Of ChaichanPapa-World !

釈尊ストーリー

釈尊の教え:すべての人が幸せになれるらしい・・・

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ 燈明日記 / VB-TIPS/ Perlノート/ 法華経エッセイ/ 法華経ノート/ 釈尊ストーリー/ 法華経インデックス

◆ はじめに

このページは、釈尊ことお釈迦さまのプロフィールを紹介します。

法華経ノートも一段落したので、ここに法華経を説いた釈尊をもっと知りたいと思い、釈尊ストーリーをコンテンツに加えます。

尚、本コンテンツは、『仏教のいのち法華経』(著:庭野日敬 佼成出版社)を大変参考にしています。 この本は、仏教全般、法華経全般の神髄を大変分かり易く説明されていて、必読の書と云えるでしょう!

◆ お知らせ

◆ もくじ

釈尊ストーリー(釈尊物語)

◆ 釈尊ストーリー(釈尊物語)

では、釈尊物語のはじまり、はじまり・・・。

第1話:誕生釈尊(天上天下唯我独尊)

時代は、約紀元前500年。場所は、今のネパールのあたりにカピラバストという国がありました。 そして、その国王の淨飯王と摩訶摩耶夫人に、はじめて王子が誕生されました。 名を悉達多(シッダールタ)といい、後のお釈迦さまの誕生でありました。 誕生された悉達多は、四方に向かって七歩ずつ歩かれ、右手を天に指し、左手を地に指し『天上天下唯我独尊』と宣言されました。 生母:摩訶摩耶夫人(まかまやぶにん)は、出産後、7日後に亡くなり、悉達多は継母:摩訶波闍波提(まかはじゃはだい)に育てられました。

ここで解説です。 まず、皆さんは、たぶん2つの疑問を持ったことだと思います。

  1. 生まれたての赤ちゃんが、なんで歩くことができるのか? 
  2. 『天上天下唯我独尊』とは、なんて傲慢なことを言うのか?

1は、古代インドの文化では、時空をこえた表現をよくするとのことです。 つまり、生まれたての赤ちゃんの釈尊とお悟りを開いた釈尊が、ごっちゃに表現されているのです。

2は、普通の人が言えば、超傲慢ですが、釈尊が言ったということは、宇宙の真理ということです。 つまり、世界を救えるのは、唯一、宇宙の真理だけであるので、宇宙の真理(法)は尊いのだ、ということです。

とにかく、ここに人類の大導師、お釈迦さまが誕生されたのです。 ちなみに、仏教界では4月8日にお釈迦さまの降誕会を行っています。

第2話:少年釈尊(一切皆苦)

後の釈尊こと悉達多王子は、幼くて母親を亡くし、ものに感じやすい考え込みがちな少年でした。 ある年、年中行事の鋤き入れの式がありました。

王子は、父の淨飯王に連れ添って、それを見ていると・・・。 鋤きで掘り起こされた土の中にいた虫を、鳥が舞い降りてきて食べてしまったのです。 その光景は、何度も何度も繰り返されました。 王子は、いたたまれなくなって、そして思いました。

『一方が生きるために、一方が殺される・・・なんとむごたらしい・・・生きることはすべて苦である・・・』
『そして、それは、確かに現実なのだと・・・、そう、一切皆苦なのだと・・・』

しかし、王子の現実生活は、王子なので、学問・武芸など、なに不自由なく幸福だったとのことです。 そんな王子悉達多少年が、青年へ成長する過程で、出家を決定付ける出来事がありました。四門出遊・・・つづく。

第3話:青年釈尊(四門出遊)

王子から太子になられた青年釈尊は、ある日、郊外の園林に遊びに行くことになりました。

太子がお城の東門から馬車に乗って出かけると、見るに耐えないヨボヨボの老人と遭遇しました。 太子は、お供の者に『あれは何者か?』とお尋ねになりました。

お供の者は、答えました。

『老人でございます。すべての人間は、生身であるいじょう、老いの苦しみを免れるものは、ございません』

太子は考え込んで、もう遊びにいくどころではなく、お城へ帰りました。

それからしばらくして、また、外出することになりましたが、東門をさけ、南門から出かけました。 すると、道端に倒れてる病人と遭遇しました。 太子は、お供の者に『あれは何者か?』とお尋ねになりました。

