WEB相談室

Webページ作成に関しての何でも掲示板です。

タイトル:子ウィンドウから親ウィンドウへの値渡し時の例外処理

0:[投稿] 河野 [2002/12/25 21:05 ][環境:IE6 Win2000 Pro Win2000 Server]

 初めて、投稿させてもらいます。よろしくお願いいたします。

 子Window内のボタンをクリックして、親Windowの各オブジェクトに値を渡しています(下記コード参照の程)。
 このような一連の操作ではなく、例外処理として親Windowが無い状態、すなわち親Windowを先に閉じてからボタンをクリックして値を渡すとエラーで落ちてしまいます。
修正方法としては、親Windowの存在を確認して、親Windowが無い場合とある場合に、処理を分けたいのですがどうすれば判断できるでしょうか?

<SCRIPT LANGUAGE="VBScript">
<!--
Sub TxtChange(sTelNum,sDeptName)
        window.opener.document.OPTION_CALL_FORM.OPT_ManualCallNumber.value = sTelNum            '外線番号
        window.opener.document.OPTION_CALL_FORM.hdn_ManualCallNumber.value = sTelNum            '外線番号(ハイフン無)
        window.opener.document.OPTION_CALL_FORM.hdn_CallNumberInfo.value = sDeptName            '所属 氏名
        window.opener.document.OPTION_CALL_FORM.ManualCallNumberType.selectedIndex = 0        'ドロップダウンリストの外線発信
        window.close
End Sub



1:[完了] 河野 [2002/12/25 21:47 ]

何とか自分で出来ました。お騒がせしてすみませんでした。

回答(必須): 状態:

お名前(必須):

e-mail:

URL:




[戻る]

ChaichanPAPA's World