WEB相談室

Webページ作成に関しての何でも掲示板です。

タイトル:コマンドラインからのIEの起動について

0:[投稿] クマ [2004/03/02 23:30 ][環境:OS:Windows2000 Browser:IE5.5SP2 なし]

コマンドラインからIEを起動して、あるHTMLファイルを表示しようとしています。コマンドラインからの起動を複数回実行すると
実行した回数分ブラウザが立ち上がってしまい困っております。

どなたか、コマンドラインからのIE起動で既に立ち上がっているブラウザに上書きして表示できる方法をご存知の方おられませんでしょうか?

OS:Windows2000 Browser:IE5.5SP2
IEの起動は、実際にはバッチファイルから行っております。
バッチファイルの内容は以下のとおりです。
start "AlertScreen" "C:\Program Files\Internet Explorer
\iexplore.exe" "C:\AlertHtml\Alert.html"

ちなみにバッチファイルは、サーバ監視ツールがエラーキャッチした場合、実行されます。


1:[回答] 森田 [2004/03/05 03:07 ]

HTMLの関連付けがデフォルトのままなら
C:\AlertHtml\Alert.html
で、新しいウィンドウが開かずにHTMLが表されると思います。

後は、DDEでIEを呼び出す簡単なプログラムを組むとか...

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;256953


2:[回答] クマ [2004/03/06 01:14 ]

森田様
ご回答頂き有難うございます。

HTMLのファイルの関連付けは、NetscapeMarkup、で実行アプリケーションは、netscape.exeになっており、ユーザが標準で使用するブラウザなので変更することが禁止されております。

IEを選択理由は、起動時間がネスケより早く、サウンドファイルの再生が容易なためで、警告音を出してエラーが発生したことを知らせることが目的です。
エラーが連続で発生した場合にリソースの消費が増加してしまうのが問題で困っています。

回避方法がほかにございましたらご教授下さいますよう宜しくお願い致します。


3:[完了] クマ [2004/03/18 23:18 ]

解決しました。
バッチファイルからDOSのstartコマンドでアプリを実行すると
新しいプロセスで実行されてしまうのは、制御できないので、
方法を変えて、WSHを使用して回避することができました。

Tivoliからエラーが発生すると、バッチからVBScript1(WSH)ファイルを実行します。このVBScriptはテキストファイルにエラー発生のフラグを書き込みます。
一方、常駐するVBScript2(WSH)ファイルは、テキストファイルの内容を読み取り、このファイルからIEを起動する。起動後はテキストファイルの内容をエラーなしフラグに書き換える。

以上の方法で解決しました。

回答(必須): 状態:

お名前(必須):

e-mail:

URL:




[戻る]

ChaichanPAPA's World