お供の者は、答えました。

『病人でございます。すべて人間は、生身であるいじょう、病の苦しみを免れるものは、ございません』

太子は考え込んで、もう外出どころではなく、お城へ帰りました。

また、それからしばらくして、外出することになりましたが、東門と南門をさけ、西門から出かけました。 すると、遺体を運んでいるお葬式に遭遇しました。 太子は、お供の者に『あれは何者か?』とお尋ねになりました。

お供の者は、答えました。

『死人でございます。すべて人間は、生身であるいじょう、死の苦しみを免れるものは、ございません』

太子は考え込んで、もう外出どころではなく、お城へ帰りました。

それからしばらくして、またまた、外出することになりましたが、東門と南門と西門をさけ、北門から出かけました。 すると、出家修行者に遭遇しました。 太子は、お供の者に『あれは、どういう人か』とお尋ねになりました。

お供の者は、答えました。

『沙門でございます。出家の修行者でございます』

太子は、沙門に尋ねました。

『沙門には、どういう利益があるのでしょうか?』

沙門は、答えました。

『わたくしは、生老病死の苦しみを超越し、多くの人に安らぎとしあわせをやりたいと願うばかりで、
 世間の汚れから離れている身でございます。これが沙門の利益だと思います』

太子は、『まことにそのとおり、これこそ、わたしの求めていた道だ!』と出家を決意されたとのことでした。

このように仏教は、釈尊が少年期、青年期で体験した苦に対して、どのように克服すればよいかからスタートしたものと思われます。

ということで、仏教は、まず、はじめに苦ありき! です・・・。

第4話:出家釈尊(大いなる放棄)

さて、四門出遊で出家を決意した太子でしたが、王子であるので王の後継ぎをしなければなりませんでした。 しかし、しばらくすると、太子の御妃が羅ご羅(ラゴラ)を出産されたのです・・・。

これで、後継ぎを羅ご羅(ラゴラ)に任せ、生まれたわが子と産後のお妃と孫出産に喜び慕っている父王を おきざりにして、太子は出家されました。

王になるべき身分を捨て、乞食同然の沙門になられたのでした。 これを、ヨーロッパの学者は『大いなる放棄』と呼んでいるそうです。 すべての人を救うため、王位と妻子父母を放棄してしまったのです。

この大いなる放棄をして、2500年後の我々まで及んでいる絶大な恩恵である仏教を説いた、お釈迦さまにたいして、 感謝をせずには、いられないのです。 そして、そのお陰さまで、我々は、妻子父母を放棄することなしに、絶大な恩恵である仏教を受け継ぐことができるわけです。 あぁ、よかった・・・。

第5話:苦行釈尊(一麻一米)

さて、沙門になられた太子は、もう太子ではなく菩薩となりました。

菩薩は、師をもとめてバラモンの仙人へ弟子入りしましたが、すぐ仙人と同じ境地に達してしまい、もう師はもとめず一人で修行することに決めました。 ところが、仙人とすぐ同じ境地に達してしまった菩薩をみていた5人の仙人の弟子は、菩薩を慕い6人の仲間で修行することになったのです。 ちなにみ、この5人は後の初転法輪の5人です。

修行は、食事を一日に米一粒、麻の実一粒等の苦行が主で6年間続きました。 しかし、菩薩は、苦行では悟れないということを悟られ、苦行をやめ、村の娘(スジャータ)から乳粥を供養してもらい体力を回復されました。 それを見ていた、5人の仲間は、菩薩が苦行から逃げた脱落者と思い、菩薩から離れていきました。 しかし、菩薩は、意に介せず、苦行では得られなかった真の悟りをもとめて、それにふさわしい場所を探し歩き続けました・・・。つづく。

第6話:瞑想釈尊(降魔)

真の悟りを求めるにふさわしい場所を見つけ、そこで、菩薩は瞑想をはじめました。

瞑想中に菩薩は思いました。魔王を知る前に悟りを得るのは私にとってふさわしくない・・・、魔王を呼び出そう!

