WEB相談室

Webページ作成に関しての何でも掲示板です。

タイトル:Log4perlを使ってログを出していますが、負荷を軽減する方法はありますでしょうか?

0:[投稿] あゆみん [2004/02/09 16:49 ][環境:Windows2000 UNIX(HP)、Perl5.6.1]

こんにちは。
以前、Log4perlについてこちらの掲示板に投稿させて頂いたあゆみんと申します。
今日は再度、皆様のお力添えを頂きたく投稿させて頂きました。

今現在、サブルーチン等の結果を示す記録ファイル(結果の正常・異常終了を示す)と、変数や引数がどういった値を持っているかを示す処理ファイルの2つをログとして出力しています。
制御ファイル内容は下記です。

#記録ファイル:airsync::kiroku 処理ファイルairsync::syori
#記録ファイルの定義
log4perl.logger.airsync.kiroku = DEBUG,F1
log4perl.appender.F1 = Log::Dispatch::FileRotate
log4perl.appender.F1.filename=/etc/tmp/kiroku.log
log4perl.appender.F1.mode = append
#log4perl.appender.F1.size = 1000  #テスト用
log4perl.appender.F1.size = 1000000
#log4perl.appender.F1.max = 2  #テスト用
log4perl.appender.F1.max = 10
log4perl.appender.F1.layout = PatternLayout
log4perl.appender.F1.layout.ConversionPattern = %d %H %P %p - %m%n

#処理ファイルの定義
log4perl.logger.airsync.syori = DEBUG,F2
log4perl.appender.F2 = Log::Dispatch::FileRotate
log4perl.appender.F2.filename=/etc/tmp/syori.log
log4perl.appender.F2.mode = append
#log4perl.appender.F2.size = 1000  #テスト用
log4perl.appender.F2.size = 1000000
#log4perl.appender.F2.max = 2  #テスト用
log4perl.appender.F2.max = 10
log4perl.appender.F2.layout = PatternLayout
log4perl.appender.F2.layout.ConversionPattern = %d %p %H %P %F %L - %m%n

上記の制御ファイルを指定して、2種類のログファイルを出力しています。
このログ出力を組み込んでいるプログラムのパフォーマンスが悪く、ログの方で改善できる点はないかどうか悩んでいます。
(パフォーマンスの悪さはログのせいだけではないとも思いますが)
Log::Disptach::Emailでは、bufferをオフにする指定が可能ですが、Log::Dispatch::FileRotateにはこれはありませんでした。
autoflushであればあったのですが、これは制御ファイルには指定していませんが、デフォルトではtrueなので、今現在すでにtrueになっていると思います。
ログの出力をオフにしたり(でも、ログを出力しなくては意味がないですし…)、ログの出力を最小限にしたり(しかしログレベルはDEBUGからFATALまで使用します)など考えましたがいい方法が浮かびません。
どなたかいい方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、お力添え頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。


1:[回答] ふじ [2004/02/09 17:04 ]

> このログ出力を組み込んでいるプログラムのパフォーマンスが悪く、ログの方で改善できる点はないかどうか悩んでいます。
> (パフォーマンスの悪さはログのせいだけではないとも思いますが)

まず、本当にログのせいでパフォーマンスが落ちているのか、ということを確認したほうがよいのでは?
ベンチマークを取るなどして。


2:[保留] あゆみん [2004/02/10 17:16 ]

ふじさま

返信ありがとうございます。
そうですね、ログが原因だと決めるのも早いですね。
もう少し検討してみる必要がありそうです。

ありがとうございました。

回答(必須): 状態:

お名前(必須):

e-mail:

URL:




[戻る]

ChaichanPAPA's World