ChaichanPapa-World !

ちゃいちゃんパパの親バカ日記(2001年)

天神が
『何ものが、人々の依りどころであるのか、何ものが、この世で最高の友であるか』
と問うた時、
釈尊は
『子供たちが、人々の依りどころである、そして、が、最高の友である』
と答えたという。
                         『相応部・一・五四』

◆ はじめに

燈明日記での家族ネタをまとめて見ました。

ちゃいちゃんファミリーの謎を知りたい方は、どうぞ!

まずは、登場人物のご紹介。

ちゃいちゃんファミリー(2010/06/29 現在)

ちゃいちゃんパパ

私です。謎のプログラマ、作ったプログラムも謎だらけ(天然スクランブル)。オヤジと呼ばれています。

ちゃいちゃんママ

ファミリーで一番やさしい人。ここ4年ぐらい前から鬱病を患いましたが、最近は大分良くなりました!

ヒロちゃん(長男・24才)

大学卒業後、とりあえずフリーターへ、ミュージシャンを目指して頑張っています。アニキと呼ばれています。

ちゃいちゃん(長女・23才)

いつもお空からみんなを応援してくれている、頑張り屋の美少女。ちゃいコと呼ばれています。

やっくん(次男・19才)

大学2年生、誰にでもやさしくて、問題児の兄と弟に悩まされている美少年。ヤチュと呼ばれています。

マチャ(三男・16才)

高校1年生、バスケとゲームだけ一生懸命の頑張り屋の美少年。オージと呼ばれています。

◆ サマリー

本日記は、毎日更新される日記では、ありません。あくまでも、燈明日記での家族ネタをまとめものです。

まとめの更新タイミングは、月初めに一度行います。

書かれているテーマは、大きく分けて以下の通りです。

自分で言うのもナンですが、結構よい事も書いてありますよ!

結構、量もありますので、お好きな時にお好きな所をお読みください。

そして、万が一、本コンテンツが、あなたにとって、なにかのプラスになれば幸いです。

では、ごゆっくりご覧ください。


ちなみに、プロフィールはこちらです。

◆ インデックス

■ 2001年

■ 他の年の日記

◆ 日記

2001/12/24: 理性では抑えられないもの...。

今日は、クリスマスイブ、ちゃいちゃんのお墓参りに行って来ました。

お墓の前で、法華経を読誦し始めたら...、涙で読めません...、この悲しさは、どこから来るのでしょうか、ちゃいちゃんの事でもう泣く事はないと思っていたのに...。

全く、理性ではコントロールできない、不思議な感情...。

そして、また、ひとつ人間として成長ができたような気がしました...。ちゃいちゃん、ありがとう...。

2001/12/23: 何でも有り難い!

よい事があれば、あぁ有り難いと思いますが...、これ普通です。

しかし、自分にとって、悪い事でも、有り難い、有り難いと思うとどうでしょうか...。
たとえば、

なんか、幸せな一生が送れる気がしてきませんか...。有り難い、有り難い...。

2001/12/18: 内輪ネタですが...

やっ君(小5)、11歳の誕生日おめでとう!

ちなみに、明日は、アニキ(高1)の16歳の誕生日です。

2人の共通点、バスケ命...。誰に似たんだ...。

2001/12/18: 『夏:見守る太陽』 form 沙友里の四季 By ちゃいちゃん

『夏:見守る太陽』

かんかんでりのお日様がこっちを向いて笑っている。
その下でみんながプールに入りぴちゃぴちゃ音をたてながら泳いている。
みんながプールから出た後もかわらずこっちをみながら笑っている。
なぜだろう?
お日様はギラギラしながら応援したりみんなを見守っていてくれたのかもしれない。

とにかく、ちゃいちゃんはプールが好きで...。毎年、伊東の温泉プールに行くのが何よりも楽しみにしていて、ある時、そのプールが改装中に行ってしまって、泣いて叫んだ悔しがりよう、今も忘れられません...。