魔王の方も、自分が支配している欲界に仏陀が誕生されるとまずいので、なんとか、菩薩の瞑想を邪魔します。

魔王は、はじめに、若くて美しい自分の娘たち(魔女達)をやって誘惑させます。

しかし、菩薩は、魔女達をやさしく諭し、すっかり、菩薩に帰依してしまいました。

怒りたけった魔王は、つぎに、怪物の軍勢を送って暴力で屈服させようとします。

しかし、菩薩は、怪物たちを慈悲をもって諭し、すっかり、菩薩に帰依してしまいました。

さらに怒りたけった魔王は、戦法を変え、ずる賢いペテン師をつかって菩薩を混乱させようと試みました。

しかし、これも失敗に終わってショックを受けた魔王は気絶し、魔力は全く無力化してしまいました。

こうして、魔の軍団を降伏させた菩薩は、本格的にお悟りをする準備に入ったのでした・・・。


ここで少し解説です。

ポイントは、魔王が先に来たのではなく、菩薩が先に呼び出したこと。そして、菩薩の力が魔の力よりすぐれていることが証明されました。

また、魔王の攻撃の初めの2つの『性的な誘惑』と『野蛮な暴力』は、理性でなんとか克服できますが、 3番目の『知的な悪魔の論理』は、結構厄介です。これにかかると自分の主義主張が正しいものと信じ込んでしまいますので、 それを元に戻すには、すごく大変なわけです。ですので、仏教の力によって『知的な悪魔の論理』を大掃除しなければならないわけです。

とにかく、菩薩は、深い禅定に入り、お悟りは、もうすぐです・・・つづく。

第7話:仏陀釈尊(奇なるかな)

魔王を退治した菩薩は、本格的な瞑想に入り、明けの明星が輝く12月8日の朝、ついにお悟りを開かれたのです。 それは、菩薩から仏陀になられた瞬間でもありました。ちなみに、仏教界では12月8日にお釈迦さまの成道会を行っています。

仏陀とは、梵語(サンスクリット)で『真理を悟った人』と云う意味で、今世の歴史上では釈尊お一人ということになっています。

悟りとは、深い禅定に入ると全く澄み切った無我の境地になり、すると真理がなんの妨げもなく心に流れ込んで、 真理そのもと合致してしまうのです。 すると、万物の本当のすがたの実相がありあり見えて(仏眼)しまうのです。

そしてその時、仏陀は、つぎのように仰せられました。

奇なるかな。奇なるかな。一切衆生悉く皆如来の智慧と徳相を具有す。ただ妄想・執着あるを以ってのゆえに証得せず。

意訳しますと。

不思議なことに。不思議なことに。すべての人には、如来と同じ智慧と徳相をもっている。
しかし、仮の現れである自分のからだが、自分自身であるという妄想をもっていて。
かつ、それに執着しているために、自分自身が『永遠の命』であることを証れ得ないでいるのだ。

いや〜、驚いたことに、お悟りのこの一番最初に、法華経16番の『永遠の命』を説いていたのですね。

そして、『永遠の命』を相手に応じて手を変え品を変え説いたので8万4千もの教えが出来てしまったとか・・・。

そして、一番最後の亡くなる直前に説いた法華経も『永遠の命』がテーマでした。

第8話:方便釈尊(梵天勧請)

さて、悟りを開かれた仏陀こと釈尊は、初めの7日間は、その悟りを味わい。 あとの14日間は、とあることを考えていました。

それは、悟り得た難信難解な法を、世の人々に説いてよいものかどうか・・・。 本来、人々を救う法で、機根が低い人たちの場合は、逆に不幸にしてしまうこともあるだろう・・・。 説くべきか、説かざるべきか・・・。

