目次

オブジェクトなJavaScriptの基礎講座

JavaScriptってなに

◆ はじめに

JavaScriptは、Netscape社がNavigater(ネスケのブラウザ)の制御言語として、Java風にアレンジしたオブジェクト指向スクリプト言語です。 HTMLソース内に直接記述し、ブラウザが解釈し実行します。Javaのようにコンパイラを必要としません。 HTMLは文章に静的な書式設定のみですが、JavaScriptは一般のプログラム言語のようにロジックで、動的に書式設定が出来ます。

ちなみに、JavaScriptはJava言語とは全くの別物で、Javaは汎用的な言語に対して、 JavaScriptはブラウザ(IE,NN)内部で動作するローカルなスクリプト言語です。

◆ JavaScriptのバージョン

JavaScript、JScript、VBScript、ECMAScript(エクマスクリプト)などが、それぞれバージョンがあって、かつ、IEとNNが絡んで訳わからなくなっています。とりあえず、間違いなさそうなところを書いてみます。

と言うことで、MSでは、JavaScriptをJScriptというらしい...、そして現状、IE6とNN6は、ECMAScript準拠になっています。

◆ 特徴

  1. for文、if文といった制御文によるロジックが組める
  2. オブジェクト指向によるプログラムの部品化
  3. マウスクリック等のイベント処理の実現
  4. タイマー処理の実現
  5. 入出力ダイアログによるデータの入出力の実現
  6. フォームに入力したデータのチェック
  7. ページ、フレーム、ウインドウの管理
  8. イメージの動的な操作(ダイナミックHTML)

開発環境もブラウザとメモ帳(Windows)さえあれば、OKなので、ホームページを作成されている方は
特別なソフトを入手する必要がありません。
また、C言語の経験のある方はC言語に大変似ていることに気づくでしょう。

尚、JavaScriptは、結構本格的なオブジェクト指向言語で、言語仕様で定められたはオブジェクト(ECMAScript)、ドキュメントの各要素のオブジェクト(DOM)、ブラウザ固有のオブジェクト(各メーカー)等を制御することができます。

◆ プログラム例

HTMLソース内に<script type="text/javascript">……</script>タグで囲んで記述します。

<script type="text/javascript">
	:
	document.write("<H3> Chaichan </H3>");
	:
</script>

また、HTML 中に <script type="text/javascript">〜 </script> のタグで宣言されない場所で JavaScript が登場した場合、それが何のタイプのスクリプトなのかをブラウザに通知するために、以下をhead要素中に記述しときます。

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

目次