Home/Menu

スタイルなCSSの基礎講座

なぜスタイルシートなのか

◆ はじめに

実は、『なぜスタイルシートなのか』の前に、『なぜ正しいHTMLなのか』は、もう、ご理解してもらえましたでしょうか...。

ご理解されたのなら、『なぜスタイルシートなのか』の答えは...、本文へ続きます。

◆ 本文

さて、「なぜスタイルシートなのか」と問われれば、「これしかない」と答えます!

StrictなHTMLでマークアップした文書の見栄えを良くする手段は、まさに「これしかない」のです。

なぜかというと、ウェブページの本質はコンテンツの中身(情報資産)そのものです。 この貴重な情報資産を正しいHTMLでマークアップすれば、利用者には、いかなる環境でも情報が伝わりやすくなり、また、コンピュータには、見出しなどの各要素が的確に判断でき、文書のデータ処理が可能になります。

そこには、見栄えのタグが入る余地はありません。ですから、スタイルシートが見栄えを担当するしかないのです。だから、「これしかない」のです。

逆に云うと、スタイルシート以外でのカッコいいWebページは、StrictなHTMLではないってことです。 そして、利用者は限定され、コンピュータにはゴミデータにされ、情報資産として価値の低いWebページになってしまいます。

ですから、どうせ作成するなら、情報資産として価値を残すため、正しいHTMLでいきましょう。 そして、見栄えは、「これしかない」のです。

そう、だから、スタイルシートをマスターするのです。 そして、カッコよくなりましょう! 素敵になりましょう!

ただし、その前に、正しいHTMLのマスターが必要ですよ。 くれぐれも、正しいHTMLあってのスタイルシートです。

◆ おわりに

実は、これほど、正しいHTMLにこだわるには、もう一つ理由があります。

私は、ホームページを作り始めた頃、今もモチロンですが、昔も人気のあった、「Kent Web」「とほほのWWW入門」をお手本にしました。サイトポリシーやサイトマスターの人柄は凄く良いのですが、HTMLがあまり良くなかったのです。そして、真似して作ったページを後から直すのに大変苦労しました。

ですから、皆さんは、アクセス数が多いサイトとか、有名なサイトとかで判断しないで、正しいHTMLで書かれたサイトで判断してください。そして、正しいHTMLで書かれたサイトは、必然的にスタイルシートでの見栄えになります。

とにかく、この2つのサイトは影響力大なので、なんとか目覚めてくれるとうれしいのですが...。
いかに、善意のサイトであっても、間違ったことを知らずとも、結果として広めては、罪だと思います。皆さん、どう思われますか...。

最後に、杜甫々さんとKENTさんに一日も早く、ご自分のWebサイトのHTMLを見直してほしいと思います。 今も、第二第三の私のような誤解者が出ているのですよ。たぶん。見直しを切に願います!

尚、「Kent Web」「とほほのWWW入門」は、本当に素晴らしいサイトです。それを今後も維持してもらいたく、敢えて忠告いたしました。本当にこの2サイトには、お世話になり、深く感謝しております!今後もよろしくお願いいたします。

Home/Menu/スタイルシート概説リファレンス