その時、もろもろの梵天王や帝釈天・四天王などの多くの神々が、その眷属たちを引き連れて現れ、 人々のために説いて頂きたいと請うのでした。

すると、釈尊は、過去の仏の示された方便力のことを考えつき、相手に応じて、それにふさわしい方法で、 いろいろに説き分けることにしようと決心されたのです。

そして、釈尊は、梵天王に、こう仰いました。

『わたしは、あなたの勧請を受け入れ、甘露の法雨を降らせよう!
 すべての人々よ、神々も鬼神たちも、すべての耳のあるものは、この法を聞くがよい!』

これで、以来2500年の間、甘露の法雨が地上に降り続けることになるのです。つづく。

第9話:説法釈尊(初転法輪)

さて、梵天王に勧請され、説法することを決心しましたが、はじめに誰に説いてよいのか思案です。 いくら、方便を使って説くにも、ある程度機根のある人でないと理解してもらえない・・・。

出家時に師事したバラモンの仙人はもう亡くなっていますし、そうだ、かつて苦行を一緒にした5人にしよう。

5人は、200キロ先の鹿野苑(インドのベナレス)にいるのでそこに徒歩で行き、以下の5人をつかまえて、説法を開始しまた。

はじめは、苦行を途中でやめたゴータマ(釈尊の本名)の言う事なんか聞けるか・・・という態度でしたが、次第に釈尊の熱意にほだされ、歴史的な説法が始まったのです。

『比丘たちよ。この世には近づいてはならぬ2つの極端がある。如来は、この2つの極端を捨て、中道を悟ったのである』

これが、第一声でした。

この中道のあと、四諦八正道の教えが説かれたとのことです。

その後、5人は、釈尊のお弟子になり、仏、法、僧がはじめてそろった、つまり、仏教が誕生した記念すべきイベントで、この説法を初転法輪と云います。

ちなみに、初転とは、はじめて転がすことで、法輪とは、法の車輪。(古代インドでは、りっぱな王には、巨大な車輪が授けられた。)

第10話:教団釈尊(帰依三宝)

初転法輪後、ちょうど雨期だったので、釈尊と5人の比丘は、ベナレスに留まり、そして、ヤシャと云う青年を偶然に仏門に導きます。 仏法を会得したヤシャは、いきなり両親、妻をはじめ50人以上も導いて、釈尊教団が誕生しました。 ちなみに、両親、妻は、出家せず、はじめての優婆寒(男子の在家修行者)、優婆夷(女子の在家修行者)となりました。

釈尊教団に入るには、仏法を理解することはもちろん、つぎの3つの心構え(帰依三宝)の不動の決意が必要でした。

  1. 自ら仏に帰依したてまつる。
  2. 自ら法に帰依したてまつる。
  3. 自ら僧に帰依したてまつる。

仏とは、釈尊(宇宙の大生命)。法とは、仏法(宇宙の真理・法則)。僧とは、同信者の和(宇宙の大調和)。

普段、なにげなく、読経の前に帰依三宝を唱えていますが、結構重い意味があったのですね・・・。

第11話:布教釈尊(随宜説法)

雨期も過ぎ、約60人の釈尊教団は一人ずつ布教の旅に出ることになりました。 釈尊も、マガダ国へ向かいました。それは、マガダ国王と悟りを開いたら訪れると約束をしていたからです。 途中、森のなかで30人の若者に随宜説法で教化し、つぎに事火外道の三迦葉(うるびん・なだい・がや)の教団をまるごと教化して、 一挙に約1000人でマガダ国に入りました。

国王は、釈尊教団のために竹林精舎(霊鷲山の近く)を建立し、釈尊教団はとどまって修行の道場としたのです。 その後、阿説示が智慧者舎利弗を導き、舎利弗は友達の神通力目連と一緒に入団。 また、拈華微笑摩訶迦葉も釈尊が迎えるまま入団。 そして、ここに三大弟子が加わり、最強の教団が誕生したのでありました。

尚、随宜(ずいぎ)説法とは、相手にふさわしい適切な指導の手段(方便)で、その場その場で、随時よろしく、説法・教化することで。また、拈華微笑(ねんげみしょう)とは、釈尊と摩訶迦葉のとある有名なエピソードなのですが、今回は割愛、将来コンテンツに加えるつもりです。

