Menu

ちゃいちゃん天使のページ

思えばおもわれる



◆ 思えばおもわれる

「思えばおもわれる」この言葉、みなさんは、どう心に響きますか?
私は、毎日、呪文のようにいつも唱えています。

ちゃいちゃんの埋葬時(6/3)に霊園のおじさんから授かり心に残ったお言葉です。
おじさんは、ちゃいちゃんの肉体は消滅しても、魂は永遠に不滅で、思えば守護霊になって、私達を守ってくれる...。
「思えばおもわれる」と教えてくれました。

私は、素直に実行し、呪文のようにいつも唱えています。
ですから、ちゃいちゃんは、いつでも、どこでも、私のそばにいるんです!
でも、肉体はないので見えませんし、声も聞こえません。しかし、絶対にそばにいるんです!

ちゃいちゃんのお友達のみんなも、ちゃいちゃんのことをいつも思ってみてください。
そうすれば、ちゃいちゃんはきっとみんなのことを思って、そばにいてくれるでしょう。
そう、「思えばおもわれる」なのです。

お子さんや愛する人を亡くして、悲しくて、苦しくて、どうしようもない人、その人をいつも思ってみてください。
きっとその人は、あなたのそばにいてくれるでしょう。
そう、「思えばおもわれる」なのですから...。


最近、素晴らしい本を読みました。

「生きがいの創造」(著書 飯田史彦、出版社 PHP研究所)です。

簡単に紹介すると、経営学の助教授が、仕事のやりがいのテーマを突詰めていったら、宗教の領域、「生まれ変わり」や「魂の永遠性」の事実を証明してしまった、凄い本です。

そして、著者は、生きがいとは、魂をみがくことと結論づけていました。
つまり、魂をみがく(光のレベルを上げる)ための修行の場として、何回も生まれ変わるそうです。
魂をみがくとは、簡単に言うと、一生懸命生きて精神的に成長することでしょうか...。

またそこに、「若くして亡くなる理由」も書かれていました。(ちゃいちゃんのことや〜)

「その人たちは、それ以上この世で生きながらえて、成長する必要がありません。なぜなら、自分達の死が、両親の成長(魂をみがく)を早める材料になっているからです。」

そして、若くして亡くなった魂も自分の死を後悔することは決してないとのことでした。(救われた〜)
なぜなら、魂は永遠でまた再会することができるからです。

なんか、淡々と書きましたが、結構凄いこと書いてます。
みなさんは、どう思いますか?

私は、この本を読んで、すごく救われた気持ちになりました。
ちゃいちゃんが死を持って教えてくれた、「一生懸命生きること」と「人の良いところをどんどん見つけること」は、
実は、この二つ、「自分の魂をみがくこと」と「相手の魂をみがくこと」だったのですね!
私達へ「生きがい」を教えてくれてたんです! ちゃいちゃん、ほんとうにありがとう!

ちゃいちゃん天使のメッセージ

     「人の良い所をどんどん見つけ、力一杯生きる」

は、「生きがい」のメッセージだったのです。
是非、みなさんの魂に刻んで、生きがいのある人生を歩んでください。次回生まれ変わる時のためにも...。

さて、本題に帰って、「思えばおもわれる」は、ほんとうに真実の言葉に思えてきたでしょう。
そう、魂をお友達にしてしまうのです。そして、魂に語りかけるのです。
是非、好きな人を思って見て下さい。かならず、好きな人の魂も思ってくれるはずです。

お子さんや愛する人を亡くして、悲しくて、苦しくて、どうしようもない人、その人をいつも思ってみてください。
きっとその人は、あなたのそばにいてくれるでしょう。
そう、「思えばおもわれる」なのです。

そして、この試練は、あなたの魂の成長ため、一時的に、お子さんや愛する人が隠れただけで、必ず天国で再会できます。
飯田史彦氏が証明してくれました。
後は、次回生まれ変わってくる自分のために、一生懸命生き、魂をみがき、生きがいのある人生を歩みましょう!

最後に、私と同じ様な悲しみ、苦しみを経験をされた方は、是非「生きがいの創造」を読んで見て下さい。
この本が、あなたの悲しみ、苦しみを和らげてくれることを確信しております。

よろしければ、ご感想等をお聞かせください。


Menu