あと、ちゃいちゃんにとってのお日様は、仏さまだったのかな、なんて思いました...。

2001/12/17: 『春:種まく学校』 form 沙友里の四季 By ちゃいちゃん

『春:種まく学校』

春はみんなが知らないうちに寄ってくる。
校庭に桜がさいて他の木も緑になる。
暖かい風がふくと桜の花びらがひらひらダンスする。
そこを通って一年生がニコニコ笑いながら入学する。
春は学校からどんどん広がって私の家にもみんなの家にも春が来るんだ。

          By ちゃいちゃん

「ひらひらダンス」、「ニコニコ笑いながら」は、ちゃいちゃんらしい感性で、「寄ってくる」、「来るんだ」は、 ちゃいちゃんらしい気が強い表現だな...。

よく、「パパッ」ってちゃいちゃんに怒られたっけ...。たまに聴こえる気がするんだ...。ちゃいちゃん、今、どうしていますか...。

2001/12/16: ちゃいちゃんのサテライトビデオ

今日、会社の後輩が家へ遊びに来て、久々に『ちゃいちゃん天使のページ』の衛星放送されたドキュメントビデオ を見ました。

やはり、涙が出てしまいました。後輩には、気付かれないようにしましたが...。

このビデオは、本当に凄く良くできていて、皆さんにも、是非見てもらいたい...。もしよろしければ、送り賃はクロネコの着払いで送ります。

ビデオ代と雑費は奉仕(無料)させてもらいます、送り賃だけは、着払いでお願いします。

2001/12/15: 財布(運転免許証)が見つかりました!

三段重ねのおもちゃ箱の下から出てきました!

たぶん、マサ君は、自分でおもちゃ箱へ隠しておきながら、何かの拍子におもちゃ箱の下へ落ちて、本当に無くなったしまったので、たぶん焦ったものと思います。 実際、マサ君は、家中を私と一緒に一生懸命に探してくれました。その時の真剣さが、今思い出され、抱きしめたくなる思いです。

そもそも、原因は、私のマサ君へのお節介で、やはり煩悩は、子供を駄目にしてしまうみたいです。

「本当の親切」と「お節介な親切」、なかなか見極めが難しいです。やはり、法華経をもっと勉強して法に沿った親切を身に付けるしかないみたいです。ではまた!

2001/12/14: 『冬:寒くなるとあらわれてくるもの』 form 沙友里の四季 By ちゃいちゃん

『冬 : 寒くなるとあらわれてくるもの』

寒くなってきた。
ハァーハァーとやると白くなる。
あれ? と思う間にきえてしまう。
いくらやってもかまらない。
いったいこれはなんなんだろう。
私は不思議でたまらなかった。

          By ちゃいちゃん

ちゃいちゃんの四季の詩が見つかりましたので、とりあえず『冬』です。徐々に公開していきます。

しかし、『いくらやってもかまらない。』の『かまらない』ってどういう意味だろう。『かわらない』、それとも『からまない』...、どちらにしても『かわらない』(謎)だ...。いや、もしかしたら『かまらない』か...。だとしたら、脱字得意な私に似たか...。

尚、四季の詩に対してのちゃいちゃんのお友達の感想もあります。お楽しみに...。

2001/11/26: 人生が不調...

あぅ〜...。財布と一緒に運転免許書を紛失してしまいました...。

ただ単に無くしたのでなく、不運が重なりました。それは、こんな感じです。

無くしたのは、多分、金曜日(11/23)の夜、我が家の御曹司マサくん(小1)がCDをイヤーホーンで聞きながら勉強をし ていました。(兄貴の影響で音楽を聴きながら勉強する)そして、イヤーホーンのコードがからまっていました。

親切心の塊の私が、コードのかたまりを直してあげようとすると、勉強が集中できなくなったと、凄いけんまくで怒りはじめ、私がお風呂に入っている間に、手帳と財布を隠されてしまったのです。(実際は手帳だけ)