その後、カピラバスト国へ帰郷したり、コーサラ国に祇園精舎を建立したりして、教団は益々大きくなっていきました。 釈尊の一族からも沢山の出家者が出ました。 阿難(従弟)、羅ご羅(実子)、阿那律(従兄)、耶輸陀羅比丘尼(妻)、摩訶波闍波提比丘尼(継母)、難陀(異母弟)、提婆達多(阿難の兄)。 中でも、提婆達多は、釈尊の永遠のライバルで・・・、つづく。

第12話:反逆釈尊(提婆達多反逆)

提婆達多は、釈尊の従弟で、年も同世代だったようです。 青少年時代は、学業もスポーツも共に大変優秀だったのですが、提婆達多は、両方とも釈尊に今一歩およびませんでした。 また、ひじょうに我の強い性格だったようです。 そんなことから、提婆達多は、釈尊に強いコンプレックスを感じていたようです。 出家後も、その強い我は直らなかったのです。 そして、大きくなった教団を牛耳ってみたいという気持ちを抑えることが出来ませんでした。

また、釈尊はもちろん、教団の幹部はみな神通力(超能力)を持っていました。 これは、仏道を真に修行すると自然と会得してしまうものなのです。つまり、神通力の会得は二次的なものなのです。 しかし、提婆達多は、すでに神通力を得ている比丘から、神通力だけを伝授してもらいます。 すると、仏道修行で長年抑えていた我が閾値を超え、釈尊何するものぞと、教団を乗っ取ろうと、釈尊の命を狙ったり、いろいろ企てます。 しかし、その企ては、すべて失敗し、自暴自棄になり、悪行を重ね、地獄に落ちたと仏伝にしるされています。

そんな提婆達多のことを、釈尊は、以下のように仰っております。

等正覚を成じて広く衆生を度すること、皆提婆達多が善知識に因るが故なり
(仏の悟りを得て多くの人々を救うことができるのも、みんな提婆達多が善き友のお陰である)

これは、どういうことかというと、提婆達多反逆の苦を通して、自分自身が逆に成長できたということだと思います。 その結果、多くの人々を救うことができた・・・。 また、その奥には、法句経の『恨みに報いるに恨みをもってしない』があったのだと思います。

第13話:入滅釈尊(大いなる死)

釈尊は、29歳で出家され修行し、35歳でお悟りを開かれ(成道)、 80歳で入滅する(亡くなる)までの45年間、仏法の布教伝道に邁進しました。 仏伝では、初転法輪前後と入滅直前あたりは、順を追って分かるのですが、 それ以外の事柄は、2500年前のことなのでわかりません。

しかし、天台大師や後世の学者が、ほぼすべての経典を読破し、成道直後に華厳経、 つぎに阿含経、方等経、般若経と説かれ、涅槃の8年前から法華経が説かれ、 最後に、涅槃経を入滅直前の一日一夜の説法とのことと解明されました。

さて、入滅の涅槃ですが、直前に2つのエピソードがありました。

一つ目は、ほとんど絶望を思われていた釈尊が、幸い小康を得られた時に、熱心な信者のチュンダが、 ご供養した食事の茸に中毒され、ご容体がにわかに悪化し、それを知ったチュンダは、物凄く後悔しました。 しかし、釈尊は『チュンダの供養した食事が、私の最期を早めたからといって、何も悔やむことはありません。 私が成道する前に、スジャータという娘が食事を供養してくれましたが、今入滅しようという際のこの食事も、 それと同じように大きな功徳があるのです。』とおおせられ、チュンダの心を救ったとのことです。

2つ目は、いよいよ寿命が尽きることをお悟りになった釈尊のもとへ、スッパダという異教の行者が 『真の悟りに至る道』の教えを請いに来ました。 釈尊の弟子達は、ご臨終に近い釈尊をわずらわしてはならぬと思い、断ると、その押し問答を聞かれた釈尊は、 『道を聞きに来た人を拒んではなりません。』と八正道をお説きになったそうです。 そして、スッパダは、そのお言葉に目がさめたようになり、釈尊の最後の弟子になりました。

そして、クシナガラという町の沙羅の木の間に床を用意され、頭を北にし、 右脇を下にした形で、お亡くなりになりました(享年80才)。最後のお言葉は、

すべての現象は、移り行くものです。怠らず努力することですよ!

