千円前後なのに、1月は、なんと1万3千円を越えていました。またしかも、3万PCを買った直後です。

奥さんのいる方なら、もう、想像ができますよね。そうなんです...。非常に厳しい状況です。

やはり、日記巡回が利いているようです。しばらくは、謹慎しているしかないみたいです...。

さとみかんから外されたのも、もしかしたら、神様仏様の暖かいご慈悲だったのではと思うこの頃です。

2002/02/12: キーワードは感動...

ファルコンの優勝は、家内にとって、私以上に感動があったようです。

と言うのは、やっ君は、あかちゃんの時から体が弱く、幼稚園、学校と月の半分をいつも休んでいて、家内が看病をしていました。

そんなやっ君が、2年生の時、お兄ちゃんの影響でファルコンに入り、ミニバスをはじめました。はじめた当初は、 体が心配で、何度もやめさせた方が良いと相談をしたものでした...。

しかし、ちゃいちゃんが亡くなった4年生ぐらいから丈夫になってきて、ズル休み以外学校を休まなくなりました。そんなやっ君ですが、身長は5年生中一番のチビで決してバスケットには向いていないのに、それが逆に目立ち、そして一生懸命なプレーがみんなの感動を呼んだのです...。

で、なんとなく、分かってきたのですが、命題『何のために生きるのか』『生きがいとは』の答で、たぶん『感動』が大きなキーワードになっているような気がしてきました...。みなさん、どうでしょか...。

2002/02/11: 優勝!! ファルコン!

すみません、ローカルネタです。今日、東京日野市でミニバス(小5)の多摩リーグ新人戦がありました。

我が息子、やっく君のいるファルコンが優勝しました。

決勝戦までは、いつも40点差ぐらいの大差をつけての楽勝でしたが、さすがに優勝戦は、終わり2分前まで24対25で負けていました。 まさに、神様仏様と祈らずにはいられない大接戦でした。祈りが通じたのか、2点追加後にメンバーチェンジがあり、やっ君の出番です。この時点で26対25で逆転、そして、また2点追加して、やっ君が、やや離れたところからシュート...と同時に終了のチャイム。 ボールは、バスケットに吸い込まれましたが、無情にもノーゴール...。しかし、接戦を勝ち抜いた歓声は体育館に響き渡りました。

勝った喜びはもちろんですが、実はそれより、負けた子の涙が心に染みてきて思わずもらい泣き...。かつて、お兄ちゃんが中学校時の都大会予選決勝戦敗退での泣き崩れたシーンを思い出してしまいました。

とにかく、勝っても負けても一生懸命、スポーツって素晴らしい!

2002/02/03: 鬱

今日は、久々に朝寝坊で10:30に起床しました。そう、年末の風邪でダウンした時以来...、今年は年始めからいろいろと忙しい。

起きてみると、なんか、心が虚しい...。とりあえず、ネットして、この燈明日記を見ていると、お兄ちゃん(高1で今日は珍しく部活がオフで家にいる)が部屋に入って来て 燈明日記を読むなり、『むかつくことが沢山書いてある〜、ムシズがはしる〜』と言いながら部屋を出ていった...。

余計、心が虚しくなり...、そんな中、弟のやっ君(小5)がミニバスの練習から帰ってきたら熱を出してダウン、やっと、まさ君(小1)の風邪が治ったところなのに...。

人は、何のために生きているのでしょうか...。また、わからなくなってきた...。外は冷たい雨だし...。

2002/01/30: 小学校の頃

うちのやっ君(小5)、毎朝学校へ行く時に、女の子が2、3人迎えに来ます。多い時は5,6人来ます。 かつて、ズル休み病になった時に、クラスのはからいで、近所に女の子しかいなくて、そうなったのですが...。 ズル休み病は、まぁまぁ直った今でも、女の子達は、習慣で迎えに来てくれています。うらやましい...。 また、いろいろ話を聞いていると、他にも結構モテモテで、うらやましい...。

一方、私が小学校の時は、ビンボーでお風呂は週一回銭湯に行っていて、まぁ普段は、汚くしていたわけです。 鬼ごっこなどで、女の子と手をつなぐ時に、私だけハンカチを媒体にしてつなぐわけです。『コイケくん汚いからと...』。 子ども心にもみじめな思いがあったのを今も忘れることが出来ません...。

で、何がいいたいのかと言うと、やっ君の話を聞いて『うらやましい』と思う反面、なんか凄く嬉しい気持ちなりました。やっ君、ありがとう ^^;

2002/01/24: ちゃいちゃんからのメール...

最近、沢山メーリングリストに入ったりして、メールが増えてきたので整理をしたら、ちゃいちゃんからのメールを発見しました。

もちろん、このメールはゴミ箱へは捨てられません。

パパ頑張ってお仕事してねおかねかせいできてね さゆり やすとも

おとうさんげんきですかしごとをがんばってくれおやじ やすとも さゆり

日付を見ると1998年7月22日で、ちゃいちゃんが小5でやっくんが小2の夏休みです。

『おかねかせいできてね』、なんか、ちゃいちゃんらしい...。

『がんばってくれおやじ』、やす!、おまえ小2の時にすでに『おやじ』って呼んでいたのかぁ!

以後、仕事が手付かずに...。天国からメールは出せませんか...。

2002/01/14: 敗退後の涙...。

今日(きょう)、やっくん(小5)が一生懸命に練習しているミニバスの全国大会への予選2回戦で、予選優勝候補のとあるチームに10点差で、負けてしまいました。

試合後、選手達はもちろん、監督も、選手のおかあさん達も全員で泣いたそうです。(私は、用事で行けなかった...)

