Menu

ちゃいちゃん天使のページ

鼓笛隊&お囃子のちゃいちゃん

◆ 可愛い ちゃいちゃんを見て下さい!



◆ 鼓笛隊&お囃子

ちゃいちゃんの生涯を語る時、外せない2つの事柄があります。そう、鼓笛隊とお囃子です。

鼓笛隊

ちゃいちゃんが3才の終わり頃、三鷹市の公会堂で、何かのイベントの鼓笛隊の演奏を見て、「ちゃいちゃん、これやりたい!」と自ら望んで始めました。
それから、約10年間、亡くなる4日前まで、パレードなどで活躍していました。

春の花祭りパレード、夏の鼓笛隊フェスティバル、秋の麻薬撲滅キャンペーンパレードは毎年で、他にもよく他のイベントに引っ張り凧でした。

鼓笛隊のお姉さん、お兄さんの中で培われた一生懸命な姿、思いやりが、小さなちゃいちゃんの人格に大きな影響をしてきたことを確信しております。
そう、ちゃいちゃん天使のメッセージの原形がここに...。

お囃子

ちゃいちゃんの母方のおじいちゃんが三鷹囃子保存会の世話役で笛の達人です。ちゃいちゃんは小さい時から、おじいさんの影響でお囃子を始めました。

地域のお祭りや老人ホーム慰問、結婚式などに、やはり引っ張り凧で、そして、おじいちゃんは、実際実力のあるちゃいちゃんを一番の後継者として見ていました。

しかし、突然の死、おじいちゃんが、ある意味では、一番のショックだったのかもしれません...。
でも、逆に云うと、一緒に活動できたことは、ある意味では、一番のおじいちゃん孝行だったのかもしれません...。

このように、「鼓笛隊」「お囃子」と社会のボランティア活動を実践したちゃいちゃんでした。
パパより、何倍も価値のある一生を疾風の如く駆け抜けていったのですね...。
そして、価値のあるメッセージを残して...。


Menu