とのことでした。

ここに人類始まって以来の最高の聖者は、まことに大いなる死を迎えたのでありました。 それは、日本暦に直して2月15日の夜半とのことでした。 ちなみに、仏教界ではこの日に涅槃会を毎年とり行っています。

ちなにみ、なぜ北枕にしたのかというと、一説では、足を自分の生まれた国の方向へ向けないためとのことです。 これは、大いなる放棄より、父母に対しての親不孝を、釈尊はいつも気にしていたとのことです。

第14話:総括釈尊(真の仏教とは)

今回、釈尊の一生を見てきたわけですが、ここに僭越ながら、仏教素人の私の感想(ある意味悟り)を述べてみたいと思います。

仏教はご存知の通り、八万四千の法門があり、経典は約1700種あると言われています。また、宗派も沢山あるわけです。 これは、釈尊の時代には、教えを書物にする習慣(技術?)がなく、随宜説法の内容を口づてに伝えられました。 それを釈尊が入滅したのち、弟子達が思い思いに本にまとめたものが、経典となったのです。

したがって、すべての経典の内容は、ほぼ間違いなく釈尊の教えだと思うのですが、それにしても多過ぎます。 そこで、教えの真髄中の真髄を私なりに推察すると、お悟りと初転法輪のときの2つのメッセージに帰するのかなと思うのです。

一切衆生悉く皆如来の智慧と徳相を具有す。ただ妄想・執着あるを以ってのゆえに証得せず。

如来は、この2つの極端を捨て、中道を悟ったのである。

まず語句を解釈します。

『如来の智慧と徳相』とは、如来は仏様の別名で、智慧と徳相とは、性質です。したがって、仏性となります。

『妄想・執着あるを以ってのゆえに証得せず』は、何に対しての妄想・執着かというと自分自身のからだということです。

上記を踏まえて意訳しますと。

すべての人は、仏性を持っている。仮の現れである自分のからだが、自分自身であるという妄想をもっていて。
かつ、それに執着しているために、自分自身が『永遠の命』である仏性を持っていることを証れ得ないでいるのだ。

苦行と怠けの2つの極端を捨て、真理に合った道を悟ったのである。そして、八正道を実践すると自然と真理に合って来るのです。

とりあえず、これから先は、まだ、悟りえず・・・・・・。

しかし、これだけは、確かなようです。そう、幸せになるための『正しい行い』です!

そういえば、最初(初転法輪)に説いたのが八正道で、最後(涅槃時)も八正道だったなぁ・・・。

第15話:番外釈尊(釈尊の呼び名)

み仏けさまこと釈尊のお名前の呼び名は、実は沢山ありますね。

ここで少し、解説してみます。

今から、2千5百年前にカピラバスト云う国の王子として生まれた釈尊は、ゴータマ・シッダールタと名づけられました。 シッダールタとは、『すべてののぞみを成就するもの』という意味だそうです。

カピラバスト国は、シャーキャ族(釈迦族)という民族の国でした。 釈迦族は、今のインド人の大部分を占めるアーリア系白色人種でなく、 日本人に似ている蒙古系の黄色人種であったと云われています。

釈尊は、釈迦族出身の聖者(ムニ)で、『世に比類なき尊いお方』のバガヴァン(世尊)の称号で呼ばれていました。 つまり、釈迦牟尼世尊です。それを略して釈尊世尊と言われています。

また、釈迦は、ご自分のことを『真如から来たもの』の如来といっていたそうです。 つまり、釈迦牟尼如来です。 ちなみに、真如とは、宇宙のあらゆるものごとを存在たらしめている大本の法のことで、無生、無滅、無始、無終のもの。

