目次

オブジェクトなJavaScriptの基礎講座

Math(数学)オブジェクト

◆ はじめに

Mathオブジェクトは、sin,random,PIなど数値計算を行うためのオブジェクトです。
Mathオブジェクトのメソッドとプロパティは、以下の通りです。

◆ 概説

Mathオブジェクトの主なメソッド

  abs         : 絶対数の取得
  cos         : コサインの取得
  log         : 自然対数の取得
  max         : 2値を比べの大きい値の取得
  min         : 2値を比べの小さい値の取得
  random      : 乱数の取得
  round       : 四捨五入で整数化
  ceil        : 切り上げで整数化
  floor       : 切り捨てで整数化
  sin         : サインの取得
  sqrt        : 平方根の取得
  tan         : タンジェントの取得
  pow         : XのY乗
  exp         : eのx乗
  acos        : アークコサインの取得
  asin        : アークサインの取得
  atan        : アークタンジェントの取得

Mathオブジェクトの主なプロパティ

  E     : 自然対数の底(2.718)
  PI    : 円周率

例、サインカーブを表示する。

<pre>
<tt>
<script type="text/javascript">
     function kansuSPadd(para){
         rc = "";
         for (i = 0; i < para; i++)
              rc = rc + " ";
         return rc;   
     }
     document.write("\t-1...+....0....+....1<br><br>");
     for(x = 0; x <=360; x = x + 20){
         ts = 10 * Math.sin(x * Math.PI /180) + 10;
         document.write(x, "\t" , kansuSPadd(ts), "*<br>");
     }
</script>
</tt>
</pre>

例の処理結果




目次