WEB相談室

Webページ作成に関しての何でも掲示板です。

タイトル:Googleのキャッシュって著作権的に問題がないのですか

teka [WriteDate : Fri May 25 12:04:21 2001]

Googleなどの検索エンジンのロボットは勝手に他のホームページの要約を作成し、またキャッシュを自分のサイトに作っていきますが、これって著作権的に問題はないのでしょうか。(しかも勝手にデザインを改変してます)
たとえば私がロボットを作り他のサイトのコンテンツを自分のコンテンツのようにして私のホームページに載せたら問題があると思うのですが・・・。
また翻訳してくれるエキサイトのようなホームページは便利なのですが、これもなにやら問題がありそうな気がするのですが・・・。


teka [WriteDate : Fri May 25 12:16:38 2001]

追加質問です
まさか
robots.txt

metaタグ
を指定していないのは引用、要約、キャッシュと称する著作権侵害をされても文句を言えないと言うことですか?

逆を言えば私も他のページの情報の再表示を勝手に行ってもよいのですか


カヅサツ [MAIL] [URL] [WriteDate : Fri May 25 14:01:08 2001]

> 引用、要約、キャッシュと称する著作権侵害をされても
> 文句を言えないと言うことですか?

キャッシュはともかく、引用、要約「そのもの」は
著作権侵害にあたらないとボクは考えます
(引用、要約の「やり方」によっては侵害になるケースがある、
というのなら判ります)。

キャッシュについては google にて「google キャッシュ 著作権」で調べたところ、
多くのリソースが引っかかりました。

http://www.google.com/search?as_qt=w&as_q=google+%83L%83%83%83b%83V%83%85+%92%98%8D%EC%8C%A0&as_eqt=w&as_eq=&as_dt=i&as_sitesearch=&lr=&num=100&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5

概ね、「google のキャッシュは著作権の侵害ではなかろうか」という
問題提起が多いように思えます。

エキサイトの翻訳について、ちょっと違いますが、
社団法人 著作権情報センター 「マルチメディアと著作権」Q6
http://www.cric.or.jp/qa/multimedia/multi16_qa.html

では、

> 著作物を翻訳する際には著作権者の翻訳権が働きますので、
> これの許諾を得て翻訳するのであれば何ら問題はありませんが、
> 権利者に無断で翻訳すると翻訳権の侵害として民事上、
> 刑事上の責任を追及されることになるのは、
> 他の著作権侵害の場合と何らかわりはありません

とあります。 実際は翻訳を公開したりするのがマズいのではなかろうか、
などとボクは思っていますが。

> 逆を言えば私も他のページの情報の再表示を勝手に行ってもよいのですか

まだ議論の余地はあり、迂闊にやるのはオススメできないといったところでしょうか。
「良い」と言い切るにはやはり相応の法律の知識、および争いになった時の覚悟、
そのあたりなどが必要ではないかと思います。

# というか、「これは法律に抵触するのか」という議論と、
# 「法律に抵触する(しそう)からしてはいけないのか、あるいは
# 抵触しなければ(しなさそうなら)していいのか」
# という議論は別個に行った方が良いように思えます。
# 前者は法学の領域、後者は文学あるいは哲学の領域かと。


teka [WriteDate : Fri May 25 15:01:52 2001]

なるほど、危ない橋は渡らない方が良さそうですね。
親切なご回答どうもありがとうございました。


のり [WriteDate : Wed May 30 10:57:56 2001]

インターネットはキャッシュを前提とした技術なんだから、
著作者はキャッシュされることを覚悟の上で公開するべし
というルールがあります。


B-Cus [WriteDate : Wed May 30 11:07:05 2001]

> というルールがあります。

その根拠を教えて下さい。


のり [WriteDate : Wed May 30 11:19:45 2001]

あたりまえのことです。
ふざけたこと聞かないでください。


カヅサツ [MAIL] [URL] [WriteDate : Wed May 30 11:23:40 2001]