実は、当時『釈迦』といった場合は、釈尊でなく釈迦族を指したそうですが、今では、釈尊のことですね。 もちろん、『お釈迦さま』も。

また、釈尊は、お悟りを開かれたので『真理を悟った人』と言う意味の仏陀ブッダ)と呼ばれ、仏さま、または、み仏さまと言われています。 つまり、釈迦牟尼仏です。

これで、とりあえず、上記の名前はすべて説明がつきました。

第16話:滅後釈尊(その後の仏教)

仏滅後、仏教は13世紀初頭までインドで栄えましたが、回教徒(イスラム軍)のインド侵入により仏教は滅亡しました。

しかし、大乗仏教は東へ東へと、中国、朝鮮半島、日本へと伝わり、小乗仏教(上座部仏教)はスリランカから東南アジア諸国に伝わりました。

大乗仏教の成立は、西暦元年前後で、その後、大乗仏教を理論体系にまとめた『中論』のナーガールジュナ(龍樹)や唯識仏教のアサンガ&ヴァスバンドゥ兄弟を輩出しました。

また、中国では三蔵法師玄奘や鳩摩羅什が大乗仏典を漢訳して、それが日本に伝わりました。 ちなみに、お経を読んでいて観世音菩薩が出てきたら鳩摩羅什訳で、観自在菩薩が出てきたら玄奘訳だそうです。

仏教が伝わったといっても、仏教の経典の数は5000以上もあり、当時の高僧達がこれはと信じたものが広まりました。

ちなみに、今の日本には以下のような宗派があるようです。

以上のように、法華経系、密教系、戒律系、念仏系、禅系、その他系に分かれ、法華経系以外は、仏教のある一つの教え、 例えば、陀羅尼、戒律、念仏、禅、唯識等を各々デフォルメして各々発展しているのかなぁ・・・と思う次第です。

すべての教えの仏教全般をフォローしているのは、法華経だけかも・・・。

しかし、とにかく、法華経系以外の宗派を評するほど、仏教に詳しくないです。すみません。

第17話:現代釈尊(今の仏教)

今の仏教は、葬式仏教と云われています。なぜ、そうなったかというと、それは、戦国時代にまでさかのぼります。

当時の混乱した社会の中で、軍事力もった、増大した仏教勢力を、信長と秀吉は大弾圧をします。

その後、江戸幕府も、寺の軍事力を削ぐため、寺に関する厳しい統制をかけ、江戸幕府は、仏教そのものを国教(寺請制度)としました。

事実上、国教になったことにより、すべての僧侶が幕府の官僧となり、 この結果、僧侶たちは、生活が保障され、布教のために信者を獲得する必要がなくなったのです。

そして、僧侶たちの仕事は、葬式と法事にお経を唱える葬式仏教となってしまったのです。 現代もその流れで、現在に至っているわけです。

しかし、伝統的な仏教とは別の流れとして、新しい仏教教団が大正、昭和の時代に登場します。 それは、本来の仏教の復活でもありました。

たとえば、立正佼成会は、2500年前の釈尊教団をみているようです。

佼成会内部は、みな平等で、法華経を読誦し勉強し、布教も一般の人を強引に勧誘することなく、 ただ、法華経のご縁になっていただくことをお誘い祈るのみです。 また、募金や毛布等をボランティアで集め、世界の恵まれない人達に寄付させてもらう。

そう、立正佼成会は、仏・法・僧(釈尊、法華経、同信者の平等の和)が、ほどよく揃った理想的な仏教教団なのです。(オイ、こんなに持ち上げていいのか・・・)

そういえば、上座部仏教の東南アジア諸国へ進出した現地の佼成会の信者さん達は、佼成会に入ることにより、お経をあげたり、 布教活動ができることなど、すごく有り難いとのことでした。これは、上座部仏教の影響で現地のお坊さん以外は、そのような行いはしないとのことでした。

とにかく、世界を救える多分唯一の宗教は、他を排除する宗教でなく、すべての神々を包含し、すべての人々の大調和を目指す仏教しかないのです。 そして、現代の今、その釈尊の教えが日本から世界へ広がろうとしてるのです!