そう、マサくんは、お兄ちゃん達に力では勝てないので、大事なものを隠してしまう作戦の名手でした。

次の日、家の中のレイアウト変更&大掃除を致しました。この時点では、まだ、財布紛失を認識していません。

そして、掃除が終わって、用事で、車で出かけようと運転免許書の入っている財布をマサくんに返して言うと...。 『僕、手帳だけで、財布は隠していないよ!』...。

それから、家中を探しまくりましたが、どこにも見当たりません。

かなり、ショックでした。それは、それは、本当にショックでした。ということで、しばらく、立ち直れない感じです...。

2001/11/18: 学芸会

土日(11/17,18)にマチャ(小1)とヤス(小5)の小学校で学芸会がありました。

マチャとヤスの一生懸命で緊張している演技が凄く良かったのは、もちろんですが...。(単なる親バカでーす!)

実は、我が息子達より、感動したことがありました。

「わかば」という知恵遅れのクラスがあるのですが、このクラスの一生懸命な演技には、本当に驚かされ感動いたしました。

飯田史彦氏が、ハンデのある身体を選んで生まれてきた魂は、より困難な試練を自分に課したレベルの高い魂といっていましたが、まさにそれを実感した次第です...。

「わかば」くん達、劇は、本当に素晴らしかったよ!! 感動をありがとう!

2001/10/15: 厳重チェック!

突然、ブー!! 警官が慌しく、私を取り巻く、いったい何が起こったんだ...。

場所は、社員旅行で北海道からの帰りの千歳空港の出発ゲート。

立て続けに、「何時の出発ですか?」、「何か誰かから預かりませんでしたか?」
そして、お土産のすべての包装を開いてチェック...。

出てきました、出てきました。マチャ君へ買ったおもちゃのピストル...。

あっ、いかん! こんな時期におもちゃのピストルをお土産にした私は不謹慎!

しかし、とりあえず、無事に帰って来れました。また、よろしくお願いいたします! ふぅ...。

2001/10/10: 私の仕事。

ネタ切れ気味なので、私の仕事の紹介をちょっと...。

私は、大手某会社のコンピュータを保守する会社で、プログラムを組んでいます。

この会社のコンピュータは、すべて(PCを除く、スパコン、汎用機、WS等)障害時に自動通報を送る機能が内臓されています。 私は、この自動通報を受け取るプログラムを作っています。

そして、この会社が販売したすべてのコンピュータのすべての自動通報を受け取り、社内システムへ流します。

まぁ、簡単に受け取るといっても、機種毎に文化が違い、この違いを吸収するのが、結構大変だったりしますが...。

また、この会社のコンピュータの保守は、ほとんど自動通報が切っ掛けですべてが始まります。
立ち上げ当初は、結構、夜中に呼び出されました...。今はまぁまぁ安定稼動に入っていますが...。

あと、家での仕事は、子守りや洗濯物を干したり、たたんだり、などなどです。
あっ!一番大事な仕事を忘れていました。
それは、ママの愚痴を上手く聴いてあげることです。ホント大事、ん〜だいじです...。
聞いてでなく、聴いてになっているところがミソですが...。^^;

2001/10/01: 火事とタバコの火。

昨日、斜め裏のアパートの二階の3軒隣の真中が、火事になりました。(ちなみに、一階の二軒はすごくお付き合いがあります。)

こんなに身近に火事が起こるなんて、しかもボヤではなく、中はほぼ全焼です。原因は、うわさでは、タバコの火とのことでした。そして、住人は、軽い火傷で済んだとのこで、不幸中の幸いでした。

実は、最近、ちゃいちゃんとの禁煙の約束を破って、一日2〜3本のタバコが復活していて、ひゃっとしました。

やはり、ここは、『パパ、禁煙しなさい!』ってことでしょうか...。さぁリベンジだぁ!。

2001/09/30: お祭り。

東京の三鷹市大沢の八幡様のお祭りが昨日ありました。毎年、ちゃいちゃんがお囃子で出ていた祭りです。

今回は、弟のやっくん(小5)が、太鼓でお囃子をやりました。やっくんは、鼓笛隊にも入りトランペットを吹いています。

あたかも、ちゃいちゃんの意志を継ぐように...。もちろん、やっくん自らです...。

お祭りの帰りに、もう一人の弟のまちゃくん(小1)が、こんなお話しをしてくれました。

今日ね、お空見ていたら、飛行機雲があって、それをみていたら、ちゃいちゃんそっくりの雲が出てきて、笑っていたんだ...。

本当に、お空から私達を見守っているのですね...。ありがとう...。

2001/09/28: うちのお兄ちゃん、挫折...

