WEB相談室

Webページ作成に関しての何でも掲示板です。

タイトル:HTML で脚注を書くには?

0:[投稿] polaris [2002/04/22 09:58 ][環境:WIN+IE UNIX系+Perl]

いつも,お世話になっております.
polaris ともうします.

さっそく本題ですが,HTML で文章をレイアウトするとき,
脚注をつけたいときがあります.
このようなときはどのように HTML を書けばよいのでしょうか?


1:[回答] ヨシミ [2002/04/22 10:14 ]

<!-- この中身は注釈だよん -->
とかやるのはどうかな。


2:[関連] たたみ鰯 [2002/04/22 10:17 ]

http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%B5%D3%C3%ED&sw=2


3:[質問] polaris [2002/04/22 10:29 ]

すいません.
説明が足りませんでした.

そのコードを無視するという意味での「注釈」ではなくて,
ある語句に右肩にマークして,
それに関する説明をページの下に書くという意味での
「脚注」のことです.

footnote 要素のようなものは,たぶんないと思いますが,
じゃ,どうやって,脚注を書けばいいの?
ということです.


4:[回答] たたみ鰯 [2002/04/22 10:34 ]

http://member.nifty.ne.jp/alisato/ndiary/cnv_samp8.htm


5:[回答] polaris [2002/04/22 10:57 ]

>>4

教えていただいたのは,
よくわかりませんが,日記を書いて,それを HTML に変換する
プログラムで,脚注を書く方法のようなのですが,
それで変換された HTML は「見たまま」に
sup 要素だの small 要素だのを使ったコードが
発生するようですが,
これってひどく醜いと思うんです.

HTML というのは,もともと文書を記述するための,
フォーマット,約束事だと解釈しておりますが,
なぜ,脚注や参考文献を書く方法が
用意されていないのかと思うのです.

ま,ここで文句を言ってもしょうがないのですが…


6:[回答] andi [2002/04/22 11:16 ]

参考文献は<cite>で示せるんじゃないかと思います。
脚注はtitle属性では駄目ですか?


7:[回答] たたみ鰯 [2002/04/22 11:23 ]

別に、物理要素を使わなくても相当するcssを用意して
span.fnote{
vertical-align:super;
font-size:x-small;
}
と書くことも可能です。

HTMLは独自なマークを作れません。根本的にfootnoteが必要なら、XMLに乗り換えるとか、TeXを使えばよいのではないでしょうか。


8:[回答] polaris [2002/04/22 13:33 ]

> HTMLは独自なマークを作れません。

このへんが問題の本質なのでしょうが,
それならば,なおさら footnote 要素を
用意してほしかったですね.
いったい,脚注なしで,どんな文書を書けというのだか.


> XMLに乗り換えるとか

これは1つの解決策でしょうが,
変換先はやはり今までの HTML になるので,
物理マークアップ(というのでしょうか?)を
意識せねばならず,
完全な解決にはならないですね.


9:[回答] えび [2002/04/22 13:38 ]

ちなみに HTML3.0 では fn 要素というのが提案されていました。
http://www.w3.org/MarkUp/html3/footnotes.html


10:[回答] ma-to [2002/04/22 21:52 ]

書籍の脚注は、殆ど全ての場合、開いてあるページにおさまっているので離れた位置にあっても直ぐに目に入るが、スクリーンでは表示領域外になってしまうから使い難い、どうしようか、ということだろう。

閲覧者からすれば脚注そのもののが本文よりも重要である場合がしばしばあるだろうから、脚注の文が本文同様のマークアップであってもおかしいとも思わない。脚注ということが分かるように脚注とでも書いておけば十分だと思う。
だからでもないが、こういうのは余計な工夫をすべきではないと思う。