今回は、本当に厳しい練習をして、全国大会を目指していた、やっくんのチーム『ファルコン』...。

この涙は、私にも押寄せて、心にしみて来ました...。これは、厳しい練習の日々をともに共有したものだけが、わかりあえる、口惜しさでなく、悲しさでなく、言葉では言い表せない涙です...。

そして、6年生の冬は終わり、5年生の来年の冬のはじまりでもありました。やっくん! 来年は、君の出番だーっ!

2002/01/09: 地獄で仏

うちのお兄ちゃん(高一)は、昨年の夏休みぐらいから、バスケット部や高校を辞めたいといい始めました...。

うちのお兄ちゃんは、小学校の時からバスケ一本槍で、しかし、高校のバスケット部は全国レベルでレギュラーになれず、練習も厳しく、落ち込んでいました...。

そんな中、昨年の暮れに、偶然にも小学校の時、ミニバスの全国大会でお世話になった恩師のコーチと再会したのです。しかも、そのバスケット部の新任コーチとして...。

そのコーチは、当時、東京都代表で全国大会出場ということで、東京都から派遣されたチーム強化のためのコーチでした。

そして、その全国大会で奇跡が起こりました。あれよあれよと勝ち進み全国三位になってしまのです。 まぁ、これも奇跡ですが、もっと凄い奇跡がありました。

当時、お兄ちゃんは、準レギュラーで、準決勝戦で、前半出場して、もう出番がありませんでした。 また、本大会で一本もシュートを決めていませんでした。

負けていた準決勝戦の残り1分前、メンバーチェンジがあり、なんと再度出番が回ってきたのです。そして、残り10秒前なんと相手の反則からフリースローで一点を決めたのです。最後の最後に...。この時の感動は今も忘れることができません。

そして、なぜ最後の残り1分前にメンバーチェンジあり、うちのお兄ちゃんが選ばれたかというと、後からの話で、一日も休まず練習に来たのは、うちのお兄ちゃん一人だけで、それをコーチは評価してくれたとのことでした。

こんな素晴らしいコーチと地獄状態の部活で再会したのです。まさに、地獄で仏!

そして、また、生き生きと高校へ通い始めました...。

やはり、なにごとも一生懸命にやっていると神様仏様が味方をしてくれるらしい...。

2002/01/08: 悩みの種

なんとか、悩みの種を人としての成長の種に出来ないものか...。私も本人も...。

2002/01/06: 一生懸命にやることに意義がある!

今日、ヤス(小5で息子)が入っているファルコンというミニバスケットのチームの練習を一日中体育館で観戦させてもらいました。

ファルコンの他に全部で4チームでの2チームづつの交互での練習試合です。

小学生といえども、一生懸命にやっていないと、監督からハリピンタが飛ぶ! その後、緊張感ある練習試合を展開していました。とにかく、勝っても負けてもみんな一生懸命です。

まさに、人生は、結果でなく一生懸命にやることに意義があるなぁと再確認させてもらいました。

だた、そばにいたピンタされた子供のお母さんが、ちょっと、可哀想で...。
とにかく、体育館は冷え込んで寒かったです。唯一のストーブは、お母さん達の占領状態で...。

ちなみに、私は、ファルコンの五年生達の輸送係りで、東久留米(片道1時間半)の小学校まで送り向かいをしました。 結構、いろんな意味で、有意義な一日でした。あぁ、有り難い、有り難い...。

2002/01/03: 継続は力なり!

今日は、ちゃいちゃんのお墓へ初参りに行ってきました。すでに、某教会の青年部の人達がお参りをしてくれたみたいで、お花が沢山あがっていて、また、2年近くなるのに覚えていて下さって、本当に有り難い思いで一杯になりました。

さて、本日記ですが...、力の続く限り毎日駄文を書かせてもらいます。本当は、インターネットする環境が凄く厳しくなっていて、ちょっとヤバイのですが...。(いろいろと...内緒です)

すべては、神様仏様にお任せして...。そして、「継続は力なり」を信じて...。

あと、背伸びせず、他の凄い日記の数々に惑わされず、マイペース、マイペース...。

2002/01/03: 今年もよろしく!

暮れの12/27から吐き気を伴なう風邪で、そのまま年を越してしまいました。更新が出来なくて、ちょっと辛かったです。

突然ですが、新年早々、スプーン曲げをマスターしてしまいました!!

Mr.マリックのTVを見ていて、なんか出来てしまいました。 コツがわかると簡単にグニュっと曲がります。それを見ていた子供達は、尊敬の眼差しです。やった!

さて、今年の予定ですが、まず、JavaScriptでなくJavaをマスターしたいです。また、法華経は引き続きで、飯田史彦ワールドにも力を入れていきたいです。

そしてその中で、「生きがい」や「幸せへのヒント」を掴んで頂ければいいなぁと思います。

あと、忘れてはならないのは、「ちゃいちゃん天使のページ」等のちゃいちゃん関連で、いろいろ盛り上げて行きたいです。

では、今年もよろしくお願いいたします!

◆ おわりに

拙い文章をここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

なんだかんだ云っても、家族が一番です。家庭の『和』なくして、何も始まりません。

まず、家庭をととのえ(斉家)、そして、ぬくもりのある家庭をめざしましょう!


たぶん、ここまで読む人は、あまりいないと思いますので、恥かしいけど書いてしまおう。

『妻(夫)を愛し、子を愛す』そう、親バカでいいのです。愚かに徹するのです(謎)。

では、また、お会い致しましょう!

人のよいところをどんどん見つけよう