小学校5年生の時から、バスケ一本槍で、高校1年まできましたが、高校は全国レベル、さすがのお兄ちゃんもレギュラーになれず、バスケを辞めたいといい始めました。

話を聞いていると、補欠は人間扱いされていない模様で、虚しい毎日になっているとのことでした...。

何か、良いアドバイスがあれば、教えてください...。

2001/09/25: 『千と千尋の神隠し』

なんか、すごく、よかったです!

昨日(9/24)、まちゃ(小1)と従弟のひさ(小1)とその父親(私の義弟)の4人で新宿へポケモンの映画見に行きましたが、しかし、ネットの情報が古かったみたいで、もうやっていなくて、しょうがないので、『千と千尋の神隠し』を見ました。(結果的に超ラッキー!)

初めから、最後まで、こんなにワクワクの連続は、はじめての経験かな...。 子供達も大変満足していた様子です。

アニメファンの人は、今回の宮崎作品をどう評価しているのでしょうか...。

見ていない人は、必見です。

あえて、具体的な感想にはふれません。楽しみに見に行ってください!

2001/08/11: 鼓笛フェスティバル。

今日は、東京杉並区で行われた鼓笛フェスティバルを見てきました。
そう、過去十数年間ずーっと毎年、ちゃいちゃんが参加していた鼓笛フェスティバルです。

去年は、ちゃいちゃんが亡くなってから数ヶ月で、ちゃいちゃんが確かに一緒に踊っていたのが、見えないけど見えたと感じられました。 しかし、今年は、感じられませんでした。でも、きっとお空から見ていたと思います...。

また、今年は、ちゃいちゃんの弟のまさ君(小1)が、小太鼓でフェスティバルデビューをしました。 演奏の出来は、去年も良かったけど、今年も凄く良かったです。みんな、よく頑張ったね!

尚、法華経の方は、毎日、勉強と読経をして、着々とレベルアップをしています。 また、飯田史彦の『人生の価値』も読み終えました。何とか感想文を書いてみます。でも、『生きがいの催眠療法』と被っていてイマイチですが...。

2001/08/03: なぜか運が良くなりました!

ここのところ、法華経を勉強して、ネットで発表しはじめていますが、なぜか運が良くなりました。

いつも通勤で、バスで家から調布駅まで行き、京王線で中河原へ行きますが...。
いつもバスに、目の前で行かれてしまい、残念な思いをいつもいつもしていました。本当に運が悪いです。

しかし、ここ一週間は、不思議なくらいにジャストタイミングなのです。ときには、ダメだと思っていても、なぜか待っていてくれるのです。(不思議や〜)

まぁ、もうちょっと様子を見てみます...。

2001/07/30: ショック2!

なんと、兄貴(高1)とヤス(小5)が合宿中に、各々の部員さんの親が亡くなった連絡がありました。
(高校の方は、父親で、小学校の方は、母親です。)

まさに、世の中は、一瞬先は闇、無常です...。

最近、私は、このように思うのです。

この世は、魂を磨く修行の場で、一時的にあの世からこの世の来ている...。ですから、一生懸命に魂を磨いて、いつあの世にいっても後悔しない状態にしておく...。

そして、命の尊さとは、実は、魂を磨くことが出来る状態を授かった事が、尊いのかなぁ...。ん〜難しい...。

2001/07/28: 今日は良き父をしました! そして謎のテーマが明かされる...

