WEB相談室

Webページ作成に関しての何でも掲示板です。

タイトル:javascriptをオンにしていない方へのページ

0:[投稿] あき [2006/10/05 17:19 ] [環境:IE6,WINXP わからない]

サイトへ訪れた際に、javascriptをオンにしていない人へは違うページを見せるように自動的に識別して転送するやり方を知っている方がいれば教えてください。
もちろん、javascriptがオンになっている方はそのままサイトを見れるようにしたいです。


1:[回答] 123456789 [2006/10/05 18:19 ]

<NOSCRIPT>タグで囲んである内容は、javascriptが無効の場合に実行されます。
そこで普通は、<NOSCRIPT>タグの中に<A>タグでリンクを入れておいてjanascript無効のページに誘導します。

ちなみに自動転送はjavascriptが使えないので、当然location.hrefも使えません。
そこでちょっと卑怯ですが、metaタグを<NOSCRIPT>の中に入れてしまいます。
こんな感じ。
<NOSCRIPT>javascriptが無効です。3秒後に転送します。<meta http-equiv="refresh"content="3;url=http://google.com/"></NOSCRIPT>
html的に大部間違っていますが、一応IEは動いてくれました。


2:[回答] ミツ [2006/10/05 18:52 ]

>1
refreshもブラウザのオプションで無効化できるのでやはり普通にリンクにしておいた方が無難でしょう。
出来ることなら別のページに誘導したりせずにjavascript無効であってもそれなりに機能するページ造りをする事ですけどね。


3:[完了] あき [2006/10/06 01:05 ]

123456789さん、ミツさんお返事ありがとうございます。

やはり自動転送は難しいということですね。
転送のものは試してみます。
ありがとうございます。


4:[回答] miz [2006/10/06 12:49 ]

逆の発想をした方がよいと思います。
JavaScriptがoffだったらそのままそのページ
JavaScriptがonだったら、JavaScriptで転送して、JavaScriptバリバリ使用ページを表示。
トップページで振り分けるようにすれば大概は問題ないでしょう。
一応、検索サイトから内部ページへ直接リンクした時には、トップページへの誘導リンクをおくことで対処など。

回答(必須): 状態:

お名前(必須):

URL:




[戻る]