Menu

ちゃいちゃん天使のページ

小学校のちゃいちゃん

◆ 可愛い ちゃいちゃんを見て下さい!



◆ 小学校の頃

平成6年4月、ちゃいちゃんは、東京都三鷹市市立大沢台小学校へ入学します。

縄跳びの二重跳び、一輪車、水泳教室、バレー、くもん(英語)と実に沢山のことに挑戦しましたね。

縄跳びの二重跳びは、家の前で、一緒に、練習を良くしました。始めの内は、パパの二重跳びを驚きの目で見ていたのに、いつのまにかパパより上手になりました。

一輪車は、学校で流行っていたみたいで、ビンボーだけど、買わされちゃって、一生懸命練習をしていましたね。

水泳教室は、兄じゃと一緒で、よくエリジア(スポーツクラブ)へ送り迎えをしました。でも、結局水泳はイマイチでしたね。ちゃいちゃんとしては珍しい!?

バレーは、親友まんなちゃんの影響で始め、三鷹駅前のバレー教室へ送り迎えをしましたね。でも、鼓笛隊やお囃子のほうが忙しくなって途中で辞めてしまいました。いくらなんでも、やり過ぎでしたね...。

くもん(英語)は、リピーターでよくパパと一緒に発音の練習しました。パパは英語が苦手だったので、ちゃいちゃんには得意になって欲しかったんだ...。ほんとうに...。

あと、運動会での低学年の時は、ずーっとリレーの選手で、高学年になってリレーの選手を外された時の落ち込み様、今も忘れられません。
よほど口惜しかったのですね。でも、ちゃいちゃんは学年で一番のおチビさんなんだからしょうがないですよ。
しかし、おチビさんでいながら、一番になりたい一心で、なりふりかまわぬ一生懸命の大股走りが、目に焼き付いています。

最後に、ちゃいちゃんが卒業文集にも書いた、小学校一番の思い出「2分間の冒険」劇、5年生の時の学芸会で凄い評判になって、演劇フェスタに選ばれ、6年生で、同じ劇を埼玉県所沢の大きな劇場で、堂々と「コギャル風の白猫役」を演じましたね。素晴らしい劇でした。パパも一生忘れられません!

本当に、本当に、ちゃいちゃんは、一生懸命に生きたのですね...。


Menu