久々に、用事のない休日になった今日、マサくん(小1)と一日中、自転車補助無しの練習をしました。 結果的には、ほぼ乗れるようになりました。...が、まだ不安定で、かなり不安です。あ〜これからが交通事故など心配や...。 ちなみに、兄貴(高1)は、高校の部活(バスケ)の合宿で新潟、ヤス(小5)はミニバスの合宿で長野に行っていて、今日は、マサくん一人です。

「自転車補助無し」というと、兄貴とヤスの小さい時は、一緒に練習した記憶があるのに、ちゃいちゃんとの記憶がありません。 たぶん、兄貴と私が練習しているのを見ていて、自分でマスターしてしまったのでしょう! しかも、まだ幼稚園の年少(3才児)時です。

なにが云いたいのかと言うと、またまた、そう、ちゃいちゃんって凄い!

って自慢です。親バカなのでスイマセン!

ちなみに、うちの子供達は小さい時から兄貴の影響で、お兄ちゃんを兄貴、私をオヤジと呼びます。今は、違和感があまり無くなりましたが。 ヤスやマサが幼稚園児の時には、結構、ファミリーレストランなどで、不思議がられ、中には、隣のよそのお兄さん達が吹き出した記憶があります。 いきなり、小さい子から、兄貴とかオヤジとかの呼び声を聴いて思わず吹き出したみたいです。

まぁ、こんな駄文を書いていると、折角アクセスしてくれた人に申し訳ないので、ちょっと別のこと。

最近、リストラってよく聞きますが、実は、私も、いや私の居る会社も、会社ごと、親会社からリストラされました! どうだ、カヅサツさん!

しかし、私自身は、同じ出向先のままですが、徐々に厳しくなっていく模様です。(給料とか、待遇とか...。)

そこで、こんな世の中でも、生き抜いていくには、どうしたら良いか...。 そう、こんな時は、宗教しかありません! ちょっと強引。

そして、ここに、もう一つの謎のテーマを発表する時がきました。それは、最強のお経『法華経』です!!
これからは、『JavaScript』と『法華経』の二本立て行きます!ご期待ください!

2001/07/16: 夏バテでダウン!

昨日は、日記を書くつもりでしたが、子供と一緒に寝てしまいました。

いつも、マチャ(小1)とヤス(小5)を寝かしつけてから、日記を書きますが、お盆関係のイベントで疲れたしまったみたいです。

さて、お盆は終わりましたが、ちょっと、ルーツ(ご先祖さま)について考えました。

まず、普通は親が父と母で2人います。二代前の祖父母は4人、三代前の曾祖父母は8人...。そうやって、さかのぼっていくと10代前で2046人、26代で1億3,421人で日本の人口(1億2,557万人)を超えてしまいます。

何が云いたいのかというと、このうちの一人でも欠けたら、自分は存在しないのです。まさに、自分自身の存在そのものが奇跡なのです。

ですから、この奇跡に気がつけば、なんとなく、親孝行や先祖供養が大切なような気がしてきませんか...。

2001/07/14: 2回目のお盆...

もうお盆なので、今日は、霊園へちゃいちゃんを迎いに行って来ました。
本当は、昨日でしたが、ちょっと待たせてゴメンね...。-->ちゃいちゃんとご先祖さま。

さて、皆さんは、お墓参りや仏壇に手を合わせたり、ご飯、お水、お茶をお供えするのは、どういう意味がある思いますか...。

私は、ちゃいちゃんが亡くなってから、いろいろこの関係の本を読み漁り、また、ちゃいちゃん周辺で起こる不思議なことなどを見せられて、以下のように思うようになりました。

この世は、あの世に含まれていて、この世は物質的な世界で、あの世は精神的な世界、そして、物質的世界で生きていくには、ご飯をたべますよね。 しかし、精神的な世界では、ご飯などの物質的なものは食べられません。

では、どうして、あの世でちゃいちゃん達やご先祖さま達は、生きていけるのでしょう。
それは、私達が、お墓参りや仏壇に手を合わせたり、ご飯、お水、お茶をお供えすることによる思い、つまり念波がご飯になっているような気がするのです。

ですから、バンバン、お墓参りをしたり、仏壇に手を合わせたり、お経まで上げたり。あの世のちゃいちゃん達にひもじい思いをさせないために...。

2001/07/11: 仏さまの足跡

今日は、言葉が思い浮かばない...。ゴメン...。
とにかく、命を大切に、そして、生きるのが辛い時は、仏さまが背負ってくれるらしい...。

2001/07/10: 愛がうまれてくる

五木寛之、第二弾!