上記を読んで立正佼成会をもっと知りたいと思った人は、以下をアクセスしてみてください。

きっと、そこには、法華経を学ぶ機会があり、同信者の和の中で自分を磨ける機会があると思います。

第18話:未来釈尊(WCRP)

さて、未来の仏教ですが、どこに向かうのでしょうか・・・。

今年(2006年)8月に第八回WCRP(世界宗教者平和会議)が国立京都国際会館で行われました。

このWCRPは、世界から約100カ国の指導的な宗教者が約2000名も集まり、「紛争解決」「平和構築」「持続可能な開発」 に向けた具体的な取り組みを話し合う会議です。ちなみに小泉首相も参加しました。

実はこの会議、今から36年前(1970年第一回WCRP)に、法華経の一乗の教えにのっとり、 紛争・貧困のない世界平和実現に向けて、世界の宗教が一つに協力しあえるよう、 ひとりの法華経行者が『自分がやらずに、誰かにやってもらおうという気持ちでいたのでは何ごとも成らない』と立ち上がり、始まりました。 そう、その法華経行者とは、庭野日敬こと立正佼成会初代会長です。

庭野師は、それより5年前の1965年9月第二バチカン公会議に仏教徒として初めて招待を受け、時の教皇パウロ六世から 『キリスト教が分派を生んだのは歴代の教皇の罪です。いまや宗教が分裂しているときではありません。 お互いに手を携えてひとつの平和に向かって進むときです』と身近で聞いて、 大きな衝撃を受け、宗教協力は可能だと、このお言葉が5年後の第一回WCRP実現への原動力となりました。

そして、庭野師は第二回WCRP(1974年)の協力要請で、西ドイツ・プロテスタント教会政府部門代表のクンスト師を訪れたとき、鋭い質問をされたそうです。

クンスト師:
「あなたは、どういう資格で私達のところを訪ねられたのですか?」

庭野師:
「私はとりたてて資格もなければ、誰に頼まれたのでもありません。私は久遠実成の本仏のご命令によって、世界の指導者の方々とお会いしているのです。 あなたがたの天にまします神は、あなたに『世界を平和に導くために人々によびかけよ』と、そうお命じになられてませんか。」

「仏教では、万物万象の根源である永遠不滅の大いなるいのちを久遠実成の本仏と呼んで、私達はその本仏に帰依しております。 この本仏のいのちの働きである宇宙の真理を釈尊が悟られ、仏教として示されたのです。 それは、天にまします神と、神によって遣わされた子イエス・キリストの関係と、少しも変わらないと思うのですが。」

「その久遠実成の本仏が私達に、人類の平和の使徒となれ、と命じておられるのです。 あなたがたの父なる神も、あなたに同じように命じておられるはずです。」

すると、クンスト師は、目を輝かせ、大きな手をさしのべて庭野師の手を握りしめたとのことです。

このように仏教の最終目的『世界のみんなが幸せになる』が日本から世界へ、すべての宗教と大調和して、 紛れもない事実として、広がっているのです。あぁ、なんと素晴らしい・・・合掌。

追記:
WCRPに全然参加していない凡夫な私としては、とりあえず、世界ではなく『家庭のみんなが幸せになる』を実践して行きたいと思っています・・・
・・・だって、家庭の幸せなくして世界の幸せはなく、世界の幸せなくして家庭の幸せはないと思うからです・・・。

◆ おわりに

徐々に、充実させていきます。とにかく、私の残りの人生をすべてかける意気込みでいきますので、ご期待ください。

また、間違え、ご意見、ご感想などを燈明日記のコメント欄にもらえたら大変うれしいです!

参考文献

HTML/ CSS/ CGI-Perl/ JavaScript/ JavaApplet/ AccessUp/ Internet/ EnglishLearn/ ちゃいちゃん天使/ 天使メッセージ/ 飯田ワールド/ 結城ワールド/ プロフィール/ WEB相談室/ WEBアンテナ/ 燈明日記 / VB-TIPS/ Perlノート/ 法華経エッセイ/ 法華経ノート/ 釈尊ストーリー/ 法華経インデックス