Menu

ちゃいちゃん天使のページ

「一生懸命生きること」について



◆ 「一生懸命生きること」について

ちゃいちゃんが残したメッセージ「一生懸命生きること」を少し考えてみたいと思います。

私の場合、40数年を振り返ると、一生懸命生きたとは、まったく言えません。
その日その日を、のんべんだらりと過ごしてきてしまいました。
しかし、ちゃいちゃんの場合は、親が躾た訳ではないのに、一生懸命生きたって感じなのです。

一生懸命生きたと云うことは、別の言い方をすれば、「生きがい」があったってことでしょうか...。

「生きがいの創造」の著者の飯田史彦氏は、「生きがい」を突詰めいったら、「生まれ変わり」や「魂の永遠性」の事実を証明してしまって、そして、「生きがい」とは、魂をみがくことと結論づけました。

つまり、魂は永遠で、この世とあの世を何回も往復し(生まれ変わり)、この世は、修行の場で、魂をみがくこと、すなわち、善い行いをして、自分を高める勉強をする。
あの世では、指導者役の魂からご指導受け、この世での修行が足りない時は、また生まれ変わり、足りてるときは、指導者役の魂の仲間入りする。

まぁ、こんな感じみたいです。
私は決して、狂人ではありません。信じられない人は、是非「生きがいの創造」読んで見て下さい。

とにかく、「一生懸命生きること」は、魂をみがくことであり、精神レベルを上げて、人格を完成させるってことでしょうか...。
まだ、引きつづき、考えてみます...。今回は、こんなとこで失礼致します。

よろしければ、ご感想等をお聞かせください。


Menu