> インターネットはキャッシュを前提とした技術なんだから、
> 著作者はキャッシュされることを覚悟の上で公開するべし
> というルールがあります。

問題になっている(なりそう)なのは、
そのキャッシュを(不特定多数に)公開していることではないか、
という議論もあるみたいです。

テレビ番組をビデオ録画すること事態は違法ではありませんが、
それを不特定多数に譲渡貸し借りすることはまた別のハナシだということと同様、
個人のパソコンでの利用のためのキャッシュと、 Google のキャッシュは、
別のハナシではなかろうかと思います
(著作権法30条「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること」)。

この問題については
http://www3.justnet.ne.jp/~ilc/journal/990429_1.htm
が詳しいと思います。


のり [WriteDate : Wed May 30 11:28:44 2001]

私は、こういう当然そこにある暗黙の了解についてグタグタ言う人の常識を疑っているのですよ。
プールに行けばシャワーで全身水浸しにされるのが当然。それは衛生上必要なわけで存在は理にかなっている。
みんなそうなることを分かってて行くわけです。
インターネット上に無数のキャッシュサーバが存在しているのも事実。これにも利便性があるわけで、
文句をいうなら公開しなければいいんです。
そこに最初からあるルールに従えない人は公共の場に出てくる資格が無い。


カヅサツ [MAIL] [URL] [WriteDate : Wed May 30 11:37:00 2001]

# fj.soc.copylight で良く見かけたハナシですなぁ。

ボクは初めに書いたとおり、

「これは法律に抵触するのか」という議論と、
「法律に抵触する(しそう)からしてはいけないのか、
あるいは抵触しなければ(しなさそうなら)していいのか」 という議論は
別のハナシだと思ってます。

元質問を良くお読み下さい。

> これって著作権的に問題はないのでしょうか。

です。

ここでは法律の議論をしているので、
「『悪法また法なり』と言って自ら毒をあおる行為アリやナシや」
という議論は、「板違い」であろうと思います。


のり [WriteDate : Wed May 30 11:42:06 2001]

だから抵触しないと言ってるのだが?
インターネットに公開した時点で著作者はキャッシュという名の複製を
認めていると解釈するべきだと言ってる。


忘れてたが、翻訳サイトはなおさら抵触しない。
翻訳してるのはサイトではなく訪問者だからな。


ゆうじ [MAIL] [WriteDate : Wed May 30 11:49:18 2001]

割り込んですいません・・・

たしかにキャッシューサーバは無数にありますけど
今までに一人でも訴えられたことがあるんですか?
キャッシュという技術はインターネットと同時に
できたわけですよね?かなりの歴史があると思いますけど
いないのなら問題は無いのではないでしょうか?


カヅサツ [MAIL] [URL] [WriteDate : Wed May 30 11:55:12 2001]

> インターネットに公開した時点で著作者はキャッシュという名の複製を
> 認めていると解釈するべきだと言ってる。

それはそうでしょう。
ボクが問題になりそうだと思うのは、その上で、
個人のパソコンでの利用のためのキャッシュと、 Google のキャッシュは、
著作権法30条から別のものであると解釈しそうだと思います。

テレビで番組を放映した時点で著作者はビデオ録画という名の複製を
認めていると解釈はされるかもしれません。

しかし、それを家庭内や友人と一緒に閲覧することと、
それを不特定多数の人間に公開することは、
また別のハナシだと思います。

> 忘れてたが、翻訳サイトはなおさら抵触しない。
> 翻訳してるのはサイトではなく訪問者だからな。

なるほど。確かに「トリガーを引く」のは訪問者ですね。


andi [WriteDate : Wed May 30 12:00:57 2001]

> 暗黙の了解、常識

プールのシャワーは目に見えても、キャッシュサーバって目に見えませんね。
それに今の時代は「キャッシュって何?」ってインターネット利用者の方が多いんじゃないかなぁ。

一概に「暗黙の了解、常識」という言葉では片付けられない問題じゃないかと思います。


キャッシュすること自体は確かに著作権的に問題なさそうですが、
Googleのように明示的に利用している物とは別の話な気がします。

どちらにしても自分は法律的な根拠を質問者に与えられないので、
質問者に対して「問題ないから大丈夫」とは言えませんけど。


のり [WriteDate : Wed May 30 12:06:59 2001]

だから、ISPのproxyのように、世のすべてのサイトが存在する前からインターネット技術の一部として、
さらには不可欠なものとして導入されている方式を拒みつつ、サイトを公開する権利が誰にあるのさ?

