目次

オブジェクトなJavaScriptの基礎講座

onMouseOverイベント処理

◆ 概説

onMouseOverイベントは以下の対象オブジェクトの上をマウスがon(オン)したときに発生します。

このイベントに対してブラウザ上で任意の処理を行うことができます。

対象オブジェクト

    area
    link

onMouseOverイベント処理の適用方法

例、リンクテキストの上にマウスをのせるとステータス行へ説明文を表示する。

<p>
<script type="text/javascript">
                        // 以下説明文
     var msg = new Array("ちゃいちゃんトップページ",
                         "JavaScriptメニューページ",
                         "イベント処理メニューページ");   
     function test(m){
         window.status = msg[m]
     }     
</script>
<a href="../index.html" onMouseOver="test(0);return true;">ちゃいちゃんトップページ</a><br><br>
<a href="../src/2ndthema.htm" onMouseOver="test(1);return true;">JavaScriptメニューページ</a><br><br>
<a href="../src/javasc21.htm" onMouseOver="test(2);return true;">イベント処理メニューページ</a>
</p>

例の処理結果

ちゃいちゃんトップページ

JavaScriptメニューページ

イベント処理メニューページ

目次