クラスとオブジェクトのメソッド起動

Perl初心者のためのPerlノートです!

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ WEBリーダー/ 燈明日記/ yahoo

◆ はじめに

本ページは、私がPerlを習得した時(いや習得中)のノートです。

ごく普通の言語(COBOL,C,Java,VB等)を知っている人が、Perlをやり始めるといろいろと悩むことがあります。

それは、

です。

本ページは、そのようなハードルを一つ一つクリアにしていけたらと思います。

そして、本ページが何かのお役に立てれば幸いです。では、ごゆっくりご覧ください。

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくPerlノート掲示板へご指摘ください。

◆ サイト最新情報

◆ コンテンツ

■クラスとオブジェクトのメソッド起動


以下は、クラスとオブジェクトでのメソッド起動のサンプルです。

また、クラス内やオブジェクト内で作成したオブジェクトのメソッドが、オブジェクトを返す時は、そのオブジェクトのメソッドを「->」で繋げることができます(03と04の例)。



プログラムソース(tstobject2.pl)
#!/usr/bin/perl
use strict;
use DateString::DateStringx;
my $yesterday = time() - 60 * 60 * 24;
my $date1 = DateString::DateStringx->new($yesterday);# クラスのインスタンス化
print "-------------------------------------------01\n";
print DateString::DateStringx->test2, "\n";       # クラスのメソッド起動
print "-------------------------------------------02\n";
print $date1->test2, "\n";                        # オブジェクトのメソッド起動
print "-------------------------------------------03\n";
print DateString::DateStringx->test3->test3, "\n";# クラス内で作成したオブジェクトのメソッド起動
print "-------------------------------------------04\n";
print $date1->test3->test3, "\n";                 # オブジェクト内で作成したオブジェクトのメソッド起動



DateStringx.pmモジュールソース(DateStringxクラス)
DateStringx.pm
package DateString::DateStringx;
use strict;
use DateString::DateStringz;

my $yesterday = time() - 60 * 60 * 24;
my $date1 = DateString::DateStringz->new($yesterday);

sub test3 {
    print "$_[0]---DateStringx---$_[1]", "\n";
    return $date1;
}

sub test2 {
    return "$_[0]---DateStringx---$_[1]";
}
sub new {
    my $class = shift;
    my $time = shift || time();
    return bless { time => $time }, $class;
}
sub to_string {
    my $self = shift;
    return scalar localtime $self->{time};
}
1;
__END__



DateStringz.pmモジュールソース(DateStringzクラス)
DateStringz.pm
package DateString::DateStringz;
use strict;
sub test3 {
    return "$_[0]---DateStringz---$_[1]";
}
sub new {
    my $class = shift;
    my $time = shift || time();
    return bless { time => $time }, $class;
}
sub to_string {
    my $self = shift;
    return scalar localtime $self->{time};
}
1;
__END__

実行結果(tstobject2.pl)
C:\xxx>tstobject2.pl
-------------------------------------------01
DateString::DateStringx---DateStringx---
-------------------------------------------02
DateString::DateStringx=HASH(0x285f18)---DateStringx---
-------------------------------------------03
DateString::DateStringx---DateStringx---
DateString::DateStringz=HASH(0x183048c)---DateStringz---
-------------------------------------------04
DateString::DateStringx=HASH(0x285f18)---DateStringx---
DateString::DateStringz=HASH(0x183048c)---DateStringz---



ちなみに、ここでは、クラスをインスタンス化したものをオブジェクトと書いてます。

クラスは、モジュールそのものです。

オブジェクトは、クラスのメソッド(コンストラクタ)がblessしたリファレンスを返したもの(インスタンス)。

◆ おすすめ Perl本

■ 続・初めてのPerl 改訂版

『初めてのPerl』の次ぎに読むと吉です。

結構いいですが・・・、初心者にはちょっと難しいかもです。

■ 結城浩のPerlクイズ

この本には、ちゃいちゃんパパの小話しが載っています(謎)。

ある程度、Perlを理解している人には、たまらない内容になっています。さすが結城先生だな!

結城浩のPerlクイズ

■ 新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

実は、私はまだ読んでいませんが、結城先生の本なので良くないはずがありません。

新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

■ CGI&Perlポケットリファレンス (Pocket reference)

この本は、非常に役に立ちます。ちょっと調べるのに最適です。サンプルも説明も的を射ています。

CGI&Perlポケットリファレンス (Pocket reference)

■ Perlベストプラクティス

一読の価値有りだと思います。

Perlベストプラクティス

■ プログラミングPerl〈VOLUME1〉

ご存知、Perl本の聖書、ラクダ本(上)です。

■ プログラミングPerl〈VOLUME2〉

ご存知、Perl本の聖書、ラクダ本(下)です。

◆ おわりに

最後に、本ページが、何かのお役に立てれば幸いです。

尚、ご感想、ご意見、誤字、脱字、間違い等がありましたら遠慮なくPerlノート掲示板へご指摘ください。

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ WEBリーダー/ 燈明日記/ yahoo

人のよいところをどんどん見つけよう