そういう連中は、自分の無知を棚に上げて著作権侵害だと叫ぶ前に公共の福祉について勉強するべきだ。


カヅサツ [MAIL] [URL] [WriteDate : Wed May 30 13:45:53 2001]

> だから、ISPのproxyのように、
> 世のすべてのサイトが存在する前からインターネット技術の一部として、
> さらには不可欠なものとして導入されている方式を拒みつつ、
> サイトを公開する権利が誰にあるのさ?

ボクには Google のキャッシュ公開サーヴィスが
「世のすべてのサイトが存在する前からインターネット技術の一部として、
さらには不可欠なものとして導入されている方式」
かどうか、異論の余地があると思います。

まぁしかし、いくつかのリソースは紹介したので、
後は読み手の判断に任せたいトコロです。

> どちらにしても自分は法律的な根拠を質問者に与えられないので、
> 質問者に対して「問題ないから大丈夫」とは言えませんけど。

御意。

ただ、そのように法整備がなされていく可能性ももちろん否定できません。


B-Cus [WriteDate : Wed May 30 18:52:11 2001]

> あたりまえのことです。
> ふざけたこと聞かないでください。

だから、あたりまえの事と思う根拠を教えて下さいな。
どこかに明文化されているのか、「私がそう思うから」なのか、
どっちですか?

 A: 「インターネットはキャッシュを前提とした技術なんだから、
   著作者はキャッシュされることを覚悟の上で公開するべし
   というルールがあります。」
 B: 「そんなことは初めて聞きました。根拠は?」
 A: 「あたりまえのことです」
ということなら、「それをルールと呼ぶのかなぁ?」と思います。


たこすけ [WriteDate : Thu May 31 00:12:39 2001]

> インターネットはキャッシュを前提とした技術なんだから、
私はこの場合のキャッシュが何を指すものなのかに
興味があります。


オロチ [WriteDate : Thu May 31 02:09:09 2001]

proxyサーバとか、キャッシュサーバとか、ミラーリングサーバって、インターネットができたころからあったんじゃないですか?
余り詳しくないのですが、少なくともキャッシングの仕様はRFCにもありますよね?
こうした技術がRFCになっているのなら、インターネット上にある任意のリソースをキャッシュすることに問題は無いはずでしょ。
知らなかったは言い訳にならないんですから。


謎の人R [WriteDate : Thu May 31 05:09:40 2001]

とりあえず、タイトルが:
>Googleのキャッシュって著作権的に問題がないのですか

なので、Googleの『よくある質問』:
http://www.google.com/intl/ja/faq.html

に目を通すと次の項目がありますね。
→『3. Googleでのキャッシュを無効にする』

というわけで、タイトルに関する限りは:
キャッシュを無効にする方法を提供しているにもかかわらず、それを用いていないなら、Googleによるキャッシュおよびその公開に同意しているものと、一応の解釈ができる=「著作権的に問題がない」といえるかもしれません。
☆少なくともGoogleはそういう予防線を張っている?(笑)


以下はコメント:
・「前提的にキャッシュ」すること(複製権)と、それを「明示的に再利用」すること(公表権・同一性保持権や公衆送信権?)とは、やはり別の問題では?と感じます。

・具体的に有用な情報源を提示されているカヅサツさんに感謝です(^^)


teka [WriteDate : Thu May 31 07:40:57 2001]

最初に質問した者です。
私的にはもう「完了」したのですが・・・。意見が盛り上がってしまってビックリしました。
さて
http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/semi/2000google.pdf
にgoogleの著作権について、アメリカの法律をふまえた上での意見が載っていました。またこの件についてgoogleにも問い合わせてあります。
返事がきたら引用したいと思います。


ジュゲム [WriteDate : Thu May 31 10:24:49 2001]

結論から言えば、違法ではないですよ。
著作権問題ですから誰かが訴えなければ違法になりません。
でも、どっかの企業がGoogleを訴えれば企業イメージが大きく損なわれるでしょう。
かといってこの程度のことで個人で裁判を起こせるほど日本の司法制度は発展してません。
したがって何の問題にもなりません。

回答(必須): 状態:

お名前(必須):

e-mail:

URL:




[戻る]
ChaichanPAPA's World