    <h3>..</h3>
    <p>..<a href>(脚注1)</a>..</p>
    ..
    <h3>脚注</h3>
        <h4 id>脚注1..</h4>
        <p>..</p>
        ..
というのが簡素でいいかもしれないが、これは<a name>としなければわかってくれない古いブラウザがあるからとか以前に、書籍のレイアウトをそのまま摸しただけであることからして何の解決にもなっていない。スクリーンのドキュメント内を行ったり来たりは余計な工夫の部類だと思う。
スクリーンの大きさを幾つか想定すれば、やはり脚注も近くに書くのがベターだと思う。
    <h3>..</h3>
    <p>..<a href>(脚注1)</a>..</p>
    ..
        <h4 id>脚注1..</h4>
        <p>..</p>
        ..
    ..
個人の好みを大雑把に書けば、CSS1にそこそこまともに対応していることが分かっているUAに対しては以下のようにするだろう。

    <h3/>
    <p/>
    <p/>
    <p/>
    ..
        <h4/>
        <p title="footnotes-1" class="fn"/>
        <p title="footnotes-2" class="fn"/>
        ..
    <h3/>
    ..

    h3{
        float:none;
        clear:left;
    }
    p{
        padding:0.25em 1em;
        width:60%;
        float:left;
        clear:left;
    }
    h4{
        display:none;
    }
    p.fn{
        margin-left:61%;
        border:dashed 1px;
        float:none;
        clear:none;
    }
    /*
    p[title|="footnotes"]{
        margin-left:61%;
        border:dashed 1px;
        float:none;
        clear:none;
    }
    */

ディスクにあるデータは深さ優先探索がし易いようにこれでもかとネストしておくとしても、webに公開する文書が深い入れ子を持っているのはマズい。それにbody直下にはdivしかない御馬鹿なページには誰もしたくないだろうと勝手に想像したからこんなので。


11:[回答] ma-to [2002/04/22 22:05 ]

追加
p.fn{width:auto;}


12:[回答] polaris [2002/04/23 10:57 ]

みなさま,私の半ば愚痴に対して,
いろいろ意見を下さり,ありがとうございました.

語句の右肩のマークにハイパーリンクして,
ページの下に説明文に飛ばすようなやり方は,
必ずしも「余計な工夫」とは思わないのですが.
まあ,それは個人の好みもいろいろなので,
あまり議論してもしかたないことなのですが.

問題にしていたのは実装もそうですが,
むしろ,なぜ脚注を脚注としてマークアップできないかです.

HTML は文書の構造をマークアップするルールとしては,
脚注以外にもいろいろ問題ありと,
私には思えるのですが,ユーザはもっと
それに批判的になってもいいんじゃないかと,
まあ,かように思うわけです.


13:[回答] satoshii [MAIL] [URL] [2002/04/23 17:32 ]

> ma-to さん
見出しとしてマークするより定義リストとしてマークする方が綺麗なような気がするけど、好みの問題かも。

> polaris さん
dfn 要素と title 属性を組み合わせる、なんていう方法も考えられます。例えば、

<p><dfn title="元フィッシュマンズのベーシスト">柏原譲</dfn>のベースは凄い。</p>

とか。


14:[回答] 謎の人R [2002/04/25 04:20 ]

>ある語句に右肩にマークして,
>それに関する説明をページの下に書くという意味での
>「脚注」のことです.

2つの要素すなわち
・脚注番号(マーク)=ある語句の右肩につけるマークがよく見られるが、かならずそうとは限らない。単に数字を[]で囲んだものもある。
・脚注本体

を明確に区別すべきと思われます。

さてHTMLの場合、「ハイパーテキスト」の特性を考えると、脚注番号にはA要素を適用して、参照先に飛ばすのが妥当と思われます。

脚注本体については、紙媒体ではその物理的制限により同一ページの下(あと)、あるいは巻末にまとめる形となります。

しかしハイパーテキストであれば、その制限に固執する必要は無く、別ページとして独立した文書として提供することも可能です。その場合、特に脚注要素を用意するのではなく、むしろその独立した文書内において独自の文章構造を構成することが自然と思われます。
※必ずしも脚注が1文とは限らない。

もちろん同一ページ内に脚注本体を記述しても構わないのと思いますが、いずれにしろ、紙媒体の制限にわざわざこだわる必要はないのでは?と思われました。

ところで:
>footnote 要素のようなものは,たぶんないと思いますが,
>じゃ,どうやって,脚注を書けばいいの?
>ということです.