生まれてきたものは、今向きあっているもには、すべて別れなければならないのだ。 そういう気持ちをきちんともつ....そこから結局、それを惜しむ気持ちが生まれ、 惜しむ気持ちから悲しむ気持ちが生まれ、悲しむ気持ちから、いとおしむ気持ちがうまれ、 そこから愛がうまれてくる。

命あるものは、必ず、死が待っています。そう、別れが...。
そして、これを認識すれば、愛が生まれてくるのです。

愛を生んでください。決して、自ら命を絶ってはいけません!

2001/07/10: 普通に生きる!

「輝いて生きる!」を書いている間に、日をまたがって7/10になってしまいました。
なんか、考えが変りました。とにかく、普通でいいから生きて下さい。五木寛之がこんなこといっていたのを思い出しました。

生きた、ということに人間は価値がある。
どのように生きたかということも大切だけど、それは、二番目、三番目に考えればよい。
生きているだけで人間は大きなことを成し遂げているのだ。

どんなことがあっても、生き抜いてください!

2001/07/09: 輝いて生きる!

とにかく、毎日毎日を一生懸命に生きてみましょう!
勉強でも、仕事でも、趣味でも、夢でも、なんでも、いいです。
ここで大事なのは、まず、目的を定めますが、あくまでも、目的を達成するまでのプロセス(努力と工夫)が大事で、目的達成にはこだわらないこと。そう、目的達成までにいかに努力したかの精神的成果をつかむこと!

そもそも、私達は、神様(らしき者)に誓願して、母親を選んで、生まれてきているらしい...。
これは、退行催眠で実証されています。詳しくは、飯田史彦氏の「生きがいの催眠療法」読んでみてください。

ですので、自ら命を絶つ事など絶対に考えてはいけません!
かつて、自分が誓願して生まれてきたのですから...。

そして、この誓願は、この世で善い行いをして、精神的レベルを高める(魂を磨く、輝かせる)ことらしい。

ですから、磨いて磨いて、ピカピカに輝いてください。

じゃ、どうやって、磨くって、そりゃあ、ちゃいちゃんの二つのメッセージを実行するしかないでしょう!
そして、是非、生きる喜びを実感してください。絶対に自ら命を絶つ事を考えてはいけませんよ!!

2001/07/08: Happy Birthday to me!

普通、ドラマでは、パパが自分の誕生日を忘れていて、子供や妻が、いきなり、クラッカーパンパンって感じになりますが...。 現実は、ちょっと寂しいものでした...。

さて、隠してもしょがないので、年は、あのビルゲイツと同じく、46才になりました。方や世界一のお金持ち、こちらは、結構ビンボー。 この差は、どんなものでしょう。比較にもならんって...。

まぁ、収入は、ウェブページのアクセス数と同じで、多けりゃいいてもんじゃ、ござんせん。 やはり、中身そうコンテンツが勝負、いや、いかにコンテンツを充実させる為にいかに努力したかです!

ビルゲイツ氏にも、「一瞬先は闇」と申し上げておきましょう。かつて恐竜も滅びました...。

とにかく、一瞬一瞬を一生懸命に生きて、努力の人を目指します! ちゃいちゃん、ありがとう!

2001/07/07: ピカピカの仏壇!

