Perlでシングルトンパターン! (デザインパターン)

Perl初心者のためのPerlノートです!

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ WEBリーダー/ 燈明日記/ yahoo

◆ はじめに

本ページは、私がPerlを習得した時(いや習得中)のノートです。

ごく普通の言語(COBOL,C,Java,VB等)を知っている人が、Perlをやり始めるといろいろと悩むことがあります。

それは、

です。

本ページは、そのようなハードルを一つ一つクリアにしていけたらと思います。

そして、本ページが何かのお役に立てれば幸いです。では、ごゆっくりご覧ください。

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくPerlノート掲示板へご指摘ください。

◆ サイト最新情報

◆ コンテンツ

2008-02-27 Perlでシングルトンパターン! (デザインパターン)

Perlでデザインパターン 第5弾(シングルトンパターン)

シングルトンパターンとは、指定したクラスのインスタンスが絶対に一つしか存在しないことを保証するパターンです。


一般的なシングルトンパターンのクラス図
     +---------------------+
     |     Singleton       |
     +---------------------+
     | -$singleton         |
     +---------------------+
     |                     |
     | +getInstance        |
     |                     |
     +---------------------+

サンプル1
Singleton.pm
package Singleton;
use strict;

my $singleton;
BEGIN {
    print "Start.\n";
    $singleton = bless {}, __PACKAGE__;
    print "インスタンスを生成しました。\n";
}
sub getInstance {
    return $singleton;
}
1;
Main.pl
use strict;
use Singleton;

my $obj1 = Singleton->getInstance;
my $obj2 = Singleton->getInstance;

if ($obj1 eq $obj2) {
    print '$obj1と$obj2は同じインスタンスです。', "\n";
}
else {
    print '$obj1と$obj2は同じインスタンスではありません。', "\n";
}
print "End.\n";
Main.plの実行結果
C:\Documents and Settings\dp\Singleton>perl main.pl
Start.
インスタンスを生成しました。
$obj1と$obj2は同じインスタンスです。
End.

サンプル2

チケット発行などで、ユニークでシーケンシャルな番号を発行したい場合、シングルトンパターン適用が有効です。

以下に、適用しないケースと適用したケースを示します。


Main.pl
use strict;
use TicketMaker;

my $obj1 = TicketMaker->getInstance;
my $obj2 = TicketMaker->getInstance;
print $obj1->getNextTicketNumber, "\n";
print $obj1->getNextTicketNumber, "\n";
print $obj2->getNextTicketNumber, "\n";
print $obj2->getNextTicketNumber, "\n";

TicketMaker.pm(適用しないケース:複数インスタンスが可能)
package TicketMaker;
use strict;

sub getInstance {
    my $class = shift;
    my $self = {};
    $self->{ticket} = 1000;
    return bless $self, $class;
}
sub getNextTicketNumber {
    my $self = shift;
    return $self->{ticket}++;
}
1;
C:\Documents and Settings\dp\Singleton>perl Main.pl
1000
1001
1000
1001

同じ番号のチケットが発行されてしまった。


TicketMaker.pm(シングルトンパターンを適用したケース)
package TicketMaker;
use strict;

my $singleton;
BEGIN {
    my $self = {};
    $self->{ticket} = 1000;
    $singleton = bless $self, __PACKAGE__;
}
sub getInstance {
    return $singleton;
}
sub getNextTicketNumber {
    my $self = shift;
    return $self->{ticket}++;
}
1;
C:\Documents and Settings\dp\Singleton>perl Main.pl
1000
1001
1002
1003

ユニークでシーケンシャルな番号のチケットが発行された。


尚、本コンテンツは、結城先生の以下の本をかなり参考にしています。

Javaでデザインパターンを勉強したい人には、お勧めのご著書です!

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

◆ おすすめ Perl本

■ 続・初めてのPerl 改訂版

『初めてのPerl』の次ぎに読むと吉です。

結構いいですが・・・、初心者にはちょっと難しいかもです。

■ 結城浩のPerlクイズ

この本には、ちゃいちゃんパパの小話しが載っています(謎)。

ある程度、Perlを理解している人には、たまらない内容になっています。さすが結城先生だな!

結城浩のPerlクイズ

■ 新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

実は、私はまだ読んでいませんが、結城先生の本なので良くないはずがありません。

新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

■ CGI&Perlポケットリファレンス (Pocket reference)

この本は、非常に役に立ちます。ちょっと調べるのに最適です。サンプルも説明も的を射ています。

CGI&Perlポケットリファレンス (Pocket reference)

■ Perlベストプラクティス

一読の価値有りだと思います。

Perlベストプラクティス

■ プログラミングPerl〈VOLUME1〉

ご存知、Perl本の聖書、ラクダ本(上)です。

■ プログラミングPerl〈VOLUME2〉

ご存知、Perl本の聖書、ラクダ本(下)です。

◆ おわりに

最後に、本ページが、何かのお役に立てれば幸いです。

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくPerlノート掲示板へご指摘ください。

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ WEBリーダー/ 燈明日記/ yahoo

人のよいところをどんどん見つけよう