>むしろ,なぜ脚注を脚注としてマークアップできないかです.
を見ると、脚注要素というものがない以上、<footnote></footnote>などとマークアップすることは不可能とわかった上での、確信犯的投稿でしたか。<HTML で脚注を書くには?


15:[回答] polaris [2002/04/25 09:25 ]

ご意見,ありがとうございます.

> 脚注番号(マーク)=ある語句の右肩につけるマークがよく見られるが、かならずそうとは限らない。

繰りかえしになりますが,
いま,具体的な実装(あるいは効果)は
そんなに大事なことではなくて,
# どうでもいいわけではありませんが
脚注をどうマークアップするかを問題にしていたのです.

> 単に数字を[]で囲んだものもある。

でもかまいませんし,>>13 の方のように,
その語句をポイントすると,
注釈文がポップアップ(ていうのかな?)されるようなやり方でも,
あるいは他の方法もあるかもしれません.
そうゆうのは CSS などのスタイルシートで
決めるようにすればいいと思います.


> を見ると、脚注要素というものがない以上、<footnote></footnote>などとマークアップすることは不可能とわかった上での、確信犯的投稿でしたか。

別に「確信犯的投稿」というわけではないですが,
脚注(注釈)のための要素はたぶんないだろうと見こんだ上で,
その確認
# 知らないだけで,実はある,なんでこともあるので
と,他の人は脚注を書きたいときに,
どう解決しているかを参考にしたかったのです.


16:[質問] ななしさん [2002/04/25 11:30 ]

というか、
ハイパーテキストにはハイパーリンクという機構があるにも関らず、何ゆえ「書籍での脚注」のような見栄えに拘るのでしょうか?

HTMLに脚注要素なんてものがないのはハイパーリンクがあれば必要ないと判断したからではないでしょうか。
それでも尚必要と思うなら、それをその根拠と併せてW3CやISOに言うべきでしょう。


17:[回答] TOM neko [2002/04/25 14:36 ]

>>14
>>16
そうそう。脚注より便利なリンクがあるから必要無いですね。むしろ、そのためのハイパーテキストじゃないですか。

本のようにページの下部に注釈を置くとしたら、ディスプレイの解像度的に、一目で参照できるような見える場所に置けないのが致命的ですし。


18:[回答] やじうま1号 [2002/04/25 17:19 ]

>>17
Webページは上から下に行くのが主だから、右側にでも表示させるのが良好かと思われます。


19:[回答] TOM neko [2002/04/25 22:07 ]

>>18
なるほど。
横スクロールが出そうな方法ですね。


20:[回答] えび [2002/04/26 13:24 ]

>>18
こんな感じ?
http://www.f1.panasonic.com/ja/notes_quiz/notes_quiz_03.html


21:[回答] 遠山金四郎 [MAIL] [2002/04/27 02:39 ]

http://isweb2.infoseek.co.jp/~noz/diary/20010906.html
の平成13年9月27日、平成13年9月28日。


22:[回答] やじうま1号 [2002/04/27 12:24 ]

>>20
まさしくそうでしょう。

本が下に脚注があるのは、縦書きで、右から左に読むためでしょう。
なので、Webページなら、横書きで左から右に読むので、右側に置く方が妥当・・・と考えたわけです。


23:[回答] TOM neko [2002/04/27 13:00 ]

>>22
“脚”注だから下にあるとか? 横注?
横書きの本でも下にあることが多いですね。横にあるのはA5サイズ以上の大きめの本の場合でしょうか。


24:[回答] ボブ [2002/04/28 12:34 ]

> “脚”注だから下にあるとか? 横注?