今日は、朝からお昼過ぎまでかけて仏壇を大掃除しました。

中の壁を白ペンキで全部塗り直して、木の部分は全部紙やすりで磨いて、ライトを新しくして、仏具を全部洗って...。 まさに、ぴかぴかの仏壇にしました。これで、ご先祖さまや、ちゃいちゃんが少しでも喜んでくれば、いいのですが...。

とにかく、お祖母さんの時代からの仏壇なので、なかなか奇麗にならず、一所懸命にやらさせて頂きました。

さて、皆さんは、あの世を信じていますか、また、死んだ人は、あの世にいると思いますか...。
「生きがいの創造」の著者、飯田史彦氏はこんなことを云っています。

死後にも意識があった場合、否定論者は自分の誤りを知るが、死後に意識がない場合、肯定論者は自分の誤りを知ることもない。

そう、だから、信じた方が、いいに決まっているです!
ちゃいちゃんは、あの世でいつも、存在しているのです!
たまには、夢に出てきてね、ちゃいちゃん!

2001/07/06: 一生懸命に生かされる!

ここのところ、仕事、趣味(当然ウェブページ作り)、ボランティア活動と、本当に、毎日毎日忙しい日々が続いています。

今度、前(2001/06/23)にも、ちょっとお話しましたが、某教会の全国青年研修会にゲストとして呼ばれることになりました。

一生懸命に、ちゃいちゃんのメッセージを全国の青年の皆さんへお伝えしてきたいと思います!

あと、水面下で、ちゃいちゃんプロジェクトがいろいろと進行中です。まだ、関係各所から内緒ということで、しばらくお待ちください! ビックリすることが、起こるかも...。

ちゃいちゃん、パパは本当に 一生懸命生に生かされているよ! ありがとう!

2001/06/23: 凄い! ちゃいちゃん

昨日、夫婦喧嘩をしましたが...。
やはり、ちゃいちゃんが、仲直りの手助けをしてくれました。

某教会から連絡があって、例の「ちゃいちゃん天使のページ」ドキュメントのビデオを全国青年研修団体参拝(地区毎に何日かにわたる、とにかく半端な人数でない研修)で上映することが決まったとの連絡が入りました。 この知らせを聞いて、なんとなく、仲直りができしまったのです。ちゃいちゃん、ありがとう!

家内のコメントは、こんな凄いちゃいちゃんの親が喧嘩していては、ちゃいちゃんやみなさんに申し訳ないとのことでした。
私は、とにかく、仲直りできてよかったけど、なんで昨日は切れてしまったか、まだちょと反省しなければならないと思いました。

ちゃいちゃん、あなたは、本当に、いつもそばで見守っていてくれるのですね...。

2001/06/22: 激情

突然ですが、最近の悲惨な事件の背景には、犯人の突発的な激情が潜んでいるように思うのですが...。
そして、関心は、犯人の激情した性格や躾、教育に目が行きますよね。
でも、本当に目を向けなくてはいけないのは、むしろ、犯人をそこまで追い込んだ、周辺の環境だと思います。

と云うのは、今朝、妻の再三にわたる愚痴或いは嫌味の連続攻撃で、普段おとなしい私が、激情を爆発して、電話機とトーストオーブンをぶっ壊してしまいました。
まぁ、他にも、伏線が沢山あったにはあったのですが...。

どんな理由があっても、そこまで追い込んでは、いけません。

さて、どうやって、仲直りするか、切り札は、やはり、ちゃいちゃんですか...。

2001/04/22: 惨敗! ファルコン...。

やっくんボードでおなじみのやっ君(小5)のミニバスケの試合が、京王堀ノ内の小学校で行われました。
50対5ぐらいの大差で惨敗です。でも、やっ君の一生懸命なところが見れて幸せでした...。

かつて、兄じゃ(高1)の時代、全国3位までいった、強い面影は、全くなくなりましたが...。

◆ おわりに

拙い文章をここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

なんだかんだ云っても、家族が一番です。家庭の『和』なくして、何も始まりません。

まず、家庭をととのえ(斉家)、そして、ぬくもりのある家庭をめざしましょう!


たぶん、ここまで読む人は、あまりいないと思いますので、恥かしいけど書いてしまおう。

『妻(夫)を愛し、子を愛す』そう、親バカでいいのです。愚かに徹するのです(謎)。

では、また、お会い致しましょう!

人のよいところをどんどん見つけよう