そのとおりだと思います。
横におく注釈は「傍注」という場合もあります。
それから章または、本の最後に注釈を
まとめる流儀もあります。


25:[回答] TOM neko [2002/04/28 16:06 ]

>>24
> 「傍注」
なるほど。さすがに「横注」ではセンス無いですね。せめて「脇注」とすればよかった。

本の最後にある注釈って、読むの面倒なんですよね。


26:[回答] やじうま1号 [2002/04/29 17:56 ]

>>24
回答ありがとうございます(汗)

それで問題提起者は納得なのでしょうか?


27:[回答] ma-to [2002/04/30 20:16 ]

久々に訪問したら憶えのあるスレッドが。。。


>>12

> 問題にしていたのは実装もそうですが,
> むしろ,なぜ脚注を脚注としてマークアップできないかです.

いいたいことは分かっていますよ、9とか14とか。でもそのききかたでは質問者の要求する結果が見えてこないのだな。


>>13

> 見出しとしてマークするより定義リストとしてマークする方が
> 綺麗なような気がするけど、好みの問題かも。

綺麗 ? マークアップと見映えがハッチポッチ ? ははは、あほらし。


28:[回答] 謎の人R [2002/05/01 03:39 ]

>>27
> 質問者の要求する結果が

これでふと思ったのですが:
>>10
> 書籍の脚注は、殆ど全ての場合、開いてあるページにおさまっているので離れた位置にあっても直ぐに目に入るが、スクリーンでは表示領域外になってしまうから使い難い、どうしようか、ということだろう。

『スクリーンでは表示領域外になってしまうから使い難い』という見た目の問題ではなくて、

>>15
> 脚注をどうマークアップするかを問題にしていたのです.

ということなので、純粋に文書構造をマークアップする上での問題(脚注要素がない問題)のはずなのです。


で、私が気になったのは、
>> 3
> footnote 要素のようなものは,たぶんないと思いますが,
> じゃ,どうやって,脚注を書けばいいの?
> ということです.

また
>> 15
> と,他の人は脚注を書きたいときに,
> どう解決しているかを参考にしたかったのです.

と、HTML(の仕様)に該当する要素がない以上、別の方法を工夫するしかないのをわかっていながら、そういうレスに対して

>> 8
> それならば,なおさら footnote 要素を
> 用意してほしかったですね.
> いったい,脚注なしで,どんな文書を書けというのだか.

とか

>> 15
> いま,具体的な実装(あるいは効果)は
> そんなに大事なことではなくて,
> # どうでもいいわけではありませんが
> 脚注をどうマークアップするかを問題にしていたのです.

など、footnote 要素がないないと……仕様書にない以上、いっても仕方がないことを繰り返してどうするんです? といいたい。
※第一、以前として「脚注番号」と「脚注」の違いが明確でないというか、どうも勘違いされているようですし(そもそもそういうことを厳密にマークアップしたいのなら要素は2つ必要なはず)。むしろ「脚注番号」のマークアップがテーマ?

だいたいすでに
>> 7
> 別に、物理要素を使わなくても相当するcssを用意して
> span.fnote{

が解決(のヒント)になっていると思うのですが。


とにもかくにも同一ページでのマークアップにこだわるならば

▼本文(注釈番号)
<p>...<span class="notenum">[1]</span></p>
<p>...<span class="notenum">[2]</span></p>

▼注釈(注釈本体)
<ol class="notes">
<li>...</li>
<li>...</li>
</ol>

などでじゅうぶんなのではと思います。

※にしても、>> 20 のページは私にとっては新鮮でした。紹介感謝。

回答(必須): 状態:

お名前(必須):

e-mail:

URL:




[戻る]

ChaichanPAPA's World